DAYS -from around smile-

いずるの毎日をチョコチョコと公開。
TB、コメント大歓迎☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サヨナラの向こう側

2011年03月31日 | 雑記
期末。年度末。
つきまとうのはお別れ。

同じグループでなくなるけれど、きっと顔を合わすことが出来るだろう同僚の、新しいところでの活躍を願って。
それから、会社を去られる先輩が新しい生活をEnjoyされることを願って。

そして、たまたま整理整頓していたときに不意に見つけたもう会えない人のアトカタに
どうしようもなくなって、
朝っぱらから泣きたい気持ちをこらえて、
なんとか送別会までこなした。堪えた。頑張った。
笑顔でいるしか能がないから、そこは気合いだと言い聞かせて。

数名、パンクしそうな想いを愚痴として聞いてもらってしまった。情けないけど、言葉に出来るようになった自分と、聞いてくれる人がいることに感謝。ありがとうございます。

「そこに始まりがあると信じて
どうか歩き出せるまで待ってて」
コメント

阪急電車 片道15 分の奇跡特別試写会

2011年03月30日 | 芸術鑑賞
とあるフリーペーパーのメルマガの応募に当選しまして、タイトルの映画を一足早く観賞してきました。
なんと!舞台挨拶付き☆


なんでも、宝塚大劇場での映画の試写会は初めてだそうで。
いろんな枠での応募があったようですが、総応募数26000以上!当たった私は何か持ってますかね?

まず、そのフリーペーパーの企画で主演の中谷美紀さんと写真撮影。
当初は前から3列目の端っこにいたのですが、はみ出て写らないからとかなり後方へ(涙)
顔が写っているか心配です(笑)でも近すぎて中谷美紀さんと比較されたらヤバすぎるんでよかったかも。

映画の前の舞台挨拶では、中谷美紀さんや南果歩さん、監督、原作者の有川浩先生も!
皆さん、作品について、宝塚の劇場について、阪急電車オススメスポット・ポイントなんかをお話されて、人と人とのつながりの大切さ、そして阪神大震災から復興したパワーが、この映画で得られた笑顔が、東北へ届けばいいと。
得に有川先生の最初の挨拶が非常に印象的でした。
言葉は完全ではないですが、内容はこんな感じ。

「阪神エリアにお住まいの方は、感覚的におわかりだと思うのですが、(過剰な)節制と自粛は何の意味もありません。
普通の生活をして、エンターテインメント(その他)を楽しんで、経済を回すことが、東北地方を元気づけることになるのです。
こんなときに映画なんて、本なんて、と、楽しむことを自粛しないでください。」

映画の関西の公開は4/23。原作があるとはいえ、ネタバレになるので控えます。
が、とにかく見慣れた風景、日常で知ってる場所、物、音がスクリーンに在ることがとても嬉しくて、新鮮で、親しみを持てました。
あずき色の電車、ホームの音。見なれた色のベンチや階段etc。

本で読んだ時の楽しさがよみがえってきました。
どの登場人物も親しみが持てるのですが、私のお気に入りは、
イトーさん(のような家族を持ちたい)
ミサのお兄さん(かっこよすぎるよ!)
です。

見終わった後、すごく笑顔になれる、ほっこりできる映画でした。
原作も映画も、胸を張っておすすめできます。特に女性受けするんじゃないかな?
男性の意見も聞いてみたいですね。

4月以降、関西テレビと読売テレビで特番をいくつか放送するそうなので、そちらもチェックです。



見終わった後、舞台となった阪急今津線で帰ってきました。
それもすごく素敵な時間でした。
コメント (3)

嵐にしやがれにて

2011年03月26日 | 雑記
船越さんがアニキの回だったんだけど、
その中で相葉くんが、小さい頃お母さんの財布からこっそりお金を持ち出して、
マッキーのアルバムを買ったっていう暴露をしていて、
それに対して(アドリブドラマ内ではあったんだけれども、)船越さんもマッキーのアルバムをほめていて、

なんだかとっても嬉しかったという話。
コメント

キケン/有川 浩

2011年03月21日 | 芸術鑑賞
久しぶりのブックレビュー。
有川さんといえば、映画化された阪急電車が有名です。
私も一年ほど前に読んでます。その時のきじはこちら。

今回は完全にジャケ読み(笑)。コミックテイストの表紙と、なんの話??と思わせるタイトルに惹かれて。
あっという間に読了。
こうやってコミックテイストなのも、ちゃんと意味を持っているとのちに知る。
新潮社さん、すごいよ!!

さて。
キケン。これすなわち、成南電気工科大学機械制御研究部の略(機研)。
その伝説的黄金時代を描いた6つのストーリー。
個性的な部長&副部長、キャラの立つ下級生たち。
その下級生の一人である、元山が昔を語る形でストーリーが進むのもいい。
そして、最終話だけ時間軸が違っていて、泣きたくなる展開。

研究部同士の戦い、学園祭、爆弾、ロボット、バイク、自転車、ラーメン。
学生時代に何かに打ち込んで、のめりこんだ人なら、泣くと思う。
そうじゃなかった私ですら泣いた(笑)
それから、理系のあなた!共感できるところがたくさんあるかも。

悲しいとか、辛い涙ではなくって、ほっこり泣ける。
こんな時期だからこそ、読めて良かった作品です。

一番素敵なのは、元山の彼女(妻)だと思うなぁ。
興味わいた方はぜひ、読んでみてください。



コメント (2)

おめでとうございます。

2011年03月20日 | 雑記
本日は後輩の結婚式二次会に出席。京都へ。
ついでなのでお気に入りのお店でお買い物もしてきました。

いつも通りの二人に安心し、心からお祝いしてました。
私もミス・安定感くらいの異名をとれるよう精進します。

会場で後輩数名にいわれた言葉。
「お美しいです。」
「誰かわからなかったです。」
「大人っぽいです。」

いつも、どんなんやねん(大笑)
まぁ、会社の作業服とか、たまの私服もバイク用なので、
今は上下スキーウェアみたいなん着てますし、
基本Gパンですし、
髪の毛はヘルメットの都合でアレンジもせず一つに束ねるのが毎日なので、
ちょっとワンピース着て、髪の毛おろしたらものすごいギャップになるのだなぁと発見。

そんなおほめの言葉に、
「あざーす!!」って返しているあたりもうダメな気もしますが(笑)
そして明日からはもちろんうっとうしいので髪型も元通りです。
コメント

わんわん

2011年03月18日 | 雑記
4月の人事異動の公示日。
私は動かないし、職場の一部が関東に異動するのも周知の事実。
が、その他の部分、近い部分で異動あり。

あらあら、おやおや、それからどんどこしょー♪(にこにこぷん、はなばなガールズより)

飼い主を失った犬状態と比喩された。

ってことは、これからは、
・新しい主を探す
・ノラとして生きる
・野生に戻る

…。野生に戻るか(笑)

今まで面倒みてくださってたコンビの先輩の、
新しい部でのご活躍を祈念しつつ、
でも絶対活躍されることは間違いないので、
その活躍を眺めることにします。

私はただ、粛々とやるだけ。
そして日本経済を少しでも回すのさ!!どうよ?

コメント

まとまらないんだけれども。

2011年03月17日 | 雑記
まとまっている必要もないと思うので、書く。

考えてます。心配しています。祈っています。

沢山の刺激に心が折れてはいけないよね。
アクションが決まった時に、即座に動けるように、身体と心を元気にしておかねばならんのだ。
情報を全部鵜呑みにする傾向のある私には、連日のTVニュースはきつかった。
キャパオーバー寸前。
言葉の重みとか、映像とか。

昨日のはねとびに救われた。笑いって大切。

うちの会社の先輩方は、多くが阪神大震災を経験されているので、
こういうときの振る舞いはとても参考になる。
やるべきことは惜しまない。でも日常はいたって普通。強い。

そんなわけで、私は寝不足を解消しようと思う。

コメント

keep on keeping on

2011年03月16日 | 雑記
毎日の報道に、
流れる映像に、
目を疑って、言葉を無くす毎日。

何ができるか考えて、困って、悩んで、うろうろして、
最近の一つの結論。

目をそむけずに情報を得て、考えて、忘れないこと。
いつも通りの生活を送ること。経済を維持するためにも。

直接的にできることとして、いつもどおりに献血すること。
募金すること。

それから、いまここに在ることに感謝すること。

マッキーのWe love youが流れて止まらない。


東北地方の冷え込みが、少しでも和らぐことを切実に祈って寝ます。
コメント

弾丸東京遠征

2011年03月08日 | 雑記
というわけでトリビュートコンサートに行ったわけですが。

その道中の出来事を箇条書き。

・ぷらっとこだま
往路はこれ。今度は時間にゆとりを持って乗車。京都の一部で雪。そして滋賀に入って雪。
隣のおじさまがいびきをかくという大誤算。
しかし、名古屋が晴れていたことは覚えているけれど、はっきり気が付いたら新横浜だった。
途中富士山が見えなかったことだけは事実。なので写真なし。

・渋谷ハチ公口前交差点にて
突然の英会話。とりあえず関西人であることを前置いて一応説明。二人とも目的地につけてるといいな。
しかし、なぜ私に聞くねん?

・渋谷で時間つぶし
あらかじめ調べておいたカフェへ。が、お目当てのスコーンは売り切れ、想像以上に騒がしく、分煙されていない!
シナモンアップルティがおいしかったことだけが救い。残念。

・新宿スタバ探し
夜行バス乗り場を確認したうえで、二番目に近いスタバを探すも見つけられず。
案の定最寄りのスタバは同じことを考えている人たち(with大きな荷物)で満員。
結局、やっと発見したお目当てのスタバは、狙い通り空いていたけれど、バスの集合20分前。
場所確認して、諦めて帰ってきた。

・夜行バス
ちゃんと3列独立シートのバスを予約していたのに、一階席なので独立シートじゃないじゃないか!!
などと思いつつも、がっつり爆睡。
女性専用車なのに、ここでもどこからかいびきが。

・早朝、京都駅

京都で下車。実家へ。久々の早朝の京都駅をパチリ。
新宿と違って慣れているので、お手洗いに行くのもスムーズ。

・朝8時、実家
誰も起きていなかった。仕方なく母携帯に電話して起こす。
「あのう、朝早くから申し訳ありませんが、鍵を開けていただきたく…。」
てっきり駅からお迎え要請の電話があるだろうと、目覚ましは設定していなかった模様。

・ばんかんし?

母がホワイトデーの代わりにもらったという巨大なかんきつ類。
うっかり比較対象を映し忘れたけれど、小玉スイカくらいの大きさ。
味はあっさり目のはっさく。美味。

・JA
近所のJAへ買い出しの手伝い。
試食の味噌汁(豚汁)をもらい、ケーキとクッキーを食べ、あげく近江牛も食す。

・おばあちゃんのひとこと
朝ごはん、10時のおやつ、昼ごはんでさっさと帰っていく私に。
「せわしないなぁ。あんた。」
うん、私もなんでこんなに動いてるんかようわからへんねん、おばーちゃん(笑)

コメント

槇原敬之トリビュートコンサート「we love mackey」/オーチャードホール

2011年03月04日 | 芸術鑑賞
ライブで初の遠征をかましてしまいました。
だって大阪でないんやもん。しゃーないやん。
マッキーのFCの先行予約のときは、3月は忙しくなるかも。と諦めてたら、日程的に大丈夫で。
金曜日午後半休、その日のうちに夜行バスで帰るという弾丸ツアー♪

この間出た(発売日を間違えて、タワレコでさまよった)マッキーのトリビュートアルバム、we love mackeyのライブ。
オーチャードホールはとてもきれいで、かつハイソなホールで。
一般発売で手に入れた割に、二階席の最前列と、とても見やすいお席で。



事前にこれまたライブTシャツを購入。
これで会社でテンション上げて仕事できます。そういうやつを着ていたらつっこんでくださいませ。
で、席に座っていたら、隣のカップルが新居の話をしていて、借りたマンションの住所が見えてしまった。
滋賀県のなじみのある住所でめっちゃビックリ。そんなこともありーので(笑)

さて。
4日1夜限りのスペシャルライブ。
BSフジではライブ中継されていたようですが、
曲目その他、ネタばれします。
よろしい方だけ、どうぞ。


































:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ピアノが武部さんだよーーー!!!
最初はマッキー。場内拍手。
1.NG(マッキー)
デビュー曲、ですね。

ごあいさつ。マッキーが一言、二言。
そして、マッキーはそでへはけてしまい…

2.冬がはじまるよ(かりゆし58)
かりゆし58登場。なんか、かわいくなるね。寒い冬があるから、感じられる暖かさがあるわけで、っていう導入にセンスを感じた。

3.モンタージュ(かりゆし58&miwa)
ここでmiwa登場。緊張している模様。ここからまたピアノが武部さんに。緊張をほぐそうとするかりゆしvoさんの優しさが素敵。

4.北風~君にとどきますように~(miwa)
マッキーが差し入れしたという甘いものの話をしてました。武部さんがパパみたいだ。

5.素直(福原美穂)
ソウルフルな「素直」。どうしてもシングルのジャケットのインパクトをぬぐえない私です。

6.彼女の恋人(福原美穂&さかいゆう)
さかいゆうさん、すごいなぁ!!!!ってピアノでした。そしてハットが似合う。うわー。秦さんのこの曲もいいけれど、このコラボも素敵。と、ここでドラムをみて気づく。あれ?アンジー(アンジェラ・アキ)のバンド、バタフライズのドラムさんじゃないのか???そやんなぁ??

7.遠く遠く(さかいゆう)
ですから、この人すごく素敵なピアノマンです!!今後注目させていただきます。CDだけじゃわからんかった。きれいなピアノ。

8.PENGUIN(中村中)
泣くかと思った。中村さんが歌うと、この曲ちょっと女性目線にも見えてくると思っていたのです。で、ありながら、自己紹介とかトークとか面白いし。デビュー曲「汚れた下着」→「UNDERWEAR」→「PENGUIN」ってつながり選曲(笑)

9.Hungry Spider(中村中&一青窈)
8曲目とは一転。二人賑やかし担当ですと言って、タンバリン片手にこの曲。歌い踊る二人はかっこよくてきれいでした。

10.SPY(一青窈)
かっこいい。こんな風になるんだーって。歌詞に合わせて武部さんの横に座ってみたり、キーボードにからんだり。そして金管もかっこいいのだ。

11.LOVE LETTER(一青窈&キマグレン)
「網目の影が流れる横顔を」を「アニメの影が」に聞こえると言うところから、彼女がアニメ会社に勤めててて、って話を一青窈さんとKUREIがしてて、冷静に歌詞を読め!ってISEKIがつっこむという(笑)

12.ズル休み(キマグレン)
あれ、どんなときも。じゃないの?と思いつつ。正直、この二人にこの曲の音程は合わなかったのでは?なんか、声が出てなかったです。

13.どんなときも。(キマグレン、miwa、福原美穂、かりゆし58、さかいゆう)
やっぱりこの曲は盛り上がりますね。さすがマッキーファン多い。勝手にお決まりの振付やってる♪

14.ANSWER(マッキー)
うわぁぁ!マッキーの生声でこの曲が聞けて嬉しい!でも、コブクロver.も聞いてみたかった。。。

15.もう恋なんてしない(JUJU)
歌姫でした。緊張していたようですが。憧れてます。じつは。あ、でも、歌詞、間違ってた気がする。気づいてしまった。

16.今年の冬(JUJU&ゴスペラーズ)
ゴスベラーズすげっ。鳥肌ぶわぁって出た。それにマッチするJUJUの歌唱力。
村上さんがJUJUのもう恋なんて…の間、舞台袖でさかいゆうさんとハモってたと聞いて、むしろそれを聞きたい。

17.うん(ゴスペラーズ)
ゴスペラーズはすごい。ホンマすごいわ。ずっと鳥肌が。リードボーカルを全員ができてって。

18.不安の中に手をつっこんで(マッキー、JUJU、ゴスペラーズ)
ゴスペラーズの二人がどこでコーラスなのか分かったり(笑)みんなすごく楽しそうで、こっちも楽しくなりました。
マッキーが、ちょっとフライングしたところがあったようで。で、それを村上さんがさり気にフォローしてて。
(素人判断ですけど。たぶんね。)それでこっちも幸せになりました。

19.どうしようもない僕に天使が降りてきた(マッキー)
そうや!この曲がトリビュートに入っているんやから、どうして白いハンカチを出しとかへんかってんや!と、ファンとしてものすごく後悔した曲。サビで白いもの(=羽)を振るのがお決まりなのにー(涙)
歳は言わないけど、この曲はもうって思ってた。いけるもんですね。とマッキー。まだまだやってください。
と、ここでいまさらながら、ギターが小倉さんなことに気づく。オグオグじゃないかぁぁぁ!!!久しぶりのマッキーとのからみに感動。

バンドメンバー紹介

20.僕が一番欲しかったもの(マッキー)
Kにも参加してほしかったですね。うん。そしてちゃんとコールアンドレスポンスをやってくれるマッキーが大好き。

ここで一度終了。そしてアンコールへ。

21.林檎の花(ALL)
この曲、ステキすぎますよ。私予約しちゃいました。駅前のサンクスで。なんやろ、今日一番かも。

22.世界に一つだけの花(ALL)
みんなで。会場も含めてみんなで。


と、たっぷり22曲堪能し、オーチャードホールを後にしました。
幸せな時間でした。弾丸ツアーして良かった。
コメント