DAYS -from around smile-

いずるの毎日をチョコチョコと公開。
TB、コメント大歓迎☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ラリーinモンゴル 後日談

2009年09月28日 | 雑記
モンゴルから一カ月がたちました。

夢みたいに思えてきました。
あっという間に流れてしまった一カ月。

でも、その間に参加者関西組で早くも同窓会。
女の子だらけですごく楽しくランチしました。
笑いまくり。

会社で、廊下で、食堂ですれ違って、
「おー!!!」って手を振る人が増えました。

そういうつながりができたこと。
かけがえのない財産です。

最近、結局のところは人とのつながりだ。
と痛感することが多いです。

本当に、今回のラリーを支えてくれたスタッフの皆さん。
一緒に参加したメンバーの皆さん。
快く送り出してくれた、上司・同じグループの先輩方。
はいはい。と見送ってくれた家族。

みんなに感謝します。
ありがとう。
コメント

おめでとうございます

2009年09月27日 | 雑記
私の友人、というか、知り合い、というか、
いつも遊んでくださるかたってのは、
ありがたいことにたくさんおられるのですが。

昨年お知り合いになって、何かと連絡したり遊んだりしてもらっている、
blogつながりのお友達がお二人います。
お二人とも音楽がすごい方で、
どちらも鍵盤弾きさんなのですが。
そんなお二人は、キーボードマガジン主催のコンテストに応募されてまして。
今回、お二人ともその一次審査を通過したそうなのです。

で、webページを見て、ビビってしまいました。
私の勝手なイメージ、何十人レベルで通過するものだろうと、
思い込んでいたのです。
こんなに少数精鋭のところに!!

私は音楽的才能やセンスは壊滅的ですが、
そんな私でも仲良くしてくださるお二人、
実はもんのすごい人なんじゃ!!!(焦)

と、そういうわけで、sattonさん、まつこふさん。
この場でおめでとうございます。
通過したってことはきっと、二次審査があるはず。
何かを生み出すのはとても大変なわけですが、
それだからこその楽しさとか喜びがあるんですよね。
次の報告を楽しみにしてます。
コメント (3)

バカボンのパパのど飴

2009年09月25日 | 
会社の先輩にもらいました。

かわいいよね。
レモン味ののど飴。

パッケージには、レレレのおじさんも描いてあって、
「レレレのレモン味」
って書いてあるのですが、
私何を思ったか、「ししし」って読んでしまって(笑)

「私、しししって読んでしまいました。」って言ったら、
そばにいた別の先輩に、
「ケンケンやん。」
仕方ないので握りこぶしを口の前に持って行って、
やっておきました。

楽しい職場ですね。うんうん。
ちなみに、この写真は怒ってるバカボンのパパ。
ほかにも3種類あります。
コメント

猫カフェ

2009年09月22日 | 雑記
実家で過ごしています。のへら。

今日は親友にモンゴル土産を渡しに行きまして。
最近できた猫カフェに行ってきました。

犬>猫の私です。(慕ってくれる動物がいい…)
が、楽しめました。
猫じゃらしでロシアンブルーのちびをおちょくっていました。
何も考えずコロコロ転がしたピンポン玉にものすごい勢いで飛び掛るにゃん子達を見て、
動物の本能を感じました。

親友はたくさん写真が撮れたようでよかったです。
500円で30分。
普段にゃんことじゃれることはあまりないので、貴重な体験でした。

詳しくはこちら、ひなたぼっこさんのサイトへどうぞ。

でも、私は猫っぽいといわれたことがあります。
急に眼が変わるんだそうです。
犬って言われたことはないなぁ。
フェレットはありますが(笑)
コメント (2)

さよならノーチラス号 /シアタードラマシティ 9/18

2009年09月20日 | キャラメル
2009年オータムツアー、さよならノーチラス号。
11年ぶりの再演。

98年の舞台のDVDを録画済みでありながら、まったく見ていなかった私。
きっかけがなかったというか、タイトルだけでどうも興味が持てなかったというか。
今回、それを強烈に後悔した。

すでに千秋楽を迎えたこの作品。
以下、ネタばれ。
それでもよろしければ、どうぞどうぞ。

















*************************************
タケシが15年前の自分を語りだすところから始まるこの物語。

ダンスが半端なくかっこいい。
何回見てもかっこいい。
ものすごい難度だと思う。


親の仕事が行き詰まり、夜逃げをしたために家族と離れて叔母の家に身を寄せていた小6のタケシが、
家族と一緒に過ごした夏休みのストーリー。

家族を守るためのウソ。
知らないふり。
その裏側にある、誰かの痛み。
自由。
最後の夏休み。
しゃべる犬。

そんなものが詰まったお話。

作家になったタケシが、都内のマンションに引っ越すために荷造り。
手伝いに来た編集者の真弓が、その荷物の中に、
ブリキでできた潜水艦のノーチラス号を発見する。
その思い出を語るタケシ。
15年前の夏、タケシが出会ったのは、
言葉をしゃべる不思議な犬。

タケシ一家を住まわせている、自動車整備工場の社長勇也と、その兄で弁護士の芳樹。
彼らの、互いにないものねだりで頑固で、相いれないけど実は一番理解しているという兄弟像がかっこよかった。
素直でないだけ。ただそれだけ。

孤独を感じるタケシに、話しかける犬、サブリナ。
彼女の中に入っている、ご主人さまのために。という一本筋が気持ちよかった。

そして、タケシの兄、博が父親に向かって怒りをあらわにするシーン。
仕事もなく、何もしていない親に向かって不満をぶつけるところでは、
思わず自分自身を重ねた。

芳樹の車で事故に遭い、高校最後の夏休みを入院生活に変えざるを得なくなった美香と、
その友達の康太郎と恵利子。
彼らのまっすぐさに、自分の最後の夏休みを振り返ってみたけど、
思い出せない。
こんなに何かに打ち込んではいなかった。と思う。
たぶん、補習には参加してた。

「世の中に取り返しのつかないことはない、やり直せないことはない」
自由は自分でつかまないと。
ノーチラス号は海の中では自由でも、空や陸では役に立たない。
そう言って、タケシのことを坊主からタケシと呼ぶようになる。
そして、タケシも勇也のことを、(ネモ)船長から名字で呼ぶようになる。
親と離れ、どうして僕がこんな目に。そう思いながらもその不満をぶつけられず、
お金をくすねて逃げたタケシに向かって、
「俺はお前を信じる。」
そう言える勇也がかっこいいし、そう言ってもらえたタケシはどんなに嬉しくて、
どんなに勇気づけられただろう。

これを、見せたかった人がいた。
もう、無理なんだけど。
私がこの芝居をもっと早く見ておけば。
そんな風に、後悔した。
本当に、後悔した。



以下、ミーハー感想。
☆タケシ役多田さん、
相変わらず白いです。タケシ役、はまっていました。ミスターキャラメルボックス西川さんの次ってのはプレッシャー大だったと思うんですけど、すごくよかったです。
☆真弓役前田さん。
細い。長い。今回、ストーリーにかかわらないけど重要な役どころ。私たちとほぼ同じ視点なので、最後に勇也とサブリナ三世に出合った時のリアクションが、私たちの気持ちを体現してくれていて嬉しかった。
☆勇也役岡田さん
かっこいい。まじめなセリフも、治男&佐知子へのツッコミ祭りも、本当にお疲れ様でした。今までたくさんの岡田さんを拝見してきましたが、いちばんかも。
サブリナをなでているその図が好きです。
☆サブリナ役坂口さん
犬です。完全に犬です。動きが。もう、降参します。飼いたい(は?)。
ご主人さまを考えて考えているその動きが、セリフのない時でもずっとそこにあって。勇也になでなでされていて、膝に顎を乗せているところがもう胸キュンです。
☆理沙役温井さん
相変わらずお美しい。今回妊婦さん役でした。千秋楽では生まれてた(笑)
つんけんするシーンに柔らかさが入る大事な役でした。
女性ならではの不安とか、やさしさがあって共感できました。
☆芳樹役森下さん(クロムモリブデン)
眼鏡がかっこいいす。歩き方が友人に似ていてちょっと笑いました。
一件憎まれ役なのに、憎めないのは森下さんだからです。きっと。
☆治男役久保さん(クロムモリブデン)
すごく楽しいキャラ。笑わせていただきました。ちょっと頼りなくて、出も責任を感じていて、頑張っているお父さん。
勇也とのボケまくりシーンが大好きです。わっしょーい!
☆佐知子役真柴さん
やっと真柴さんの動いてるとこを拝見できた!!!スケボジャの夕顔以来です。かわいらしかったー。タイタニック!
☆博役筒井さん
声優ボイス…。今回は勉強できるお兄ちゃん役でした。今まで眼鏡かけてる役はなかった、はず。眼鏡キャラとしては森下さんに押されてましたが…。
☆康太郎役鍛冶本さん
かじもん!!相変わらずかわいらしい。今回、友達思いの頑張る好青年をやってましたね。いやー。ユーキャン。
☆恵利子役井上さん
まみゅーん!女性にしてはちょっと低めのその声に最近惚れてます。委員長チックなかしこの高校生。似合う!
☆美香役稲野さん
かわいい。。。華奢。なのにダンスとかすごく力強いんです。憧れ。

とにかく。
サブリナが一番です。
私もサブリナがほしい。


すでに公演は終了しています。
素敵なお芝居をありがとうございました。
次回公演も楽しみにしています。

コメント

今年最初で最後のペーロン

2009年09月12日 | スポーツ
毎年夏の恒例行事、ペーロン。
チームに参加しだして、4年になります。

毎年なら7月か8月の土日は、毎週のように練習して、
八月後半の琵琶湖ペーロン大会で燃え尽きるのです。が。
今年は、この琵琶湖ペーロンに参加できませんでした。
モンゴルで。

なので、練習も事前研修とバッティングしたりで、
今年は漕がずに8月が終わってしまいました。

そんな私を、スプリント大会に誘ってくれる仲間がいました。
わざわざ電話をくれてありがとう。
スプリントはお遊び的な感じで参加している、200Mの短距離大会です。

雨の中、琵琶湖競艇場で
予選、敗者復活、準決勝と3本漕がせてもらいました。

やっぱり、やっぱり、楽しい!!!!
みんなで力を合わせて何かする、それがベストの更新につながったりすると、
ホンマ楽しいって思いました。
琵琶湖ペーロンにいけなかったのが、
いまさら悔しくなってきました。
とはいえ、運動神経なしの私なので、足手まといになっていそうで怖いです。
毎年誓いますが、やっぱりもっと体幹の強化を。。。。


ペーロン仲間たちも「モンゴルどやった?」っていろいろ興味を持ってくれて、
嬉しかったです。


大会の後、戻ってきてジムへ行き、ベリーダンスとストレッチのクラスにはいったのですが、
体がぴしぴし(笑)
今は筋肉痛に倒れそうになっています。
右漕ぎの私は、左肩、左腰と肩甲骨周りが、
すでに痛くて泣きたいです。

書きながら早起き&疲れのせいで睡魔に負けそうなのですが、
ストレッチはもうちょっとやってから眠るつもりです。

来年はちゃんと出るから!
コメント (4)

FM OSAKA E-TRACKS LIVE/大阪城ホール 9/4

2009年09月04日 | 芸術鑑賞
FM OSAKAのイベントライブでした。
フラッと訪れたマッキーのオフィシャルHPで、マッキーが出演するとのお知らせ。
で、ファンクラブ限定の先行予約が。
出演者はマッキーのほかに、K、持田香織and more とあったので、誰か行くだろうと思って二枚申し込んだら、取れました。
マッキーつながりのsattonさんをお誘いしたところ、OKだったので、
マッキー!!!というテンションで臨みました。

お席はスタンド最前列。ステージは遠いけれど、さえぎるものがなくて快適でした。

○シクラメン
オープニングアクト。初めてこのグループの曲を聞かせてもらいましたが、結構好きです。
特に、MUSICという曲。
sattonさんの記事にこんなコメントが。
『リップスライムとケツメイシとキマグレンとHOMEMADE家族を
足して4で割ったようなノリとサウンド』
なるほど。だから私好きなんだ。

○K
この方のオリジナル曲はほとんど耳にしたことがなくて、
ビリージョエルのトリビュートにhonestyで参加されているから知っていた、程度でした。
ピアノと歌、上手いですね!今回はビリージョエルのPIANOMANをカバー。
聴かせるなぁー!!
トークも面白くて、関西弁しゃべってました。
「わかちこわかちこー」って(笑)
めばちこは治ったんでしょうか。。。

○持田香織
ファンの方には申し訳ないのですが、ソロで活動してたんや!というのが正直なところです。
ELTでは嫌いではないのですが、ソロの曲はピンと来なかったです。。。
聞きなじみがなかったからかなぁ。

○槇原敬之
マッキー!!
会場の盛り上がりがマッキーのときだけヒートアップ。
私みたいな人がたくさんいたってことですね。
・Happy Birthday Song
こういうイベントの一曲目にアルバム曲を持ってくるとは。
FM OSAKAの開局40周年になぞらえているそうです。
マッキー、おんとし40歳。
永遠の少年だなー。
生きていくことはとてもとてもとても大変だし、それが当たり前なんです。

・君の後ろ姿
久しぶりに恋愛ソングを書きました。ってなコメントのあとで。
LDDツアーでも思ったけれど、マッキーって本当にこういう描写が上手い。
まるで立てかけたほうきみたいに。。。とか。
女性目線から見ると、こんな風に思われてみたい。と思う。
大きなかばんでも持ってみようか(違う)

・LOVE LETTER
電車の音を上手く使ったアレンジ。
この曲を生で聞かせてもらうの、めっちゃ久々で嬉しい!!!
情景が浮かぶ。
すらすらと歌詞が出てくる。
マッキーの声が前面に押し出されたアレンジ。

・Hungry Spider
この曲をライブで聴けるなんて!!
それだけで嬉しくて。
このシングル、そしてそれが入ったアルバムCicadaは思い出深い一枚で。
高3の夏を思い出します。
マッキー。一つだけツッコんでいいかな。
蜘蛛は、昆虫じゃないよ!!

・どんなときも。'09
あの名曲。どんなときも。が09ヴァージョン。
めっちゃかっこよかった。
ものっすごくかっこよかった。
盛り上がった!!!
終わってからぐったり疲れてるマッキー。
そりゃぁ疲れるわ(笑)、でも、次回以降もやって欲しい。
なんならシングルのカップリングで入れてーー!

・僕が一番欲しかったもの
あれ、最後に歌うのはこの曲?
そう思いながらも、自分自身がこの曲聞くのがすっごい久しぶりやってことに気がついた。
マッキーの誘導に合わせて、コーラスでやり取りするのも楽しかった。

で、マッキーはステージに残ったまま、Kさんと持田さんが再度ステージに登場。
ここで、みんなで、
・世界に一つだけの花
会場も含めて合唱。
さびの手のふりをする人が少なくてちょっと寂しかったです。
それから、時間がなかったのかマッキーがバンドメンバーの紹介をしてくれなかったのが残念。
石成さーーーん!!!
あと、シクラメンの皆さんが出てこなかったのも残念でした。

と、そういう感じでマッキーとの時間を楽しんできました。
早く次のライブないかなぁ。
コメント (2)