DAYS -from around smile-

いずるの毎日をチョコチョコと公開。
TB、コメント大歓迎☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トリツカレ男/新神戸オリエンタル劇場 19時の回

2007年11月16日 | キャラメル
タイトルを見て、どんな印象を持つのでしょう。
クモ男とか、なんか、怖いイメージを抱きませんか?
私はそうでした。

私も結構、トリツカレます。
たとえば。
ひょんなことから始めた消しゴムはんこ。
細々ながらずうっとやってるし。
こんなに好きなキャラメルのお芝居も、きっかけは当時の相方に連れてってもらって、
トリツカレてしまった。だからこんなに毎回行ってるわけで。
玉置さんも、実は当時の相方の影響で…。
トリツカレたら、トリツカレさせた人よりはまっていくわけで。
しかも長持ちするのだ。

原作はいしいしんじさんの同名小説です。
読んでみたいと思っています。

以下、ネタバレ


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ジュゼッペ。興味を持ったものにトリツカレてしまう男。
たとえば外国語、オペラ、昆虫採集。
三段跳びは世界記録を更新するくらい。
ものすごい集中でトリツカレてしまう彼が、
取り付かれたのは、
異国から来た少女、ペチカ。

金曜日ということで、学生のお客様が多くて、
キャラメルならではの小ネタに敏感に反応していて、
しかも大きく笑うんですよね。気持ちよかった。
いいかんじに盛り上がっていました。
でも。
タタン先生が生徒をかばって背中から落ちるシーンでは息を呑んで、
だんだんタタンにトリツカレて、ジュゼッペを失っていくジュゼッペを見て、
苦しくて苦しくて。
そして、報われずに終わっていくのではないかとつらくてつらくて。

最後はハッピーエンドなので、その分本当にうれしくなって。

こんなに苦しくなったのは初めてかもしれません。
もういいよ、もうやめてって思いました。

そんなジュゼッペだけど、そんなジュゼッペになぜかトリツカレていったのは、
ペチカだけじゃなくて、イザベラだってレオナルドだってそうで、
観客である私もそう。
純粋で、周りが見えなくなるほどに誰かを好きになれるジュゼッペを、
応援したくなってしまうのだ。


以下、ミーハー含む感想。
ジュゼッペ畑中さん、汗だくでした。東京千秋楽まで頑張ってください。
トト岡田さん、ハツカネズミ、はまり役です。ねずみにはしごを持たせるなー!
ペチカ岡内さん、相変わらず美しい…。なのに関西弁(笑)
ニーナ安理さん、最初インコだってわかりませんでした。ブーツ、似合っています。
アンナ坂口さん、かっこいいです。ビアンカ井上さん、声が低いっす。この親子、いい味出しすぎです。
フィオリーナ岡田さん。坊や。とか、マダム似合います。最初っからジュゼッペを認めてるのが素敵です。
マルコ左東さん、振られ役お疲れ様でした。ソフィアとお幸せに(笑)
アメデオ阿部さん、はまりました。かっこいい!!
イザベラ温井さん、皮パンツが似合います。かっこいいなぁ。イザベラの悔しい気持ちに何度も感情移入しました。
レオナルド三浦さん、最近憎まれたりうらまれたり振られたり多いですよね…?最後にはジュゼッペにトリツカレてましたけど。
ロミオ菅野さん、セルジオ筒井さん、アントニオ小多田さん、面白すぎます。最高です。家族ネタ大好きです。何回爆笑したか!!
ところで、コウトウキシタアゲハは「雨夢」とのリンクなのでしょうか??
タタン西川さん、本当に息を呑みました。はぁっ!!!!って。胸がときめきました。
オルガ大森さん、私ははじめて見たキャラメルの舞台で、大森さんを見て感動しました。
今回は病人ってことで、ひどく顔色が悪く見えました。
でも歌声が聴けてよかった。大森さんが見れてよかった♪
ピエトロ多田さん、あいかわらず白かった。私は好きだったのになぁ。先生。

仮面舞踏会、いろんなパフォーマンスがあって目を奪われました。
ジュゼッペが飛ぶシーンも、一回じゃ足りない。
もう一回見たいけど、神戸では見られないので、
録画になるまで、待つことにします。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« TRICKのトリック | トップ | 故障 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵な舞台でした (I)
2007-11-20 22:30:28
元気も笑いもあって楽しくて、
それでいてちょっと哀しくて切なくて、
でも、とても素敵な舞台でした。

ご紹介、ありがとうございました。

次回はクロノス続編ですよね。絶対に見なくては・・・。
よかったですね! (いずる@管理人)
2007-11-24 00:56:56
気に入っていただけて光栄です。
クロノス・あしたあなたあいたい・ミスダンデライオンのDVDで、ほろっときたIさんならば、
この舞台もそこそこぐっと来たのではないでしょうか。

でも、終わってから話していたら、展開が読めたところがあったとか。さすがです。

こうしてIさんもトリツカレていくのですね…キャラメルに。ふふふ。

「次回も絶対に見なくては…」それは、暗にチケットよろしくね!ってことでしょうか。
心得ました。
その後、おいしい晩御飯、つれってくださいね(笑


コメントありがとうございました。

コメントを投稿

キャラメル」カテゴリの最新記事