東洋医学を施術に活かす!「長瀞の整体師」

秩父、長瀞の整体院です。
整体・療術の勉強したい、資格を取得したい方、整体学校を開講しています。 

白砂糖は体を冷やすわけ

2018年10月30日 | 健康関連

この時期、「冷え」に気を付けないといけません。

食欲の秋です。

食べ物で気を付けたいのが甘い物。

 

甘いものでも自然の甘味は良いですよ。

秋の味覚、柿、栗、さつま芋・・・

美味しいですよね。

 

気を付けてほしいのは砂糖です。

「砂糖」は体を冷やします

 

白砂糖は吸収が良いので体の中にすぐに吸収されます。

血液中にブドウ糖が一気に大量放出 血糖値が急上昇します

 

 ・白砂糖は精製されていますので不純物がありません。

  黒砂糖などは精製していないので、栄養素が沢山ついています。

  その分、吸収が緩やかです。

 

 

 冷えのポイント① --------------------------

血糖値が上がると末梢の血流は悪くなります

砂糖水が乾くとべとべとになりますよね・・・

これが血液で起こったら。。。。血液は悪く冷えますよね・・・

 

 

 

冷えのポイント②-----------------------------

上がりすぎた血糖値は、元に戻さないと!

今度はインスリン(膵臓から出るホルモン)が大量に分泌

血糖値をグンと下げます

甘いものを食べて少し経つと、無性にまた食べたくなるのはこの為です。

この時に体温も一緒に下がってしまうんですね!

 

 

 

冷えのポイント③-----------------------------

インスリンが出ていると脂肪燃焼が落ちるそうです

当然ですね、ため込もうとしているわけですから。

脂肪が燃焼できない ⇒ 熱が出ない ⇒ 冷え

 

 

 

冷えのポイント④-----------------------------


最初に書きましたが砂糖は精製されています。

砂糖が吸収されブドウ糖になりエネルギーとして使われるときに必要なのが

ビタミンB1で、糖が多いと浪費します。


・ 糖質の代謝・・・ビタミンB1

・ 脂質の代謝・・・ビタミンB2

・ たんぱく質の代謝・・・ビタミンB6が必要


ビタミンB1はエネルギーを産生するほかに、筋肉疲労時にたまる乳酸の燃焼にも関与

「疲労回復ビタミン」と呼ばれています。

不足すると、慢性疲労や倦怠感などが生じます。



この様なポイントから、砂糖は冷えを強くします

 

 

でも食事をすると体が温まるのでは??

確かに温まります!

その辺のメカニズムは次回の記事に↓↓↓

食事で温まるには? タンパク質が必要

 

-------------------------------------------

冷えの関連記事はこちらも ↓↓↓

冷えを改善するのにタンパク質が必要なワケ

白砂糖は体を冷やすわけ

冷えに効くツボはこの6つ 

冷えを改善する、冷⇔温水の刺激

----------------------------------------------

 

 ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

〇整体の教室 ブログ http://seitaino-k.jugem.jp/

■浅見整体院 ホームページ http://www.azami-r.com/

 

■日本伝統療術学院 ホームページ  http://gakuin.ryojyutu.com/

▲手技療術指導協会 ホームページ  http://ryojyutu.com/

 

△日本伝統療術学院 長瀞校 ホームページ http://www.azami-r.com/gakuin.html

□長瀞の整体師 ブログ  https://blog.goo.ne.jp/a-ryoujyutu

 

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« その疲れ、寒暖差疲労? | トップ | 冷えを改善するのにタンパク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康関連」カテゴリの最新記事