長瀞の整体師~浅見整体院の日常

秩父、長瀞の整体院です。
「整体の教室」整体・療術の勉強したい、資格を取得したい方、整体学校を開講し

痛み止めは飲み続けても大丈夫?

2020年11月25日 | 健康関連

患者さんからの質問がありました。

「痛みが怖くて痛み止めを飲んでしまいます。大丈夫でしょうか?」

 

痛み止めはかなりの方が飲んでいます。

湿布も使っていますよね。

はたして使い続けて良いものなのでしょうか?

 

-------------------------------------------

痛み止めの代表的なのは

ロキソニン、ボルタレンなどですね

これはNsAIDs(非ステロイド消炎鎮痛薬)

 

「痛み止め」といえばコレという位、多く処方されます。

まずはその作用についてです。

 

何故効くのか?

炎症をおこす化学物質を増強させる「プロスタグランディン」という物質の産生を抑えることで炎症を鎮めます。

その結果として鎮痛効果を発揮します。

したがって炎症の無い痛みにはあまり効きません。

 

このプロスタグランジンですが、炎症を作用する以外に

・消化管の粘膜の維持

・腎臓の機能

などにも働きがあり、副作用としてはこの辺を気を付けないとです。

 

この薬が処方されるときは

「食後に飲んでくださいね~」と言われますよね。

また、胃薬が一緒に処方されます。

 

これらを考えると飲み続けるのはあまりお勧めできませんね。

 

※プロスタグランディンは炎症を促進する外に、常時胃腸や腎臓の血流をよくしたりする作用もあります。

この痛み止めそれらも抑えてしまうので、胃腸や腎臓が障害されるのです

 

 

「飲み始めは効いたけど、最近効かなくなっちゃった」

という方もいますね。それは炎症が落ち着いたからです。

 

その場合はお医者さんに相談をしてくださいね。

 

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

■浅見整体院 ホームページ 

 

▲手技療術指導協会 ホームページ

■日本伝統療術学院 ホームページ 

 

〇整体の教室 ブログ 

△日本伝統療術学院 長瀞校 ホームページ 

□長瀞の整体師 ブログ  

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○


コメント   この記事についてブログを書く
« 長瀞の紅葉も終盤へ 2020/11/24 | トップ | 心を鍛えるには、日誌と清掃 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

健康関連」カテゴリの最新記事