東洋医学を施術に活かす!「長瀞の整体師」

秩父、長瀞の整体院です。
整体・療術の勉強したい、資格を取得したい方、整体学校を開講しています。 

(質問から)なぜ五十肩になるのか?

2018年09月19日 | 健康関連

五十肩の原因は?

そもそも五十肩とは何でしょう? 四十肩との違いは??


だいたい50歳位になると、肩の関節内の腱に変性起きます。

これは疲労性や過労、使わな過ぎなどありますが腱が弱くなります。


-------------------------------------------

腱 は筋肉の端っこにあり骨とくっつく所です。

動くたびに引っ張られるのでとてもストレスが掛かります。

------------------------------------------------


そしてちょっとしたストレスでも容易に腱にキズがつき

炎症が起きやすくなります。


この炎症は腱以外の周囲の組織にもひろがり

肩の痛みをさらに強くするため、最近は肩関節周囲炎と呼ばれています。


------------------------------------------

肩の関節は非常に複雑です。

腕が自由に動くのは、細かい筋肉が肩甲骨周りに付着して

様々な動きを可能にしています。

その複雑さゆえに痛みやすいのです。

-----------------------------------------

この様な症状が出てくるのは

昔は50歳くらいでしたが、最近では40代にも増えてきたので

四十肩と言われるようになったのです。


--------------------------------

痛む個所 は肩の端っこか前に出る事が多いのです

ここは先ほど説明した腱が重なっている所で

「腱板」といいます。

腱板損傷と言われる人も多いですね。

--------------------------------


痛みの経過

五十肩は症状の推移から三期に分けられます。

①一般に発症から約2週間の急性期

②その後約6ヵ月間の慢性期

③だんだんと痛みが消える回復期

 

 

原因によって痛みの出方も違います

腱の炎症だけですと早く回復期に入りますが

腱が傷つき(腱板損傷)、部分断裂や断裂があると回復に時間がかかります。


関節包(関節の骨の周りにあるクッション)に炎症

腱や関節包の石灰化になると痛みも激しく回復も長引く傾向にあります。


病院での治療

痛みが強いときは、安静と肩の保温に加えて、鎮痛消炎薬が使用されます。

とくに痛みが強い時は注射

肩関節内や滑液包内への局所麻酔薬と副腎皮質ステロイド薬の混合、

または、ヒアルロン酸ナトリウムの注射があります。


効果が出て痛みが楽になる場合も多いので

眠れないほど痛い場合などはおすすめすることもありますが

前回の記事でも書きましたが

副作用もあるので医師と相談しながら行ってください。

 

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

〇整体の教室 ブログ http://seitaino-k.jugem.jp/

■浅見整体院 ホームページ http://www.azami-r.com/

 

■日本伝統療術学院 ホームページ  http://gakuin.ryojyutu.com/

▲手技療術指導協会 ホームページ  http://ryojyutu.com/

 

△日本伝統療術学院 長瀞校 ホームページ http://www.azami-r.com/gakuin.html

□長瀞の整体師 ブログ  https://blog.goo.ne.jp/a-ryoujyutu

 

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○


 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« (質問から)五十肩のステロ... | トップ | 気持ちを切り替えるテクニッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康関連」カテゴリの最新記事