長瀞の整体師~浅見整体院の日常

秩父、長瀞の整体院です。
「整体の教室」整体・療術の勉強したい、資格を取得したい方、整体学校を開講し

体調不良を吹っ飛ばせ! 何秒くらいで深い呼吸?

2020年10月16日 | 健康関連

自律神経を整えようシリーズ

とても重要なことがあります

それは呼吸です

よく腹式呼吸が良いと言いますね

 

その理由は・・・

空気を吸う= 体は緊張する「交感神経」が優位

息を吐く時=リラックスする「副交感神経」が優位

 

体の緊張を取ってくれるのは「吐く」です

 

------------------------------
自律神経は体の状態を一定に保つ為に

体温や、内臓の働きなどを自動に保ってくれる働きです

とても素晴らしい機能なのですが、不調を起こすと様々な症状を引き起こします。

 

症状が出ること自体、乱れてきたサインと捉えることができます

 

自律神経には

①交感神経と ②副交感神経 の二種類があり

お互いがシーソーのようにバランスをとっております

 

------------------------------

 

自律神経が支配する内臓の働きを

自分でコントロールすることはできませんが

肺だけは呼吸を通してコントロールすることが可能です


腹式呼吸をすることによって

副交感神経を優位にすることができます

 

空気を吸う= 体は緊張する「交感神経」が優位

息を吐く時=リラックスする「副交感神経」が優位

 

でしたね!

 

ポイントは「息をしっかり吐く」ことです

 

吸う呼吸の倍の時間、吐くようにしましょう

 

よく呼吸をするときに、「吸って~~~~」

となりますが・・・×××

 

正解は「吐いて~~~~~」です!

 

------------まずやってみよう------------------

 

第1段階 「6秒 吐いて、3秒 吸う」

徐々に 吐く時間を長くしていきましょう

 ※全体で9秒くらいですね

 

すぐに慣れると思うので慣れてきたら

第2段階 「6秒 吐いて、3秒 吸って、3秒 息を止める」

 ※全体で12秒位ですね

 

 

最初は苦しいかと思うので

この位の短めな呼吸でならしていきます

 

------------------------------

第2段階に慣れてきたら後は呼吸を長くしていきます

------------------------------

 

第3段階 「15秒 吐き、4~6秒 吸って、3~6秒 息を止める」 

 ※全体で25~30秒ですね

 

 

1呼吸が30秒というのが一つの目安になります。

あくまで目安なのでリラックスして無理なく行ってくださいね。

緊張してしまっては意味がないので。。。

 

----------ポイント--------------------

 

①無理をしない

 苦しいのに続けるのはやめましょう

 

②息を吐く、吐ききる

 息を吐いて「吐ききった~」と思ったところから

 更に数秒吐いてみましょう

 深い呼吸になります。

 

③姿勢を良く

 当たり前ですが姿勢を良く

 座っても立っていても寝ていてもOK

 ですが座った方がやりやすいかな

 

④瞑想法

 数えながら行うことで瞑想法になります。

 雑念が浮かんで来たら数を数え

 呼吸に集中してください

 

⑤最終的には動きながら行う

 ヨガなど1ポーズ大体30秒ですので1呼吸ですね

 武道の上級者は稽古中もこのような呼吸をしているようです

 私はとてもそこまで到達しませんが・・・・

 

 

 

《関連記事》

呼吸で生活の質が変わる、腹式呼吸を身に付ける方法

正しい呼吸が出来ていますか?チェックしてみましょう

深い呼吸で体調不良を吹っ飛ばせ! 何秒くらいで深い呼吸?

腹式呼吸出来ていますか?コツは吐ききってから吸う

腹式呼吸で体調不良を吹っ飛ばせ

 

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

〇整体の教室 ブログ http://seitaino-k.jugem.jp/

■浅見整体院 ホームページ http://www.azami-r.com/

 

■日本伝統療術学院 ホームページ  http://gakuin.ryojyutu.com/

▲手技療術指導協会 ホームページ  http://ryojyutu.com/

 

△日本伝統療術学院 長瀞校 ホームページ http://www.azami-r.com/gakuin.html

□長瀞の整体師 ブログ  https://blog.goo.ne.jp/a-ryoujyutu

 

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

コメント
この記事をはてなブックマークに追加