旧:accomplice

ブログ移転しました!詳しくは下の記事をお読みください!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

8/24 小鹿物語 1回目

2006-08-25 00:41:57 | 舞台感想
2006年8月24日『小鹿物語』@シアターコクーン 1回目

作:輿水泰弘
演出:水田伸生
出演:明石家さんま・真矢みき・生瀬勝久・温水洋一・中川祐一朗
   八十田勇一・水沼健・森下じんせい・新谷真弓

あの、帰り道にガム踏んだんですけど、
それすら笑って許せるぐらい幸せ~な気分になれました。

笑う。って素晴らしい!!!!

話の筋はまぁそのグダグダではありましたが、
さんまさんのアドリブ炸裂は、一見・・・二見ぐらいの価値あると思います。

なぜ2度見たほうがいいか、って、どこからどこがアドリブなのかわからないから。

テレビで見たまんま、とにかく明石家さんま、喋り続けてます。ツッコミし続けてます。
ツッコまれるのは主に、中川さんと温水さん。何度2人は頭をはたかれた事か・・・。

さんまさんは、『人はこうすると笑う』。
っていうツボを知りぬいているお方です。生の舞台でツボを的確に押してくるなんて、流石!!
痒い所に手が届く人。
ここツッコミ入れて欲しいなぁ~と思ったら必ず、ツッコんでくれるし、
もう1回ボケが必要だと思ったら、やっぱりボケてくれる。
客席の笑い声は時間と共に大きくなる一方でした。
こんなに笑えることって、そうそうない。

三谷幸喜の『12人の優しい日本人』見たときもそうだったんですが、
笑って笑って笑って・・・一定のライン超えると、笑えてる自分が楽しくて、嬉しくてしょうがなくって、
涙出てくるんです、私。
あの、別に笑い過ぎて目に涙がたまるとか、そういんじゃなく。(笑)
今回もそんな状態になれました。幸せっすよもう。

さんまさんは、“明石家さんま”で舞台に立っているときと、
“塙小鹿”で舞台に立っているとき、両方あるような気がします。
日本全国津々浦々、知らない人はいないだろう、大竹しのぶさんとの色々を
「人から聞いたんだけどな」と言いながら、永遠話してくれましたね。
客席にいた誰もが、頭にしのぶさんを浮かべていたはず。だからもう爆笑。
まぁ、これで爆笑する私達もどうだろう、って感じですが、しょうがないでしょ。

小鹿で上にいるときは、たまに背中から哀愁感じるんです。色っぽいわ~
空から降る一億の星、再び!みたいな。
背中、注目ですよ。

さんまさんは生瀬さんが隣にいてくれて、すごくやり易そう。
アドリブにも対応してくれるし、芝居もできるし、目も出てるし。
生瀬さんは芝居をわかっている人、って感じですね。
遊んで良いところは、一人でニヤニヤしたり、
あえてさんまさんにツッコまれる言動をしてみたりなんですが、
笑う場面から、芝居の筋に流れを戻さなければいけない場面では、
ふっとした表情や声の見事な演技を見せてくれます。

真矢さんも良かったですね~
元花組トップスターの歌と軽いダンスとウィンクありましたよ。
今の私には、ちょっと嬉しかったし。(笑)
小鹿に惚れぬいているっていうのが、芝居が進むに連れ見えてきて、
そこに女性的な包容力も感じる。しかも、こざっぱりしていて、見ていて気持ちが良い女性でした、琴子は。

琴子が小鹿に惚れぬいていたのは、かなり伝わってきたんですが、
小鹿がどれだけ琴子を愛しているか・・・こっちももうちょっと強く見えてもいい気がします。
フラフラ女遊びもするけれど、琴子の元に返ってくる小鹿。っていうのが可愛いしね。

シェイクスピアの『ヴェニスの商人』とかけた、話のちょっとしたどんでん返しがありました。
それがわかって「自分、だてに1年大学通ってないわ。」なんて思ってちょっと嬉しかったり。(笑)

もう、ホントとにかく笑わせていただきました。
ラストはしんみりなんですが、余韻として、それはそれでいい。
2回目のカーテンコールで真矢さんが「毎日毎日笑いっぱなしで、しわが増える!」と
おしゃっていたので、たぶんもう一度見ても笑えるんだろうな。
楽しみです。

3公演分チケット取れてしまって、『しまった。』と正直思ったんですが、
実は正解だったかもしれません。次の観劇は28日。その次は千秋楽31日と見ます。
これは、千秋楽盛り上がるぞ~。
いつもなのかわかりませんが、上演時間2時間35分の張り紙は嘘だと思っておいたほうがいいかも。
さんまさんのテンション次第で5分前後、伸び縮みしそうな感じです。



しのぶさん話がやたら長かった。(笑)
楽しんでいただけたら、1クッリクよろしくお願いします!

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« ヅカ成長日記6 | トップ | 小鹿物語 雑感 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

舞台感想」カテゴリの最新記事

トラックバック

舞台『小鹿物語』(シアターコクーン)★★★★ (AI-z「出田直正(nao)の一日。」)
>舞台『小鹿物語』(シアターコクーン)★★★★ シアターコクーンでやる舞台で、 面白くない舞台なし!!!!!!!! まさに、本物の面白い舞台でした。 明石家さんまさん主演の舞台です。 吉本新喜劇とは、ちょっと違った舞台 ...