旧:accomplice

ブログ移転しました!詳しくは下の記事をお読みください!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

5/16 大人計画 まとまったお金の唄

2006-05-17 00:11:23 | 舞台感想
2006年5月16日 大人計画[まとまったお金の唄]@本多劇場

作・演出:松尾スズキ
出演:阿部サダヲ、市川実和子、宮藤官九郎、伊勢志摩、村杉蝉之介、
    荒川良々、近藤公園、平岩紙、内田滋、菅原永二、松尾スズキ 

大人計画による、阿部サダヲの持つ能力を前面に押し出した舞台。
とも言えるかもしれない。
阿部さんは本当に爆発力のある、素晴らしい役者さんです。
爆笑でした。彼が舞台に立っているだけで、心が弾みました。(笑)

阿部さんの喪服姿やピンクのフリフリパジャマ姿・・・
私、映像でですが本多劇場で同じような格好をした人を見たことがあります。
・・・[小指の思い出]の野田秀樹に似てる。うん、なんか似てる。
爆発的な感じといい、なんかなぁ似てるんだよw
それもあり、さらに私のツボを彼は刺激し続けました。

大阪万博の時代のエネルギーの渦の中、一つの家族の物語。
笑えて笑えて仕方ないんだけれど、人間のドロっとした部分が、
たらぁ~っと流れ出ているような舞台でした。

伊勢志摩さん、好きになりました!
高田聖子さんとの[約束]の時も『良いな~』と思ったけれど、
今日とどめ刺されましたw
友達も言っていたけれど、ちょっと秋山菜津子的。
スカした顔でとんでもないことやってくれる女優さん。

宮藤さんの役どころも、狂っていながら、
ショウコさん?を愛してるが故の辛さが滲み出ていて、最後はちょっとじーんとさせる。
所詮「人間もう○こも同じだ!!」というような台詞が、
チクっと胸に突き刺さりました。
この台詞で胸を突くことができる、そこが松尾スズキのすごいところだと思う。

荒川さんは、お母さん役。
その時点で成功している感じがしてましたがw、やっぱり良いお母さんでした。
夫が死んでしまった事が信じられず、痴呆のような状態に。
死んだことを自覚すれば忘れ、また自覚すれば忘れる・・・その繰り返し。
死に対する悲しみはいつでも同じなのに、忘れてしまうので、その悲しみを何度も味わってしまう。
忘れてしまうことの痛さがありました。

市川実和子さんや、内田滋さんらの客演組は、違和感なく大人計画の世界に。
[間違いの喜劇]に続き、内田さんはその美貌から女優を目指すんでしょうか?
ってぐらい、スカート姿が可愛らしいwwいいのかそれで!!
市川さんはほっそい!!ビビットな柄のワンピースの衣装が似合っていたし、
阿部さんとの姉妹も、爆発しまくる姉と割とクールな妹と変化があり◎

松尾さんは、なんだかやり逃げです。
あれはずるい。面白いところだけ持っていって、逃げて行く。
しかしさすが松尾スズキでした。

役者さんのことばかりを書いたのは、話がよくわからなかったからです、実はw
万博のチケットのくだりでは家族の愛も感じたし、
いたるところで人間の屈折した部分も見たような気がします。
そのあたりを感じられれば、まぁ良かったかな、と。

4列目ぐらいで見たので、役者さんが近くて、それはそれで楽しかったですが、
遠めでもう一回ぐらい見たいな~と思わせる舞台です。
が、実際問題経済的に無理なので諦めますw
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 5/15 白夜の女騎士 2回目 | トップ | 5/19 メタルマクベス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

舞台感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事