旧:accomplice

ブログ移転しました!詳しくは下の記事をお読みください!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

9/12 ダム・ショー

2006-09-13 00:02:30 | 舞台感想
2006年9月12日『ダム・ショー』@シアタートラム

作 :JOE PENHALL
翻訳:常田景子
演出:鈴木勝秀
出演:浅野温子・浅野和之・鈴木浩介

観客にわかってほしいポイントがある舞台だとは思ったんですが、
そのポイントが伝わってこなかった。そんな舞台でした。

まず、国と国との間の感覚の問題がある気がします。
イギリスの戯曲みたいですが、イギリスの人が何を面白いと感じ、つまらないと感じるのか、
日本人の私にはさっぱりわからない。
浅野…ってそっか、2人いるんだ。(笑)
浅野和之さんの役どころが、ちょっと落ち目?のコメディアンなんですが、
彼が喋っていることが果たして、笑えることなのか、そうじゃないのか…
日本語に翻訳された言葉からは、サッパリ。

『これはイギリスの人にとっては笑えることなんだろうな~』
と、頭の中で考えて補っている時点で、ダメな気がする。

ってことで、見ていて『あー感覚が違うなぁ~』と思ってしまい、
ちょっと目線引き気味で舞台を見ていた気がします。

あと1つ、いや2つ、なぜそうするのか理由がわからなくて、正直目障りだったのが、
暗転を薄暗くして、スタッフ2人が小道具を出したりしまったりする動作が見えるようにしていたことと、
始まって10分ぐらいして、プロセニアムアーチみたいになっていた黒枠をなくしたこと。
なんの効果を狙ってのことなのか、私には理解できなかったです。
なんだったの?一体。

スタッフさんの動きが見えるのは、話が途中で切れるような感覚もあって嫌だったし、
枠が上がっていくのも、目に入ってきてなんか邪魔だった。
2列目で見たからかな。遠めで見たら印象違うのかも?

コメディアンのバリー(浅野和之)を騙し、スクープを手に入れようと
するのが浅野温子演じるリズと、鈴木浩介演じるグレッグ。
色仕掛けや、お金に騙され、挙句の果てに脅迫され、妻もなくし…
そんな中で見えてくる人間の本音と、それすらスクープに変換させようとする、記者の存在。
マスコミのあり方とか、その辺まで突っ込んだ作品だと思うんですが、
上でも述べたとおり、『ポイントはここだろうなぁ』と考えられるだけで、
胸には迫ってきませんでした。

浅野温子は浅野温子以外の何者でもなかった気がしますが、
でもやっぱり私この人、好きです。
再放送で見たW浅野(これはゆう子さんです。笑)の『抱きしめたい!』ってドラマ、
もう、トレンディードラマの先駆けってやつですか、これが私ホント好きで。
あのまんまのチャキチャキとした浅野さんが見れて、嬉しかった。
一番悪く見えるのは温子さん演じる、リズかもなぁ。
嘘ついて、嘘ついて、ネタを仕入れてる感がいっぱい。
でも、彼女にも嘘をつかなければいけない理由があるのかもしれないし、わかりませんね。
浅野温子、スタイル抜群でした!!

もう一人の浅野さんは、細かく細かく作りこんでる感じで本当にもう、上手い。
たまに入れる豚の鳴き声みたいなのとかさ。
有名人としてちやほやされていた時の表情と、
自分が騙されていたことを知ってからの表情の落差とか、お見事。
浅野和之の演技を近くで見ることができて、良かったです。

鈴木浩介さん。
プロフィールを見て『あ、HEROに出てた人か!』と。
もの凄い莫大な量の台詞を、バンバン喋ってて、単純に凄いなぁと。
バリーの弱みを握ってからのまさに、手のひらを返したような態度の変わりよう。
ちょっと軽さが漂ってて、それがまた憎たらしくって、バッチリでした。

キャストは良かったと思うんだけど、
私としてはどーも掴みきれない舞台だったので残念でした。

あ、初シアタートラムでした、今日!
パブリックシアターは何度か行ったことあっても、トラムには行ったことなくて…
行ってみたい劇場だったんで、入れて嬉しかったな。
石そのままの壁とか、雰囲気があって、良い感じ。
パブリックシアターも独特の雰囲気あるし、世田谷いいなぁ。(笑)
好きな劇場でした。


今日貰った『グッドラック、ハリウッド』
(最近私が一番気にしてる女優さんが出る舞台。誰かって?久世さんですね。)
のチラシを見て、軽く喜んじゃった私は、
気にしてるどころじゃなく、既に久世ファンなんじゃないかと思う方、良かったらクリックお願いします。
そうでない方も、押してみたかったらどーぞ。喜びます!

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 舞妓Haaaan!!!確定&NG | トップ | 2006年がんばった大賞 私好... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

舞台感想」カテゴリの最新記事

トラックバック

「ダム・ショー」4回目 (れいのこころ模様~徒然なるままに)
「プライベート・ライヴズ」が始まる前に観られるだけ観ておこうと決めた初日からの連続4公演観劇も無事終了しました。 初日がセンター、昨日の昼夜ともまったく同じ席で下手、今日は上手とあらゆる角度から観る事が出来ました。 昨日は最前列だった事もあり、間 ...