旧:accomplice

ブログ移転しました!詳しくは下の記事をお読みください!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

12/11 マリーアントワネット

2006-12-12 01:03:02 | 舞台感想
2006年12月11日『マリーアントワネット』@帝国劇場

[劇作・脚本・作詞]ミヒャエル・クンツェ
[音楽]シルヴェスター・リーヴァイ
[演出]栗山民也
[出演]涼風真世/新妻聖子/井上芳雄/土居裕子/石川禅/高嶋政宏/山口祐一郎/他

他を見たことがないからかもしれないけど、
言われているほどつまらなくなかった。
むしろ、まぁそこそこ面白かった。

涼風真世見れて嬉しいなぁ~っていう気持ちも、
もちろんその中に含まれる。
だって声がPUCK。
「じゅうご足!」「ガラスじゃなくてダイヤで!」
とか言ってるその声がPUCK。
歌声も私がビデオで見て、感じてきたそのままのカナメさん。
あんた一体いくつだ。
今の私にとって、“そのまま”を感じられることが一番嬉しい。
宝塚時代から成長していないとかそういう意味での“そのまま”ではなく、
個性が“そのまま”ってことね。それが嬉しい。

最初のほうに出て来た、衣装売りのおばさんと、
後半出てきたプードルみたいな髪形の人が春風ひとみさん?あってるかな。

まだまだカナメさんのマリーアントワネットを見た感想を言わせていただこう。
削ぎ落とされるほど綺麗だ。
どんなに着飾っても、最後ギロチン刑を待っているときの、
あの無駄のない美しさには敵わないんじゃないかと思う。
変身憑移系の涼風真世の特性は、
後半に近づくに連れてより強く現れてくる。
目が綺麗な人だなぁー、声も好き。
直立不動の立ち姿が凛々しかった。
その立ち姿から、表情から様々な感情が伝わってきた。
恐怖とか、決意とか・・・。
立ってるだけでだよ?これは、凄いカナメさん、見れて良かった。
(贔屓目かなw?)

人間同士争いは続く。
アントワネットに虐げられていた市民たちが、
その憎しみの元に今度はアントワネットを処刑する。
憎しみの連鎖。
しかしそれすらも超越し、
操る存在があるっていうのが『M.A』のポイントか。

ただマリーアントワネットの一生を描いた作品じゃなく、
その周りにまた一つ大きな輪を作って二重構造をなし、畳み掛けてきた。

うーん、畳み掛けようとしてきた。かな。

畳み掛けるにはインパクトが弱い。全体的に地味。
『堕天使の涙』みたいな見た目の派手さがあれば、
また違った作品になるんじゃないかと思った。
植田景子が演出したらどうなるか…
ってここでこの人の名前を挙げるのか私。
まだ1作品しか見たことないくせに。
舞台美術が質素な感じでも、
照明でいくらでも変えられるような気がするんだよね。

幕間や終演後、

「涼風真世があんなに歌えるとは思わなかったわ。」

という声を聞いてニンマリしてみたり、

「最初に出て着たときの涼風真世のドレス汚いわねぇー」
「カーテンコールぐらいドレスで出てくればいいのに!
 私はそれを期待してたのよ~初日はあの間に着替えて来たのよー」

という声を聞いて、全くそんなこと思わなかった私は、
求めるものが違うのかも知れないなぁ~と納得してみたり。
いやはや面白い。
そういえば、あんなドレス姿の人が出てくる舞台、
宝塚以外で初めて見たかもしれない。
ドレス経験値が低いんだ、私。
汚いとかどうとか、よくわからん。

帝国劇場も歌舞伎座なんかと一緒で固定客みたいなのがあるんだろうな。
決まった客層っていうのを掴んでる気がした。
本日初帝劇でしたが、またここも良いなぁ♪
洋の空気を持った歌舞伎座みたいな雰囲気がある。
ちょっと重厚な感じで。
また作品によっては行ってみたい劇場。

最近は違和感無くなってきたと思ってたけど、
やっぱりまだ
『それはフツーに喋れよ!』
っていう部分を歌われちゃったりすると見ていてこっぱずかしくなる。
女性のみの劇団っていう部分で、
宝塚はこっぱずかしさを越えちゃってるのか。
もうどーでもいいや。なんでもかかってきなさい。みたいな。

革命を起こそうとする市民の姿・歌声なんかは、
なかなか迫力があったけど、もっとド派手な感じでも面白いかも。
色味が少ない分華やかさがないので、迫力で攻めてくれ。

訴えたい部分は伝わってきたけれど、
だったら『ロープ』を見たほうが、よっぽど強烈。
行き着く先は、さほど変わらないと思う。

とりあえず涼風真世が見れて嬉しかった。
井上芳雄、山口裕一郎、この二人は良く良く名前を見るので、
実際に見て『なるほど!こんな感じなのか。』と知ることができたのも収穫。
すっごい正統派だな、井上君は。

日本人が作る日本語のミュージカルで、
ガツンと訴えてくる衝撃的なモノを見てみたいなーと思った。
(もはや、ミュージカルは好きだぞ、私w)
翻訳される時点で、どうしても微妙なニュアンスって、
違ってきちゃうんじゃないかな。
だったら、日本人が日本人の感覚で作るミュージカルを。
で、日本語が綺麗なのがいい。
で、で、なんか『普通に面白い』だけじゃなくて、
それこそタンゴ~を見た後みたいな余韻が残るそんなミュージカル。
なんかいい作品あったら、このミュージカル初心者に教えてやってください。



有楽町!ってことで、またまたまた宝塚アンに足を踏み入れてしまった。
有楽町に着いたのが12時20分ぐらいで、開演が13時だってのに・・・
そんなになんか欲しいのかよ。
あぁ欲しいんだよ。悪いか。
しかし、あの店は慣れない。
あの店に慣れないんじゃなくって、あの店にいる自分に慣れない。
ソワソワしてしまう。額から汗出そうになる。
いや、出る。(笑)
じっくり歌劇のバックナンバーの見本とか見れない。
だからなんか、ジャケ買いみたいな感じになってしまう。
パッと見て、ゆりちゃんか久世さんのインタビュー、写真があったら買う。
1冊1冊内容を確認して購入する心の余裕がなくなるね。

そんな事してるから、帝国劇場まで迷いそうになるし。
一回その場所には行ったことがあったから、
『地図とか見なくともわかる!』
と、余裕ぶっこいてたんですが、アンに寄ってしまったため、
そこからの道がわからなくなって、内心焦った。
近かったからすぐ着いたけどさぁ~・・・
もう、本当にバカじゃないか、アンに寄ったおかげで焦るとか。

ホント宝塚は怖い。
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 相反する。 | トップ | 12/11 ナイス・エイジ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さおり)
2006-12-12 17:42:04
私も一ヶ月前に観劇しました!!涼風さん、一幕が特に可愛らしかったです♪観る前は十代の頃はどう演じるんだろう、って思ってましたが、一路さんのエリザベートを観たときにも思いましたが、それなりに人生経験を積まれた歳の方(笑)が若い頃の役をやると、自分の歳くらいの役の時にとっても役の幅が広くなるなぁ、と思いました♪♪

有楽町あたり行くとアン行きたくなりますよ、私も(笑)この前はカバーがかかってある初代ミーマイのパンフをみつけて、本当に惹かれてしまいました!!
Unknown (まる)
2006-12-12 20:48:43
こんにちは。私のMA初日はまだなのですが、自分なりに楽しんでこようと思います。
 昔、音楽座という劇団がありました。まさしく日本人の日本人の為のミュージカルでした。10年前に解散し、今またRカンパニーという名で活動しています。私的にはお勧めですよ。
Unknown (青瑪瑙)
2006-12-14 00:40:23
初帝劇おめでとうございます(?)。

涼風真世が立ってるだけで、劇場がシーンとしちゃうんですよねぇ。あれは凄いと思いました。彼女は絶対的な光、そんな感じがしました。しかも内側から発光してましたよあれは。変身憑依発光体か、涼風真世。

声がPUCK!(笑)「ガラスぢゃなくてダイヤどぅぇ~♪」
ほんと、わたしは涼風真世の何が好きかって、まず声が大好きなので、いろんな声が聞けてニンマリでした。
Unknown (なつ)
2006-12-14 02:46:23
★さおりさん★
もう1ヶ月も前から上演されてたんですよね~
そういや、劇場でも
「初日から1ヶ月経って、だいぶこなれて来たわ~」
などという、おば様方の声を聞きました。
こなれて、こなれて変化していけば、
日本を代表するミュージカルになっちゃったりするんですかね。
それに涼風真世主演。
うーん、嬉しいじゃないか。(笑)

にしても、あの声の時はまだ10代の設定だったのか。
なんにもわからずフツーに見てました。
カナメさんは、通常時もああいう声で台詞を言う人だとばっかり。
いつまでもフェアリータイプ。(笑)

初代ミーマイ!ウタコさん!
ウタコさんのビル、ミミさんのサリー、
これぞハマり役なんですよねぇ。
惹かれたら即買ってしまうので、なんだか財布が日々軽くなってるんですが、
気のせいだと信じています。
Unknown (なつ)
2006-12-14 02:52:36
★まるさん★
楽しもうと思えば、いくらでも見どころはあると思いますし、
十分に楽しめる作品だったと、私は感じました!
M.A初日、楽しんできてくださいね。

音楽座・・・ですか?!
なんだか私、見たことあるかもしれません。
あ!あります、あります『とってもゴースト』って作品を見てます。
まだ偏見があった時で
『ミュージカル?へっ。』と心の中半分思って観に行ったんですが、
見終わってほっこりできて、
『予想以上に面白かったな。』と、偉そうに感じた作品です。(笑)

それ以降、ほんのちょっと気にしてましたが、
気軽に観に行くにはチケット代がちょっと・・・・
なので、手を出さずにいますねぇ。
Unknown (なつ)
2006-12-14 03:01:19
★青瑪瑙さん★
初帝劇、ありがとうございます。

発光してましたね。
さすが、剣幸から月組を受け継いだ元月組トップスターだぜ、といった感じで、
その発光を見ることが出来て嬉しかったです。
正直予想以上の発光でした。
映像で見る男役のカナメさんには、そこまで魅力を感じていなかったんですが、
実際に見たカナメアントワネットは、魅力的で・・・

内側から青白い光を出せるで賞。

を、涼風真世にあげたいですね。

もはや、わけわからねぇ返信コメントでした。(笑)

コメントを投稿

舞台感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事