博多ゲームクラブ 

博多ゲームクラブは、福岡市内で不定期に活動するボードゲームのサークルです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

例会報告141213

2014-12-26 07:28:47 | 例会報告





【貢物はいつでも大歓迎】

博多ゲームクラブもついに2周年。
うーん、あっという間でしたねえ。
当時、福岡市内で毎月開催されているボードゲームサークルがなくなってしまい、その悲惨な状況を打破するためというやむにやまれぬ事情だったのですが、いまや月によっては毎週 市内のどこかでボードゲームの定例会が開催されているという活況ぶり。いやー、いい時代になったものです。

まあ、2周年とはいえ通常進行なのが博多ゲームクラブのよいところ。今回は、私を含め15名の参加となりました。

それでは、今月わたしが遊んだ主なゲームを紹介します。

■バンジー

トランプでもありがち(?)な、手札の合計点が特定の数値以下になったらノック(このゲームでは「バンジー」と叫ぶ)して、手札を公開して一番数値の小さいひとの勝ちというゲーム。

元々のシステムが良いので、あとは特殊カードとプレイアクションの味付けが肝要です。
このゲームはその辺りもうまくいってるので、軽く遊ぶにはちょうどいいですね。

■いいセン行きまSHOW!
新装版です。
もう定番化する勢いですね。

今だから言います、実は旧版のときは数字の信ぴょう性にこだわり過ぎて、このゲームの評価もそれほどではなかったのです。新版になって、参加者間のグルーヴのみに身を任せ、数字の意味を問わなくなる術を身につけたら俄然楽しくなりました。

■エイジ・オブ・リバイブ

個人的には、今もっとも注目のデザイナー、北条投了さんの新作です。
これがまた、最新作にして現時点での最高傑作となってます。
ここまで来ると、N2さんとのコラボがどの程度なのかも気になりますね。どんな分担をされているのでしょう。

ゲームは、回りすごろくテイストにカードによる特殊効果を散りばめて、非常に悩ましく洗練されたゲームに仕上がっています。個人的には、これこそ世界水準と思います。

些細な欠点(?)は、毎度のことながらコンポーネント。以前よりカードの質は上がってますが、次はカドも取って欲しいな。
あとは言うことありません。

■ハンズ・ダウン

【お気楽に写真を撮ってたら、】


【黄プレイヤーがパドルをバン!】


【バン!バン!バン!で、青プレイヤーの負け】

AORで消耗したので息抜きに。
ただ別の意味で気の抜けないゲームです。

カードをペアで揃えたらパドルを押します。それを見た他のプレイヤーも自分のパドルを押して、一番遅れたプレイヤーがペナルティを喰らいます。このゲームの優れたところはその辺りをギミックで表現したところ。誰が一番遅かったのか一目瞭然です。
フェイントをかますことも認められているので、本当に気が抜けません。

古いゲームですが、一度はプレイする価値のあるゲームですぞ。

■ランスロット

投票とワーカープレイスメントを融合させた盛りだくさんなゲーム。
ゲーム自体はそれなりに面白いのですが、要素が多すぎて私の処理能力の範囲を超えてました。
投票の効果を吟味する余裕がなかったです。

■クク

最後は全員参加のこのゲームで締め。

この手のゲームには「伝道者」が必要かもしれません。面白さのポイントはどこだとか、作法とか、用語とか。その辺りを楽しげに実演できる人。単にルールだけを読んでプレイしてみても、ただのカード交換でしかなく、そこに生じる微妙な綾を見落としてしまう懸念がありますね。

まあ、博多ゲームクラブではそんな心配はご無用です。たくさんの自称伝道者で満ち溢れています。何度も何度でもプレイして、その身体に楽しさを覚えこませてやるぜw

■一方、アフターでは
今月も近場のめんちゃんこ亭へ。
冬はこれで身も心も暖まりますね。

■さーて、年末の
なんと年末にもう1回開催します。
今回は成仏例会です。
ご家庭でご不用になったゲーム、一度プレイしたからこそ二度とプレイされなさそうなゲーム、うずたかく積み上げられたまま未プレイのゲーム、そんなゲームたちを成仏させてあげてください。

それでは、12月28日(日)9:00~16:40 ももちパレス 和室でお会いしましょう!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【参加者募集】12月13日(土... | トップ | 【参加者募集】12月28日(日... »

コメントを投稿

例会報告」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事