九条バトル !! (憲法問題のみならず、人間的なテーマならなんでも大歓迎!!)

憲法論議はいよいよ本番に。自由な掲示板です。憲法問題以外でも、人間的な話題なら何でも大歓迎。是非ひと言 !!!

撃てない核なんて誰も怖がってないというお話 1970

2017年08月13日 | Weblog
いつの話をしてるのかというと冷戦時代じゃありません。
今の話www

撃てない核、東西冷戦で米ソが核ミサイルの配備合戦やってた頃は確かにこんな見方も成り立った。しかし、ソ連崩壊から時を経て戦争の形態が国家間から内戦、そしてテロ組織との戦いに変化するにつれ核の神話も不安定になってきている。

第一に、ヒロシマ級の核弾頭よりも小型で被害範囲も限定される弾頭は山のように開発されている。テロ組織への流出が懸念されてるのもこのタイプ。
ちなみに現在北朝鮮が開発していると考えられている小型核もこうしたタイプ。
昔のようなドカンと一発からエリアを絞った核攻撃は十分に実行は可能。

で、心理学に精通した素晴らしい方は、しかしかくかく然々で撃てないのとおっしゃる。
相変わらず撃つか撃てないかの話。
じゃあなぜ撃てないガラクタを必死になって開発、保有するのかを軽くスルーする。
使えるカードだから大好きな国連の勧告や決議を無視してここまでやってきたんだよ。
こういう時は北朝鮮に国連出てけは言わないんだね。
不思議 笑

まあそんなことはどうでもいいが、今後は読めない。
グアムにミサイル飛ばした後は分からない。
アメリカが韓国を捨てる気があれば一気に開戦。
中国が自国の危機も感じれば人民解放軍を動かす。
ワタシはすったもんだして後者の可能性がやや高いかなと思うが、どう転ぶか分からない。
出来れば中国に始末をつけてもらうのが丸く収まるんだけどね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮⑦ ... | トップ | 核が小型化したから撃てる?... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中国 (1970)
2017-08-13 01:20:57
グアムにミサイル飛ばした後(これも国際慣例上アウト)はアメリカが様々な論理で予防戦争に踏み切っても止められなくなる。そもそも正恩はアメリカ本土も狙うと言っちゃったわけだから(やるやらないの話じゃなく)。
はい、そうですか。そこまで言われてグアムにも飛ばされたら貴方マジですね。やりますねとなる。
この後、即開戦になれば中国は悪夢。
何としてもトランプを止めるだろう。そこからは条件闘争だよな。
正恩を粛清して傀儡を作れるかどうか。
でも、これをやらないと結局は韓国による半島統一になるから、それだけは実現しないように動くだろう。
まあグアムに飛ばす前に始末をつけるのが一番だけどね。
もうひとつ (1970)
2017-08-13 04:19:33
例えば北朝鮮のような独裁国家では無くてもある程度の軍事力のある国が好き勝手に核の開発やらICBMの実験などを他国を無視して始め出したらどうなるか?
世界のあちこちで勝手にミサイルが撃ち上がる 笑
公海、公空の安全等は一気に吹っ飛ぶ。
北朝鮮が許されるならこっちもいいだろ?の連鎖が起きる。
かも知れない。
核保有についても同様。

こうなってからでは手遅れ。
安全保障はパワーとソフトで成立するがそのバランスが崩れると今回の北朝鮮のようになる。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事