KB press

ご意見はなるべくこちらのページではなくリンク元のページにお願いします。取り上げてほしいジャンルがあればどうぞ~。

脊山麻理子が局アナ時代の社内恋愛をカミングアウト板橋区ときわ台で

2019年05月13日 | TV新聞雑誌 板橋区特集

脊山麻理子



5月11(土)放送の「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」(テレビ東京系)で、松岡昌宏、博多大吉、元日本テレビアナウンサーで今はグラビアアイドルとして活躍している脊山麻理子が、東京・板橋区ときわ台にある「鳥新」へ。脊山がアナウンサー時代の恋愛を赤裸々に告白した。

まずは「馬刺し」「熊肉焼き」「生ホタルイカ」をアテに芋焼酎で乾杯。39歳で、最近はSM写真集を出したという脊山は、松岡と大吉にスマホで自身の写真を披露。実はバツイチでもあるそうで、松岡はいまだグラビア現役の脊山の生き方を絶賛した。

次に一行は、「まち」へ。「エビのゆば巻き揚げ」「カキのたたきポン酢」「たらこパスタ」をアテに日本酒や芋焼酎で乾杯。「楽しくて面白くてたくさんしゃべってくれる人が好き」という脊山。アナウンサー時代は、朝4時から始まる番組を担当していたため、恋愛は社内で済ませており、当時は社外スタッフのADの男性と交際していたそう。

当時脊山は23~4歳、彼は21歳で、2人で500円玉貯金をしては旅行に出かけ、プリクラを撮るなどしていたと告白。今もいろんなテレビ局で仕事をしているようで、どうぶつ関連の番組を担当しているという。

最後に大吉が、今回のロケを総括。まるで酒焼けのようなしゃがれ声になってしまった脊山に対し、「喉を治療しなさいよ!(笑)」とピシャリ。説教された脊山が、苦笑いするシーンがあった。

ネット上では、「脊山麻理子から目が離せない!」「脊山さん、ちょっとぽっちゃりされたような…。でもトークは面白かった」などの声が集まった。

(ザテレビジョン)
 


コメント   この記事についてブログを書く
« アパートで火事 女性1人死亡... | トップ | 3千株のシャクヤクずらり、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

TV新聞雑誌 板橋区特集」カテゴリの最新記事