KB press

板橋区を中心に気になったニュース・街の話題を取り上げています。

早朝の住宅火災がアパートなどに延焼 7棟焼ける(18/08/18)

2018年08月18日 | ニュース


早朝の住宅火災がアパートなどに延焼 7棟焼ける


 18日朝早く、東京・板橋区の住宅密集地で火事があり、7棟が焼けて80代の男性が重傷です。

 午前4時半ごろ、板橋区徳丸で「火事です。火柱が上がっている」と119番通報がありました。消防が駆け付けると木造2階建て住宅の2階部分から火が出ていて、隣接するアパートなどに延焼し、合わせて7棟、約160平方メートルが焼けました。この火事で80代の男性がやけどを負って重傷です。現場は都営三田線高島平駅から約2キロの住宅密集地です。

コメント

女性に付きまとい 練馬区田柄  (光が丘警察署) 08月18日07:21

2018年08月18日 | ニュース
女性に付きまとい 練馬区田柄  (光が丘警察署)


8月18日(土)、午前1時05分ころ、練馬区田柄1丁目の路上で、女性が帰宅途中、男につきまとわれました。

(不審者の特徴)
・年齢20歳から30歳代くらい、身長170センチメートル、体格中肉、髪黒色短め天然パーマ、白色っぽい半そでTシャツ、黒色っぽい長ズボンの男

【問合せ先】光が丘警察署 03-5998-0110 (内線2652)

コメント

「銀魂」定春とエリザベスのどらやきが登場 自分で焼き印を押せる製作体験も受け付け

2018年08月18日 | ニュース
「銀魂」定春とエリザベスのどらやきが登場 自分で焼き印を押せる製作体験も受け付け


(8/17(金) 18:12 ねとらぼ)



アニメ「銀魂」とどらやき専門店がコラボして、人気キャラ・定春とエリザベスをモチーフにした「銀魂どらやき」が誕生しました。また、自分で焼き印を押して作る「どらやき製作体験」もスタートしています。

今回のコラボは、伝統文化×アニメ・ゲーム作品のコラボを企画する稲ノ部(東京都渋谷区)のプロジェクト「銘品零号」によるもの。ベースになっているのは明治8年(1875年)創業のどら焼き専門店・神馬屋(じんめや、東京都練馬区)の「いま坂どら焼き」です。

 中身の“あん”は白粒あん、抹茶あん、栗入小倉あん、うぐいすあん、こしあん、ごまあんの6種類。生地には定春とエリザベスの焼き印が入っています。

 価格は、あんの組み合わせが選べる「2個セット」が890円、「6種味比べセット」は2980円。購入は銘品零号のサイトから。

・どらやき製作体験

 どらやき製作体験は自分で生地を焼いて焼き印を入れ、あんをはさんでどらやきを完成させるというもの。1時間程度の所要時間で、どらやき2種類(各1個ずつ)を作れます。料金は1人あたり5000円。専用サイトから予約が必要です。

※価格は全て税込、送料別途
※6種味比べセットは神馬屋の店頭受け取りも可能

商品購入 


コメント

練馬で参加型アートイベント ステージ、ワークショップ、フードイベントなど

2018年08月18日 | ニュース
練馬で参加型アートイベント ステージ、ワークショップ、フードイベントなど


(8/16(木) 23:58 練馬経済新聞)



 版画家の蟹江杏さんプロデュースによる子どもと保護者向けの参加型アートイベント。蟹江さんのイベントは絵画、音楽、ダンス、造作、書道、演劇、絵本、人形劇などさまざまなジャンルで遊べることや、現役のアーティストが自分の作風でなく子どもを主役にその創作意欲に向き合うことなどが特徴。

 今年は「アートな夏祭り」をテーマに、蟹江さん、ミュージシャンでマジシャンの大友剛さん、墨絵画家の本多豊國さん、イラストレーターの繭コさん、美術家の山口健児さん、ミュージシャンの石川浩司さん(元「たま」)など、国内外で活躍するプロのアーティストによるさまざまなステージパフォーマンスやワークショップを行う。

  ココネリ3階 では、オープニングライブ、音楽に合わせて長さ10メートルの白い紙に一緒に絵を描くライブペインティング、音楽とマジックと絵本のコンサートなどステージパフォーマンスを繰り広げる。

 ワークショップは、透ける折り紙を使った金魚作り、いろいろな物を使ったオリジナル楽器作り、紙袋をデコレーションしたバッグ作り、墨と筆と和紙を使った絵描きなど多彩なアート体験を用意する。一部、要整理券。

 第2会場の 平成つつじ公園 では、練馬産野菜のマルシェや区内の飲食店による団体「Nerima若手Chefs Club(シェフズクラブ)」によるフードイベントを行う。営業時間は、ランチ=11時~15時、ディナー=16時~20時。

 開催時間は10時~17時。入場無料。

コメント

東武池袋で台湾と沖縄のグルメイベント同時開催 涼スイーツやイートインも

2018年08月18日 | ニュース
東武池袋で台湾と沖縄のグルメイベント同時開催 涼スイーツやイートインも


(8/17(金) 19:00 池袋経済新聞)





東武百貨店池袋店(豊島区西池袋1、TEL 03-3981-2211)8階で現在、「台湾フェア」「島の恵み、あふれる。沖縄展」が行われている。

 「台湾フェア」には、「台湾・淡水名物」だという「新カステラ」や、「台湾屋台の定番」だという鶏の胸肉を1枚使った空揚げ「鶏排(チーパイ)」、「台湾麺線」などの屋台グルメ、クールスイーツ、日本初出店の雑貨店「來好」などが登場。会場では台湾の魅力やトレンドなどを女性視点で発信するトークショーも行う。

 「沖縄展」のイートインコーナーには、1905(明治38)年創業の沖縄そばなど提供する「きしもと食堂」、もずくを練り込んだ沖縄そばを販売する「じなんぼう」が出店。沖縄で活動する編集者・セソコマサユキさんお薦めの「沖縄のコーヒー」や、沖縄産素材を使ったスイーツなども用意する。

 スイーツでは、かき氷店「ICE MONSTER」、台湾茶を使ったタピオカミルクティー店「KIKICHA TOKYO」、ジェラート職人・柴野大造さんが監修する「やんばるジェラート」、沖縄県浦添市のベーカリー「ippe coppe」の庭に夏の間だけ出店するかき氷店「喫茶ニワトリ」などが出店する。

 開催時間は10時~20時(最終日は18時閉場)。今月21日まで。

コメント

「縄文展」20万人突破 国宝6件揃い踏み、話題集める 東京国立博物館

2018年08月18日 | ニュース
「縄文展」20万人突破 国宝6件揃い踏み、話題集める 東京国立博物館


(8/17(金) 16:22 朝日新聞)



 東京国立博物館(上野公園)で開催中の特別展「縄文――1万年の美の鼓動」(朝日新聞社など主催)の入場者が20万人を超え、17日、記念のセレモニーがあった。東京都練馬区の中学1年生、山根理杜(りと)さん(12)に、銭谷真美館長から図録や会場内特設ショップで人気のグッズ、土偶ペンライトと土偶パペットタオルが贈られた。

 山根さんは、母由美子さん(44)とともに同館を訪れた。歴史の中では縄文時代が一番好きといい、「教科書に載っていたハート形土偶を見るのが楽しみです」と話した。

 同展は縄文時代の国宝6件が史上初めて一堂に会したことで話題を集めている。北海道から沖縄まで全国各地で出土した縄文時代の土偶や土器など約200件を展示している。

 特別展「縄文」は9月2日[日]まで、月曜休館。午前9時30分~午後5時。金・土曜は午後9時、日曜は午後6時までの夜間開館を実施している。入館は閉館の30分前まで。一般1600円、大学生1200円、高校生900円、中学生以下無料。問い合わせはハローダイヤル(03・5777・8600)。詳細は公式サイト(http://jomon-kodo.jp/)。

コメント

“放火”の動機は「おまわりが頭にきた」から(18/08/17)

2018年08月17日 | ニュース


“放火”の動機は「おまわりが頭にきた」から


 男は「お巡りが頭にきたから火を付けた」と供述しています。

 ごみ収集の作業員・寺沢正明容疑者(58)は先月26日午前3時ごろ、東京・豊島区のマンションのごみ置き場に放火した疑いが持たれています。警視庁によりますと、寺沢容疑者は事件前、JR池袋駅近くの飲食店で一人で酒を飲み、店員と料金を巡ってトラブルになっていて、交番で事情を聴かれていました。取り調べに対し、寺沢容疑者は「お巡りが頭にきたから火を付けた」などと容疑を認めています。警視庁は詳しい経緯を調べています。

テレビ朝日系(ANN)



コメント

動物園など無料 復活「カッパバッジ」が人気

2018年08月17日 | ニュース
動物園など無料 復活「カッパバッジ」が人気


(2018年8月17日03時00分 朝日新聞)




東京都の動物園や博物館に期間限定で無料で入れる「カッパバッジ」が人気だ。都が21年ぶりに復活させて販売したところ、売り切れる店が続出。かつてのバッジを懐かしんで購入する人たちも多いようで、都は再入荷などの対応に追われている。

 カッパバッジはもともと、1959年から97年まで販売。10月1日の「都民の日」にバッジをつけていれば動物園や都電が無料となったことから、広く利用され、当時の子どもらに親しまれた。

 都は今年、「江戸」から「東京」への改称150年を記念した事業の一環として、カッパバッジを復活。バッジを提示すれば、9月29、30日に、上野動物園や江戸東京博物館といった都の21施設に無料で入れるほか、都営地下鉄や都営バスについても9月30日に利用できる子ども用の1日乗車券を無料で配る。

コメント

都内でラーメン店経営の親子 徳島・美波町に移住、17日オープン

2018年08月17日 | ニュース
都内でラーメン店経営の親子 徳島・美波町に移住、17日オープン


(8/16(木) 19:12 徳島新聞)

ラーメン店「藍庵」をオープンさせる松田さん(右)と長男の笑太さん=美波町奥河内の同店



美波町奥河内の四国霊場23番札所・薬王寺の門前町「桜町商店街」に17日、ラーメン店がオープンする。都内で有名店を経営する松田徹時さん(44)が長男笑太さん(22)と移住し、阿波尾鶏や薬膳を前面に打ち出した「こだわりの一杯」を提供する。

 店名は「阿波尾鶏中華そば 藍庵(あいあん)」。阿波尾鶏のガラを煮込んだあっさり味のスープをベースに、しょうゆと塩の2味を用意する。自家製麺を使い、炭火で焼いた阿波尾鶏のチャーシューをトッピング。つけ麺やアオリイカの丼も販売する。のれんや食器には藍色を取り入れ、徳島らしさをアピールする。

 町の門前町活性化事業に申し込み、採用された。店舗は昭和初期に建てられた住宅(木造2階建て、延べ132平方メートル)を改修した。

 薬師如来を本尊とする薬王寺にちなみ、薬膳を名物にしたい町の方針に、松田さんが賛同。料理は化学調味料不使用で、スープには栄養価の高い高麗ニンジンやナツメを入れている。

 松田さんは2008年、ラーメン激戦区といわれる板橋区の大山商店街に「Morris(モリス)」を開店。メディアで紹介される有名店となっている。

 5年前に美波町の知人宅を訪れたのをきっかけに毎年来町し、豊かな自然や気さくな住民に魅力を感じて出店を決めた。松田さんは「地元の業者とも協力し、老若男女に食べてもらえる味をつくっていきたい」と意気込んでいる。

コメント

〔首都高〕5号池袋線でトラック横転事故 一部通行止めは解除

2018年08月17日 | ニュース
〔首都高〕5号池袋線でトラック横転事故 一部通行止めは解除



(8/17(金) 2:00 レスキューナウニュース)



首都高速道路などによると、東京都板橋区の首都高速道路5号池袋線高島平の先2km付近でトラックの横転事故が発生し、上り線(竹橋JCT方面)の美女木JCT→中台間で通行止めとなっていましたが、17日01:35までに解除されています。

コメント

池袋「自由学園明日館」で年に一夜限定のビアテラス企画

2018年08月16日 | ニュース
池袋「自由学園明日館」で年に一夜限定のビアテラス企画


(2018.08.16 池袋経済新聞)
         


自由学園明日館(豊島区西池袋2)の年に一夜限定のビアテラス企画が8月17日、施設の芝庭で行われる。

1921(大正10)年に女学校の校舎として建てられた同施設は、帝国ホテルを手掛けた建築家フランク・ロイド・ライトと弟子の遠藤新が設計。1997年に国の重要文化財に指定され、現在は見学会や結婚式、コンサート、公開講座などに使われている。

提供するドリンクメニューは、生ビール、黒ビール(以上500円)、ソフトドリンク(300円)。フードメニューは、焼きギョーザ、タンドリーチキン、ミックスピザ、ソーセージ、ベークドポテト、枝豆、ナッツ(以上500円)。

 18時と19時30分からは約30分間、フリーパーカッショニスト・大場章裕さんによるマリンバライブも実施する。施設担当者は「冷たいビールにおいしいおつまみ、心地よい音色と重要文化財の建物に囲まれて、特別な一夜を」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は17時~21時。入館料は400円。

コメント

「暗証番号変えた方が」警官装い80代のカード詐取か(18/08/16)

2018年08月16日 | ニュース


コメント

最後の「8・15」 「悲しいよ」102歳最高齢女性

2018年08月16日 | ニュース
最後の「8・15」 「悲しいよ」102歳最高齢女性


(8/15(水) 21:52 産経新聞)

報道陣の取材を受ける最高齢(102歳)参列者の芹ケ野春海さん



 「73年もたってるの。悲しいよ。苦労したから。本当に戦争なんて嫌だ」。追悼式参列者の中で最高齢となる東京都練馬区の102歳、芹ケ野春海(せりがの・はるみ)さんはそう言うと、人目をはばからず声を上げて泣いた。

 夫の博さんは昭和20年6月、沖縄・本部町(もとぶちょう)で31歳で戦死した。巡回中、米兵2人に撃たれ、腹に手榴弾(しゅりゅうだん)を巻いて自決。春海さんは「ひどい目にあったから悲しい」とぽつり。一緒に暮らしたのは数年間で、ほとんど記憶に残っていない。

 追悼式への参列は今年で4回目。90代に胆石の手術をして、心臓病やがんなども患い「今後どうなるか」という思いで毎年参加してきた。

 息子と2人暮らしで、米を売り歩く行商で生計を立てたこともある。息子の憲一さん(75)は「本当に苦労して育ててくれた。式は最後かもしれないが、長生きしてほしい」と話した。

コメント

駐車場スタッフは帽子の中に保冷剤!? 炎天下で働く人々の熱中症対策

2018年08月16日 | ニュース
駐車場スタッフは帽子の中に保冷剤!? 炎天下で働く人々の熱中症対策


(8/15(水) 16:30 レタスクラブニュース)



今年の夏も連日猛暑が続いており、みなさん様々な方法で暑さ対策をしていると思います。ところで、一日中炎天下に晒されている仕事の人たちは、どのようにして暑さをしのいでいるのでしょうか?

■ 「としまえん」スタッフの熱中症対策

7月31日放送の「よじごじDays」(テレビ東京系)では、お笑い芸人のスギちゃんが「としまえん」に潜入。スタッフが行っている暑さ対策を調査しました。

例えばプールの安全を確保している監視員は、「各テントに麦茶を用意している」と回答。監視員の人たちは30分ずつ2カ所で監視したあと、テントで30分休憩し麦茶と水浴びで体を冷やしているそうです。

さらにスギちゃんは、プールサイドよりも暑いとされる現場“クレープ屋さん”も取材。約200℃の鉄板がある調理スペースの気温は、43℃を超えていました。そんな同店のスタッフは、毎日1L以上の水を飲んでいるそうです。加えて帝京大学病院の三宅康史先生は、水分だけでなく“塩分”も摂った方がよいと指摘。また「冷たいものを飲めば体を冷やす効果もある」と解説しています。

プールスタッフの次は、「としまえん」の駐車場スタッフに直撃。こちらも日陰の少ない“暑い現場”ですが、とあるスタッフは帽子の中に“保冷剤”を入れて対応していました。これにはスギちゃんも「さすが」と感心。「保冷剤って何故か家に余りますよね」「どうしようって思ってたけど、こういう使い道があったとは」ともコメントしており、比較的手に入りやすいアイテムを活用できるという点でも魅力的です。

■ 職場やボランティアの現場にも様々な熱中症対策が

他にも熱中症対策には様々な方法があり、「日本医師会」の公式サイトでも紹介されています。今年同サイトでは、被災地のボランティアを行っている人々に注意を喚起。「朝食・昼食は抜かずに食べましょう」「1日2リットルは水分補給しましょう」「休憩は十分に、日陰でゆっくりとりましょう 」「体調の悪い日は活動をやめる勇気が大切です」といった対策が掲載されていました。

また「厚生労働省」は、「職場における熱中症予防」を公開。具体的な予防方法として「作業管理(作業時間の短縮、熱への順化、水分及び塩分の摂取、服装、作業中の巡視等)」「健康管理(健康診断結果に基づく対応、日常の健康管理、労働者の健康状態の確認、身体の状況の確認等)」などが挙げられています。

その他ネット上では、「冷たい飲み物を買って、首筋とか大きい血管があるところに当ててる」「いざとなったらコンビニに入って涼む」「レジャーとかで長い間炎天下にいる時は、とりあえず日陰を確保するのが大事。日光に当たらないだけでもだいぶ違う」といったアドバイスが上がっています。

仕事やレジャーなどで温度調節が難しい環境に行く人も少なくないと思いますが、しっかり対策して無事に夏を乗り切りましょう。

コメント

アニメの名曲 オーケストラで 17日に池袋 子育て世代向けコンサート

2018年08月16日 | ニュース
アニメの名曲 オーケストラで 17日に池袋 子育て世代向けコンサート


(2018年8月15日 東京新聞)

・東京室内管弦楽団



子育て世代を対象とした「0歳から楽しむアニメ&クラシック名曲サマーコンサート」が十七日、豊島区西池袋の東京芸術劇場コンサートホールで催される。

 サブカルチャーの発信に取り組む同区は、昨年からとしま未来文化財団主催で、アニメやゲーム音楽のクラシックコンサートを始めた。今回は初めて赤ちゃんも対象に開催する。

 演奏は創立九十年の東京室内管弦楽団。本格的なコンサートホールでオーケストラが「となりのトトロ」や「天空の城ラピュタ」、ディズニー映画の名曲を演奏。アニメで活躍する声優ジェーニャさんも出演する。赤ちゃんは泣いても寝てもOKで、出入りも自由。財団の担当者は「クラシックにも通じる魅力が詰まったアニメソングを、気兼ねなく自由に楽しんで」と話している。

 午前十一時半開演、休憩なし七十分。大人二千五百円、子ども五百円(ひざの上での鑑賞は二歳まで無料)。問い合わせは、としまチケットセンター=電03(5391)0516=へ。

コメント