黒猫 とのべい の冒険

身近な出来事や感じたことを登載してみました。

近況 残っていた通帳

2017年08月30日 20時13分16秒 | ファンタジー
  <函館の坂>

 リタイア後、書棚の奥に突っ込んだままの蛇腹のファイルを取り出した。そのファイルは親が使っていたもので、家の財産関係の書類がしまい込んであった。父母が亡くなったとき、私は、必要な書類を抜き取って正規の処理をしたので、重要なものは残っていないと思っていた。ただ、父母の古い実印など、まだ処分未了のものがあったので、気が進まない作業を始めようとした。
 ファイルを開けてみると、やはり使用済みの銀行通帳などがあった。それらを破り捨てていたとき、使用済みの処理がされていない郵便局の国債口座の通帳が2冊出てきた。まさかと思いながら相続関係の書類と照らし合わせたが、該当する項目はない。今さら処理していないものが出てきても手続きが大変なだけだと思ったが、すぐさま頭の中は、これだけあったらあれもこれも買えるという、とらぬ狸状態になってしまった。
 翌日、近くの郵便局で通帳の残額確認の申請手続きをした。待つこと数日して、㈱ゆうちょ銀行から書留のお手紙が来た。恐る恐る封を切り、1枚の紙面に羅列された文章の中に探し当てたのは、残額は一切ありませんでしたという、あっさりした1行。決して独り占めしようとか、たくさんもらおうとか、よこしまな考えはなかったのだが、私の願いは1円も叶わなかったのである。(2017.8.30)
コメント

タブレットの文章

2017年08月21日 16時42分19秒 | ファンタジー

 今日、ようやく光回線の入れ替えが終了。あえてやらなくても支障があるわけではなかったが、タブレットを入手しようとしてこんな大事になってしまった。年取ってから電子機器をいじるのは骨がおれる。
 と言いながら、だんだんタブレットの虜になってしまいそう。若い方々がスマホから目線を外せなくなるのもうなずける。
 この文書を作るのにさっそくタブレットを使ってみた。どうも勝手があまりよいとは言えない。文章に精彩がない。まあ、いつものことか⁉(2017.8.21)
コメント

前髪が伸びないのは

2017年08月20日 16時35分08秒 | ファンタジー

 若い方々に理解していただけるかどうか。
 今時の赤ん坊は、オギャアと第一声を発するとき、たいがい髪の毛も同時に生え揃っているようだ。
 変な話だが、私の世代の赤ん坊はそうではなかった。もちろん例外はあって、私の頭は同世代に比べ進化していたらしい。でも、この世に出現する前のうぶ毛は、本物の毛❓が生えるのに邪魔になるとかで、祖母の指示でただちにカミソリでツルツルに剃られた。
 困ったことに、その後、毛はなかなか生えてこなかった。と、母親はどういうつもりか大笑いしながら、何度もこの話題を取り上げた。
 どのくらいの月日がかかったか、私の記憶にはないが、かなり硬く濃いのが生えるには生えた。祖母は、私の頭を撫でて、自分の指示が正しかったことを譲らなかった。
 その扱いにくい毛とのつき合いは、いつころまでだったろう。今はかなり危うい。先日の散髪屋でも、前髪はもう伸びないのが当たり前だと、容赦のない言葉で諌められた。長い間、ハゲるはずがないと刷り込まれたので、よけいショックが大きい。希望のない髪の毛と下地に、育毛剤はいらない。(2017.8.20)
コメント