頑張れ!!一人娘!再び。

心臓人口弁で要介護3の父。髄膜腫の一人娘の私の、母亡き後の日々の事

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

過激な「おバーちゃん」

2006年10月05日 | 母の話
秋雨ジャー・・濡れていこう。てか!

朝から呑気にPC。どれどれ朝はどうだろか?ってね。

今日は朝の5時からウンチ君コールだなんだで、バタバタでした。
PCに愚痴ってる場合ではないのですが、ま・いいか・・・。

ここのところ、リハの先生もビックリするくらい・・支え有りの立位の保持が長く出来るようになりました。
支え有り・・というのは、完全抱っこ状態で、おバーちゃんが軽く寄りかかる感じです。
それで出来るようになったこと(いつもでは無いですが)一人介助のトイレ。
訪問看護士さんや、訪問リハの先生のいる時だけ限定で・・ちょっとやってみています。
おジィちゃんの通院が多くなっているので、出来ればいいのだけどぉ・・でね。
もちろん、まだまだ気は抜けないので基本は二人介助です。


しっかし・・発作止めの薬を止めたおかげで、覚醒度が増して・・日中はお目目パッチリのおバーちゃん。
生あくびが出ないばかりでなく、ウトウトも全くなく。
以前のおバーちゃんに戻っています。
それゆえ、私を呼ぶ・・呼ぶ・・。

おまけに、ちょこっとカンシャクを起こして困らせてくれます。
「冷蔵庫に○○が入ってるから持ってきて・・昨日作っておいたから」
「戸棚に○○がしまってあるから、持ってきて・・さっき見たから」

おバーちゃんは今も現役主婦をしているそうです。

「出来ないでしょ・・」
「ないでしょ・・」
は・・なるべく言わないようにしています。
それでも・・ナカナカ納得させられなくて。

過激なおバーちゃんに変身すると、お手拭を投げるし・・車椅子を無理やり動かそうとするし・・。

ハッキリ言って、おジィちゃんと困り果ててしまっています。

「わかったから、後でね」
「さっき見たけど無いよ」
「もう一度探すね」

それから・・奥の手の話題を変えてしまう

けれど、おバーちゃんもしっかりしたもので・・絶対にすぐに話を戻します。
それで怒りモード。

身体の不自由さをわからなくなる時・・わかる時・・いろいろ。

それも脳梗塞の後遺症だってわかってるけどね。

そのうち上手に相手が出来るようになるかなぁってか、ならなきゃですね。
お手本は・・沢山ありますね。
皆さんとこでお勉強しなきゃです。
そうなると・・PCの波・・。
でも、試験間際の娘達のことも考えて・・PC修理はお預け。

あっちもこっちもでヨレヨレにならない為には・・丁度いいかもしれないですが。


大丈夫なんとかやっていきますよん。
なんたって、要介護⑤なんだもーん。
大変で当たり前ですねぇ。
問題は・・オジぃーちゃん。身体・・もつかなぁ~。気持ちもつかなぁ~。
一人娘の修行はまだまだ続くのでしたぁ。チャンちゃん
コメント (18)   この記事についてブログを書く
« パソコン。 | トップ | 青い空。 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (八兵衛)
2006-10-05 11:53:58
>ここのところ、リハの先生もビックリするくらい・・支え有りの立位の保持が長く出来るようになりました。



凄く好いね、これは目を見張る大進歩と思いますよ。



9年目のあっしだって、支えが無くては立っていられないもの、早い話が支えなんてどうだって良し。

要は、立って自分の体重をかけて、それに耐えられる関節(股関節、ひざ、足首)にする事が大事。

支えあり立位に慣れてくると、やがて一人介助→自力行動へと、展望も開けてきますよ。



地道に頑張ってください。

ありがとうございます。 (八さんへ)
2006-10-05 12:13:07
ですよねぇ・・。

イロイロあるけど、少しでも良い方向に進んでるってことですよね。

でもって、介護保険の認定調査の時に比べて数段良くなってるのが・・神様のご褒美かなぁ。。ナンテ喜んでます。

地道に頑張りますです!
Unknown (ウルル)
2006-10-05 15:52:41
元気だから 逆に負担に思うことも出てくる

これは本当にそうだと思う。

思うように動けないジレンマが言葉になって飛び出してくるんだよねぇ

それに対応する家族も 解っていてもしんどくなるね



久美子さん、どうかせめて ブログの中や村の中では強がらなくていいからね!

溜まった思いはもったいがらずに吐き出しちゃってねぇ
すごい (未歩)
2006-10-05 16:09:22
久美子さん、お母さまよかったね。

長いこと立っておれる様になってきたんですもの。

すごい進歩ですよ。

お薬の影響で眠かったんですね。



最近出逢ったブログで介護のことを書かれていて、

頭にのこった記載があったので、

お時間があるときに見てください。

http://www2.ocn.ne.jp/~kittytt/omoukoto/006.htm

そういう意識が必要なんだって思いました。

難しいけれど、知っていて頭にあることは

いいことだなあと。
もったいない、もったいない・・。 (ウルルさんへ)
2006-10-05 16:58:25
えへ・・。

ウルルさん、ありがと。

あそこに行くと・・なんだかホッとしますぅ。

デカイ豪邸もたったしね。

村長さん二人がとっても優しい人たちだから、もうすっかり居ついちゃうし。



今日は訪問リハのソーシャルワーカーさんの名前覚えてたバーちん、でも・・スタッフの介護士さんのことを孫一号だと信じてるバーちんでした。

確かに雰囲気似てたけど・・結構観察が細かいの。

小さな似てる部分探して、大事な人に代えてます。
読みました。 (未歩姉さんへ)
2006-10-05 17:12:35
知識が無くなる事で、お母さんは、自分の生きてきた知恵で生きています



人間の心の底には、本音がある。しかし、人は、その本音の上に理性と言う蓋を被せている。

この蓋が、薄い人や分厚い人がある。この蓋が取れた状態で、お母さんは、本音で生きておられる。



お母さんは、お母さんの世界で生きておられます。私達の世界と会わないかもしれないが、お母さんの世界では、私達の世界がおかしいんです。だから、お母さんの言ってることを直そうとか、言い聞かせようとすることは 良くないです。」

一部抜粋で・・大丈夫でしょうか・・。



とっても大事なこと・・教えてくれていますね。

未歩姉さん、ありがとう。

何度も読んで泣いてしまいました。



本当に・・なるほどなぁ・・と思いました。



まだ、私の中で母の認知・・認めてないから・・なかなかうまく行かないのだと思います。

本音・・もう少しだけ・・治ると信じてはいけないのかなぁ・・。
信じていいに決まってる (未歩)
2006-10-05 17:59:12
久美子さん、それでいいのよ。

私だって善くなるって信じているもの。



受け入れるって、あきらめとは違うよ。

信じるってそうなってほしいという願い・祈りだもの。

私はそう意味でブログ記事、置いていったの。

専門家の人の捉え方を学んでおくのはいいと思ってね。

頭の片隅においといてっていう気持ちだよ。



「治ると信じて」は大前提だよ。

今のままでいいのよ。

だけど違う違うって否定ばっかりしなくてもいいってことのように思うの。



ごめんね。うまく伝えられなくて。

久美子さんの今の気持ちでいいと思うよ。
了解です。 (未歩姉さんへ)
2006-10-05 19:59:14
そっか・・受け入れて・・今の状態を、ってことでですね。

よくわかりました。

金と銀の蛇・・訪問看護士さんの対応がこうでした。

「ジャー私、車に積んで持って帰るから、山にでも帰りに捨ててくるね」って。

火曜日にそう言ってくださって・・・。

それから蛇はいなくなりました。



そういうこと・・ですよね。



未歩姉さん、ありがと。

また・・教えてくださいね。

頼りにしてますぅ!!
あ~よかった (未歩)
2006-10-06 08:28:03
久美子さん、訪問看護士さんとそういうことがあったのですね。

そう、そう、そういうことなんです。

お母さまも捨ててきてもらったから安心して、

その安心感で蛇が消えたんですね。



私も病気になったとき不安で不安で仕方がなかったの。

今思うと馬鹿じゃないのって思えるけれど、

当時は違ったの。

普通の人は私がおかしくなったと見ていたでしょうね。

http://blog.goo.ne.jp/mihomaho2006/e/ec97049cbd582b45823e69a5171390fa

だからお母さまのお気持ちに近かったと思います。



安心できてくると確実に変わってきます。

経験者ですから。

ありがとね。
お礼を言うのは私ですぅ。 (未歩姉さんへ)
2006-10-06 10:50:53
そうなんですよね・・私が不安なように・・ううん、それ以上に母は不安なんでしょね。

未歩姉さんが言うように、安心感でいろんな意味でよい方向にいくのでしょうね。

ついつい、わからせようとしちゃって・・「わかった?!」って言ってしまう私でした。

この口癖だけは直します!きっぱりと。



未歩姉さんの言葉は本当に私のヒビ割れを治してくれるんですよぉ。

これからも、いろいろ助言してくださいね。

やっぱり頼りにしちゃいますぅ。



天候不順・・身体とにかく無理しないで下さいね。

トイレ・・気をつけてネェ・・。なんて、大丈夫ですね・・。

コメントを投稿

母の話」カテゴリの最新記事