自然のまま 気の向くまま・・・

田んぼの虫や 畑の生きもの。
 いのち って みんなつながってるんだなぁ・・・

田植え2018古代稲編

2018年06月23日 | のうぎょう(古代米)
一番最初に自然栽培を始めた田んぼ。

たくさんのタニシがうごめいているのですが、今年は貝を発見したと夫。


昔は、貝やエビがいたそうで、よく食べたそうです。

薬剤を使うようになってから、山菜や魚がいなくなってしまったそうで・・・
本当においしかったんだよ~~とお年寄りたちから聞きます。


散歩?


田植え機械が通った後も無事に散歩してましたが、その後の消息は不明です。
どこいったんだろ。大きくなって田んぼのヌシになるかも・・・
そうなると、機械だと気をつけないと・・・

今年は2種類の古代稲を植えてみました。






違う品種は機械植えに。

モヒカンのように植えてみました。


カエルもたくさんいて、泳いだりしています。

ん?これはいつぞやのカエルVSコオロギ・・・

今回は蜘蛛。 ぶつからず(笑) お互い見つめ合っただけでした。



農業は重労働です。でも、楽しいこともあります。


みんなそれぞれ、たのしさを見つけて生きてゆくのだと思います。

何をしても。何もしなくても。なにかしらの使命を生きているのだと感じます。


そんなことを考えたり、考えなかったり(笑) 気楽にいこうと思います☆



人気ブログランキング

農繁期となりましたので、作業の都合上 お米の発送が遅れることがありますので
ご了承ください。 ご注文は、随時お受けしてますので よろしくお願いいたします

アロマ&ロハスの店 Hand Clap(ハンドクラップ)さんに、つがるロマン玄米5キロの
自然米が販売中ですので、こちらもよろしくお願いします

イノチのネとよかわ自然農園より
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 田植え2018 | トップ | 近況 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

のうぎょう(古代米)」カテゴリの最新記事