株と浮き世の話

株のチャ-ト分析と身近な話題

対韓国外交・今こそ安倍総理の胆力が試される

2019-01-11 14:12:20 | 国家の品格
目に余る韓国の反日政策がいよいよ実害に及んできた。
新日鉄住金の資産が徴用工裁判の結果差し押さえられることになった。もう遺憾に思います・強く申し入れますでは済まなくなった。
国際司法裁判所に提訴するったって、そんな生ぬるいことでは埒が明かない。現に国際司法裁判所の判決を紙くずに過ぎないと無視して南シナ海の埋め立て軍事基地化した中国は既成事実化した。
慰安婦・徴用工・レ-ダ-照射等々 韓国のやりたい放題だ。 これも日本側が及び腰で対応してきた結果だ。
もうこれ以上韓国の主張を許したら、日本の独立国としての尊厳は保てない。

対抗処置として、ビザ発給停止や経済制裁・国交断絶まで選択肢はあるがどんな処置でも返り血を浴びることを覚悟すべきだ。
ビザ発給停止をすれば観光客が減るからダメだなんてアホなことをいう輩には日本国の尊厳は守れない。
サムスンに部品輸出している会社には利益が減っても我慢してもらいましょう。補助金を出してもしかたない。サムスンを潰すのがさきです。
安部さんもきれい事では済まなくなりました。ここが返り血を浴びても!!の胆力が試されています。

蛇足ながら ・・ 共産党や立憲民主もボ-ットしてないで、対案や具体的な行動を起こしてもらいたい。国難なんだから批判ばかりで税金タダ食いしてないで今こそ存在価値を示せよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 北方領土交渉の危うさ・安部... | トップ | 韓国ドラマの放送を止めて!... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国家の品格」カテゴリの最新記事