HILLCLIMB

力を入れてバイクを造り、力を抜いてバイクで遊ぶ

モールトンTSRの改造

2013-03-05 16:05:32 | Weblog
カタログにはモールトンTSRには、カンパケンタウル+ドロップハンドルのTSR-30がある・・・ようになっている。
しかし実際には日本にはほとんど入荷していない。
入ってくるのは分割式のTSR-9SP、たまに非分割のTSR-9FXという状況。


そのTSR-9は価格の割にパーツがしょぼいので、購入される方のほとんどが、なにかしら改造する。
その半分以上がドロップハンドルにしているんじゃないだろうか?



135mmエンドだったり、ロングアーチキャリパーブレーキなのが難点だけど、基本的にシマノコンポなら問題無い。
ただしシマノクランクのいかつさがモールトンにまったく似合わないので、普通はスギノの56-44Tを使う。

画像のTSR-9SPはシマノ105+スギノクランク+新規手組ホイール+ブルックスサドル+ノーマルステム加工などで、総額37万円程。
実はTSR-30よりも安くできるのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« カンパニョーロ 80周年記念コ... | トップ | 今日のHILLCLIMB »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事