テアトル十瑠

1920年代のサイレント映画から21世紀の最新映像まで、僕の映画備忘録。

スパイ・ゲーム

2002-09-26 | サスペンス・ミステリー
(2001/トニー・スコット監督/ロバート・レッドフォード、ブラッド・ピット)


 ロバート・レッドフォードの映画なんて何年ぶりだろう(ビデオですけど)。
 確かにシワは増えて昔の面影は薄くなっていたけど、演技スタイルはあんまり変わっていないように見えた。いや、少し年なりに落ち着きが見えたかな。
 共演はブラッド・ピット。かつては、監督と役者としてヒット作を作った二人だけど、この共演も見所。監督はトニー・スコット

 主演の二人は共にCIAのスパイで、レッドフォードのかつての部下がピット。そのピットがレッドフォードの引退(退職)の日に事件を起こして、中国(香港)で当局に捕まってしまう。実は、ピットを一人前のスパイに育て上げたのはレッドフォードだが、意見の食い違いから袂を分けることとなったという過去がある。

 映画は、このピットをいかに助けるかがテーマだが、CIAの上層部はピットの今回の行動が個人的なものであったとしていかに納めるかに神経を使い、場合によっては見殺しにしようとする。かたやレッドフォードはピットの行動の意味を知るに、実に大胆な方法で助けようとする。
 CIA上層部は、ピットの行動の意味を探るために過去の仕事をレッドフォードから聞き出そうとするわけだが、この過去のシーンが面白い。いかにしてスパイができるか、スパイの行動とは・・・が面白い

 さてこの結末は、勿論見ていない人もいると思うので言えませんが、私としてはかなり面白い部類に入ります。こんなんあり?という感もありますが、これ以上は言えません。

 かなり長い映画でしたが、メインの舞台は実はCIAの会議室だったんですよね。

・お薦め度【★★★★=友達にも薦めて】 テアトル十瑠
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千と千尋の神隠し | トップ | モンスターズ・インク »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (nocci)
2005-04-12 23:11:54
はじめまして、こんばんは。TBありがとうございます。こちらもTBさせていただきましたが、1回失敗してしまいました。お手数ですが削除して下さい。申し訳ありません。

この映画、期待していなかったので、よけいにおもしろく感じました。ラストでは思わず拍手したくなりました。

余談ながら、私は「リバー・ランズ・スルー・イット」が大好きです。
Unknown (souta)
2005-04-18 06:12:02
はじめまして、TBありがとうございます!早速こちらからもTBさせていただきます。

この映画、レンタルで観たのですが、アクションコーナーにあったので、違う期待をして観てしまいました。

でも、こういう頭を使ったスパイって、007やMI

シリーズよりも多少リアルな感じがして、結構面白いですね。

Unknown (映画のせかいマスター)
2005-06-02 07:59:46
こんにちは。こういう形で新旧のスターが共演するのは楽しいですね。こんなんあり感?は確かにありますが、良かったんじゃないでしょうか。レッドフォードの秘書役の人が好きでした^^
こんにちは (十瑠)
2005-06-02 08:15:52
ブラピを「リバー・ランズ・スルー・イット(1992)」で観た時、なんとまあレッドフォードにそっくりだなあと思ったもんです。

CIA内部のライバルとの駆け引きもスリルがあって面白かったですね。

コメントを投稿

サスペンス・ミステリー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

5 トラックバック

「スパイ・ゲーム」 (ぐーたら日記)
本日の映画 movie-28 「スパイ・ゲーム」 Spy Game 2001年米
『スパイ・ゲーム』レビュー (~365日映画生活~(ネタバレ含む))
スパイ・ゲーム(2001) 監督: トニー・スコット 出演: ロバート・レッドフォード(ネイサン・ミュアー) ブラッド・ピット(トム・ビショップ)他 ↓↓↓↓↓↓↓
スパイ・ゲーム #348 (映画のせかい2)
2001年 アメリカ 127分 新旧スターの共演。CIAのネイサン・ミュアー(レッドフォード)の定年退職の日に舞い込んできた元部下のトム・ビショップ(ブラピ)逮捕のニュース。ビショップを見捨てようとするCIA幹部らに反対し、救出をはかるミュアー。ずっと回想シーンが続く
『ディナー作戦、決行!』 ~「スパイ・ゲーム」 (取手物語~取手より愛をこめて)
困難な任務を数々遂行し今や伝説の存在と化したCIA工作員ネイサン・ミュアー。スパイとしては優秀だが、優秀なあまり、国を守る為、その行動はときに大変非情であった。 その彼が自らスカウトし育てあげたトム・ビショップ。
スパイゲーム(2001)~確かにブラピは優秀なスパイには見えない (EncycRopIdia ~漫画・映画・書評・グルメなどなど)
'''あらすじ'''  歴戦のスパイ・・・それは、冷戦の終結した現代も、世界に緊張が存在する限り、暗躍している。  そう、今の、この瞬間も。  CIAの伝説的工作員、'''ネイサン・ミュアー(ロバート・レッドフォー...