鳥撮り's blog

自宅周辺の野鳥を撮りためました

百舌鳥八幡宮秋祭り

2018年09月24日 | 野鳥

布団太鼓で有名な百舌鳥八幡宮の秋祭りが昨晩無事に終了しました。幸い

お天気にも恵まれ、多くのギャラリーの方にお越しいただき中百舌鳥町の

華麗で勇壮な担ぎっぷりをお見せできて満足の2日間でした。

また明日から来年の祭に向けてトレーニングです。

今回は中百舌鳥町の22日(土)宮入の様子をご紹介します。

     <小雨の降る中を太鼓蔵から布団太鼓を出しています。いよいよ担ぎ出し!>

  <310号線の北に向かう布団太鼓です。小雨のため、太鼓にはカバーかぶせています>

    <310号線から西高野街道に入ります。旧の街道は狭いので慎重に担ぎます>

<梅北町との境目の交差点から再び310号線を担ぎます。広い車道を担ぐのは快感です>

           <スモークがたかれ、いよいよ八幡宮境内への宮入です>

  <本殿前でおこなう「いやせ」(両手で太鼓をさし上げる)です。気合いが必要です>

 <私と、同じ年代の担ぎ手の2人です。昨年の夏はこのメンバーでハワイ島に行きました>

次回は宮出をご紹介の予定です。

コメント

コサメとミサゴ

2018年09月18日 | 野鳥

先週はオオタカでした。オオタカの撮影後、最近ミサゴがエサを探しに

やってきているという大泉池に移動しました。

すでに撮影している方が...。どうやらミサゴではなさそうです。お聞き

するとコサメビタキとのこと。このコサメ君、やたらと動き回り、ファイン

ダーに入れるのが大変でした。ミサゴ到着まで落ち着きのないコサメ君

に相手してもらいました。

               <人慣れしていないのか落ち着きのないコサメ君です>

しばらくすると西のほうからお目当てのミサゴが到着。青空背景に悠然と

その勇姿を双眼鏡で捉えました。若干羽根の先が傷んでいるような...。

               <お目当てのミサゴ登場です。青空綺麗です>

しばらく大泉池の上空を旋回していましたが突然水面に向かって急降下。

派手な水しぶきが上がり、しばらくしてミサゴが飛び立ちました。

                <見事に2尾ゲット。両手に花とはこのことですね>

なんと片方の足に1尾ずつ、計2尾の魚を捕らえていました。ミサゴにこんな

技があったとは驚きです。

   <ほくほく顔で飛び去るミサゴです>

まもなく恒例の百舌鳥八幡の秋祭りです。今年は9月22日(土)、23日(日)です。

中百舌鳥町の布団太鼓は22日の宮入が5番(16:50から境内運行)、23日の

宮出が2番(12:50から境内運行)です。今年も頑張って担ぎますので

中百舌鳥町の布団太鼓の勇姿を是非八幡宮境内でご覧下さい。

コメント

緑地にも秋の訪れが...

2018年09月11日 | 野鳥

2ヶ月ほどブログの更新をサボっておりました。この2ヶ月間に母が亡くなり、娘の

妊娠を知り、悲しいこと、めでたいことが交錯しました。

台風が過ぎ去り、ご近所にもその爪痕を残しましたが、緑地も例外ではなく、多く

の大木といっていい木々が無惨にも根本からひっくり返ったり、枝が折れたり大変

な被害です。大泉池の北側は桜がたくさん植えられていて、桜の季節には綺麗な

花を見せてくれたのですが、その桜もほとんどが倒壊しています。元に戻るには5年、

10年では無理なように思います。みなさん方もご家庭には被害はなかったのでしょうか?

今日は天気が回復して、久しぶりに緑地へ。到着すると頭泉池の西側ではオオタカ若

がカラスとバトルしていて、常連さんたちが撮影の真っ最中です。私も準備して撮影開始。

        <カラスとバトル中です>

                <カラスを気にすることなく悠然と飛んでます>

 <若が急に接近したのでパニックに陥ったアオサギです>

            <カラスが飛び去り、一休み>

しばらくバトルを繰り返したのち、若は南西の方向に飛び去りました。

とりあえず今日は今シーズン最初のオオタカ若の紹介です。

コメント

アジサイ最盛期

2018年07月03日 | 日記

鳥さんがいませんので、緑地のアジサイを紹介します。

大泉緑地にはアジサイの名所(?)として水流区や花と緑の相談所のある

中央花壇周辺があげられます。今回は主に水流区のガクアジサイを撮り

ました。レンズはCANON100mmマクロレンズを使用しました。撮影中は

体が微妙に前後左右に振れるのでピント合わせが大変です。ピントのある

範囲も狭く、呼吸するだけでピントがずれます。そのためシャッターは息を

止めて押すことになり、非常に疲れますがピントのあった写真は気持ちが

いいです。

 <アジサイの鮮やかさを際だたせるには背景が大切いうのは簡単ですが実際は...>

           <ハチが飛んできました。花とハチの両方にピントを合わせるのは難しい>

                 <味をしめてもう1枚>

コメント

雫たち

2018年06月17日 | 野鳥

雨上がりの頃はいろんなところに雫が見られます。特に花びらに付いたものを

マクロレンズで撮影すると、普段見ることのできない雫の表情を見ることができ

ます。

今回はショウブの花びらから落ちる雫、ショウブの花についた雫、羽化したトンボ

の体に付く雫を撮って見ました。太陽光線をうまく使うと(私も道に半ばですが...)

ハッとする光景を目にします。

                           <ショウブの花についた雫です>

     <羽化直後のトンボに付いた細かい雫です>

     <ショウブの花から落ちていく雫です>

コメント