鳥撮り's blog

自宅周辺の野鳥を撮りためました

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今日も元気なチョウゲンボウ

2019年12月09日 | 野鳥

緑地に向かう途中の金岡町で知り合いの農家の方と久しぶりにお会いし、米作りや

お多福豆の栽培などのお話をお聞きしました。この方(Kさん)はあの有名なミノルタ

に勤務され退職後は趣味で(?)農家をされています。カメラに詳しい方ならよくごぞん

じのミノルタα7700の設計製造に関わった方です。

ひとしきりお話を聞いた後緑地に向かおうとした時にKさんが「あれチョウゲンボウと

ちゃうか」と指さす方を見ると確かにチョウゲンボウが田んぼの杭にとまってました。

すぐに撮影機器を準備するもチョウゲンボウが飛びそうな気配でしたので、手持ちで

500mmでの撮影を始めました。どうやら2羽いて田んぼでエサ探しの最中のようです。

             <さすがに猛禽類の貫禄です。でもかわいい!>

                <左足でバッタをつかんでいるようです>

しばらくして2羽とも飛び立ちましたが、1羽が突然カラスとバトルを始めました。バトル

はおよそ10分間に及び、十分に楽しませてくれました。チョウゲンボウに感謝です。

            <体は小さいけれど、闘志むき出しのチョウゲンボウ>

              <カラスの臆することなく真横を飛んでいます>

                <国籍不明機に対応している自衛隊機のようですね>

             <急降下で逃げるカラスを追尾するチョウゲンボウ>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

久しぶりの緑地

2019年11月22日 | 野鳥

 久しぶりに緑地に行くと、常連さんたちから「生きてたんか」、「足ついてるか」と冷やかされ

まくりでした。 青空の雲の浮かぶ秋のいいお天気でしたが、鳥さんたちの活動が低調で、

これといった写真を撮ることができませんでした。常連さんたちと楽しく会話できたので

「よし」としよう。

             <モズです。アリスイのライバルでよくバトルします>

    <遠くにいたジョウビタキ♂です>

           <緑地上空を悠然と旋回していたミサゴです>

           <緑地の大池でフナやコイを狩る様子を見ることがあります>

 

コメント

柿畑の徘徊

2019年11月07日 | 日記

10月は家内が体長を崩し、緑地に出かけられず、全く鳥撮りができませんでした。11月に入り、

家内の体調もようやく元に戻ったようです。家内からは「私の体調不良の原因は、あんたがハワ

イ島から持ち帰った溶岩のせいや」と責められています。ハワイ島では溶岩や火山性の噴出物

を島外に持ち出すと火山の神ペレの怒りに触れ、災いが起こるという言い伝えがあります。迷信

とわかっていても人間はいったん迷い出すとこの原因をあちこちに求める弱さを持ち合わせてい

ますね。

今回は鳥撮りの画像が間に合わず、奈良県五條市の柿畑で撮った天体写真のご紹介です。3年

くらい前から時々天体写真を撮り始め、ようやく天体望遠鏡や赤道儀などの機器の扱いに慣れ、

ある程度満足できる写真を撮ることができるようになりました。写真のクオリティは上を見ればきり

がありませんので、自分なりに納得していますが、上級者の方から見れば「まだまだ」とお叱りを

受けるかもしれません。

       <アンドロメダ座の星雲>

 <北アメリカ星雲。赤い部分が北アメリカに形が似ています>

コメント

悪夢の軽井沢 後編

2019年10月25日 | 旅行

13日午前中に「星のや」から「停電の復旧の見込みがたたない」と連絡があり、急遽「星のや」

より紹介された「軽井沢マリオット」に移動。

              <普段は穏やかな小川が大変なことに...>

         <13日には天気が回復し、爽やかな秋の青空が見えました>

          <ほんの少しだけ紅葉も始まっています>

マリオットは特に台風や大雨の被害もなく通常の営業中です。停電のことをフロントで聞くと「停電

は星のや周辺のみ」とのことでした。全くついてませんね。

 

 <某政治家と某アナウンサーが挙式を上げた教会です。この日は中に入れませんでした>

「星のや」の部屋にはテレビがなく(沖縄の竹富島の「星のや」でも同様でした)、台風に関する情報

が全く入ってこなかったのですが、大きな被害が出ているのを知りました。テレビのない生活もたま

にはいいのでしょうが、今回ばかりは往生しました。

  <軽井沢駅前のアウトレットにある特産物の販売店です。タマネギスープを購入>

            <夕食は藤屋さんという洋食店でとりました>

          <藤屋さんで大きな海老フライの付いた定食を注文。美味でした>

一番ショックだったのは北陸新幹線が止まっていることで、家内とどうやって大阪に帰るかホテル

フロントの方やテレビなどからの情報収集に励みました。その後、北陸新幹線が臨時ダイヤで長野

~東京間を運行するとの情報を得て、14日早朝に乗車、東京から東海道新幹線で新大阪へ帰れる

ということで一安心。この日はゆっくり寝られました。

14日は軽井沢発9:56発の「あさま」に乗車し、無事に東京駅着。時間が少しあったので、浅草寺

周辺を観光して大阪に戻りました。

           <東京までは臨時ダイヤの9:56発ASAMAでした>

             <浅草寺の境内にて>

         <浅草寺参道付近の雰囲気のある扇を販売するお店>

        <メロンパンで有名な花月堂さん>

<生憎の天気にもかかわらず人気のお店です。お土産に6個買いました>

大変な秋の旅行でしたが、無事に帰ってこれて 何よりでした。大きな被害に遭われた

皆さん、心よりお見舞い申し上げるとともに早くもとの生活に戻られることを切にお祈り

いたしております。

コメント

悪夢の軽井沢 前編

2019年10月22日 | 旅行

10月11日から4日間を軽井沢で過ごそうということで家内と出かけてきました。 この期間については、

もうお気づきの方ももいらっしゃるとは思いますが、あの台風19号 が関東地方に上陸した日です。

11日の初日は伊丹→(JAL)→羽田→(モノレール)→東京駅→(北陸新幹線)→軽井沢と順調でした。

すでに台風の影響で雨が降り始めていたので、この日は滞在先の「星のや軽井沢」の周辺のハルニレ

テラスを散策しただけでした。

                 <夕刻のハルニレテラス>

              <パン屋さんのSAWAMURA>

         <SAWAMURAで買ったシナモンロール。なかなかの味です>

               <ワインやサラダなどを取り扱うお店です>

翌12日は午前10時頃から突然の停電!。軽井沢全体の停電ではなく「星のや」周辺だけとのことで

すぐに回復するらしいという情報をホテル側からもらっていたので特に心配はしませんでした。ところが

お昼を過ぎ、夕方になっても回復しませんでした。

                    <星のやの朝食です>

            <きのこ鍋です。8種類のキノコが入っているとのこと>

     <きのこ鍋を食べ終わった後に残ったお出汁をご飯にかけると何と美味なこと!>

部屋では冷蔵庫、照明はもとより、携帯電話も基地局がダメらしく、自宅との連絡もできない状態です。

家内がもってきたiPadがわずかに基地局(直近の基地局ではなくかなり離れた基地局だと思います)

からの電波を拾うものの、電話が使用できず、きわめて短い文章のメールで自宅とやりとりができる

ことに気づき、ようやく「無事」と連絡できました。このメールも送信ボタンを押した後、5分ほどたって

から送信が行われる状態でした。 「星のや」のメイン電源も落ち、廊下、レストランの照明もダメとなり、

懐中電灯やろうそくを使い照明に使う状態でした。予約しておいたせっかくの夕食も懐中電灯を照ら

して食事をとるという状態。

              <予期せぬキャンドルサービスでの夕食>

            <夕食。普通に食べれたら美味しかったろうに...>

 <懐中電灯の上に水の入ったペットボトルを置くと明るいですよ>

 

 

 

 

 

部屋からレストランに移動するのも通常は車でのお迎えがあるのですが、星のや敷地の

 

道路が倒木で車が通れず、徒歩での移動となりました。夜10時を過ぎ、外はさらに強い

 

雨と風が吹き荒れています。

 

 

              <電池の消耗を考え、自作したサラダオイルろうそく>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント