"情熱”野球大陸

中学硬式野球「柏崎リトルシニアリーグ」30番のブログです!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ラストブログ

2016年11月30日 | 中学硬式野球
ご無沙汰しています。
いきなりですが本日をもってこのブログは終了させていただきます。
そして11月30日をもちまして柏崎リトルシニアの監督を退任します。

体の続く限りプレイヤーとして野球をやりたいという野球人生を描き、
現役時代は国体、天皇杯など全国大会を目指して1年1年勝負してきました。
40歳を過ぎたら国体壮年の部(今はマスターズ)で…と思ってプレイしていました。
2003年秋の町内野球に参加後に、現柏崎シニア会長からコーチの打診がありました。
現役を続けながらということでコーチとして1年が経過。
その翌年監督にということで現役引退を決断しました。
監督としては12年このチームでお世話になりました。
この間に大地震を2回経験。
中越沖地震では練習会場もなくなりホームステイや遠征などで県内外のチームにお世話になりました。
監督1年目は2年13人、1年生0人で翌年チーム解散かと思いました。
全国選抜大会への出場権を獲得していたことも追い風になり、その後1年生、6年生が入部してくれてチームは存続。
入部者の多い、少ないを繰り返しながらも、今では3学年で35名のチームになりました。
日本一を目指すぞ!…と言っても最初の頃は選手もピンと来てない感じ。
柏崎から日本一なんて無理~みたいな雰囲気。
まさに「井の中の蛙大海を知らず」この言葉通りのチームだったと思います。
遠征や他チームでの練習方法などマネして、良いと思うことはすぐにやってきました。
そしたら全国大会でも勝てるようになり、選手の目の色が変わってきたように思います。
選手の口からも「日本一」「全国制覇」という言葉が出るようになってきました。
やはり言葉に出して「有言実行」に結び付けていくことは大切です。
この13年間で全国大会には18回出場、最高成績はベスト16でした。
「柏崎リトルシニア日本一」の夢は今後に託します。
選手と共に戦い、喜び、泣き、たくさんの感動をもらった13年間でした。
監督しての12年間は毎週火、木、土日祝日の全体練習、長期の休みは年末年始だけという1年の流れを変えずにやってきました。
やっぱり野球が好きなんですね。歳はとっても野球好きは子供も大人も関係ありません。
1度だけ一週間ほど入院、昨年は足をケガしましたが、ここまでやってこれたことに感謝です。
スタッフ、事務局、審判、保護者の協力なしではできませんでした。

最後になりますが、今までお世話になった皆様に感謝します。
ありがとうございました。
今日は水曜ですが最後の練習があります。
先々週は選手の前で大泣きしたので今日は笑顔で終われればと思います。
それでは。
コメント

社会人野球日本選手権はヤマハ優勝

2016年11月10日 | 社会人野球
社会人野球日本選手権はヤマハが優勝して閉幕。
MVPには新潟県出身で巨人ドラフト4位の池田投手(出雲崎中~新潟明訓~専修大)が受賞。
社会人野球最後の大会で日本一、MVP、最高の形でプロ入りとなる。
準決勝では日本文理が甲子園決勝で激闘を演じた時のエース伊藤投手(関川中~日本文理~東北福祉大)がナイスピッチング。
6回から登板して無失点で決勝進出に貢献。
2投手ともに肘の故障を乗り越えての快投である。
新潟県人の活躍は嬉しい。
中学生には社会人野球と言ってもなかなかピンとこないかもしれない。
でもそういうことを伝えていくことも我々の役割だとも思う。

野球シーズンも残り数日で終わる。
プロ野球、社会人野球が終わった。
残るは今週末から開幕する明治神宮大会。
高校の部、大学の部があり神宮球場で行われる。
この大会の注目選手はやはり早実の清宮選手だろう。
大学の後輩のジュニアもベンチ入りしている。
大学の部はドラフトで4人指名された明治大学、桜美林大学の佐々木投手に注目だ。
私が注目しているのは上武大学。
毎年ベスト4に進出してしぶとい野球をやる。
スタンドで観戦している部員の応援は間違いなくナンバーワンである。
今年はテレビで観戦だ。

昨日はアラレの降る寒い一日だった。
風邪引かないように注意したい。
それでは。

コメント

お久しぶりです

2016年11月07日 | 中学硬式野球
久々の更新です。
言い訳だがいろいろと忙しかったもので…
長男は大学最後の秋季リーグ戦が終わった。
高校時代は最後の夏の大会を観ることができず高校野球が終わった。
負けた日の夜涙声で電話がきたことを今でも覚えている。
その悔しさがあったから今があると思う。
私もこの4年間神宮に行ける時には行った。
学生野球が終わり次は社会人として頑張ることを期待したい。

高校野球では日本文理が北信越大会準決勝で敗れセンバツ甲子園の道が閉ざされた。
5点リードしての逆転負けはもったいなかった。
OB1人がベンチ入りしていたので期待していただけに残念。

社会人野球日本選手権ではOB金沢君が富士重工で出場。
初戦守備固めでセカンドに入っていた。
レベルの高い社会人野球でレギュラーポジションを獲るのは大変だが頑張って欲しい。

我がチームは11月までしかグラウンドが使えないので週末はOP戦と練習。
9/30NGMシニア、昨日は3会場でOP戦だった。
あと1ヶ月もすると雪が降ってくる。
今週末は新潟シニアグラウンド改修杮落し、日曜は卒団試合だ。
卒団試合は私も出たいと思っている。
昨日は長岡東3年生とうちの3年生で試合を行った。
久々に全員の顔を見た。
半年後は高校球児だ。
目標をしっかり定めて頑張って欲しい。

佐藤池球場では柏崎工業、中越が試合していた。
OB達も頑張っている。
それでは。
コメント

プロ野球ドラフト会議

2016年10月22日 | プロ野球
運命の一日。
プロ野球ドラフト会議が20日行われ新潟県から3名の選手が指名された。

県内大学から初めてのプロ野球選手誕生!
新潟医療福祉大学の笠原投手が中日4位。
新津高校から医療福祉大に進学して素質が開花。
全日本大学合宿にも参加するまで力をつけての指名。

柏崎の隣町出雲崎町からプロ野球選手誕生!
ヤマハの池田投手が巨人4位指名。
新潟明訓では甲子園ベスト8、専修大学ではエースとして活躍。
ヤマハでも今年は常に大事な試合を任され都市対抗出場。
何と言っても池田投手の妹さんは我が家の二女と高校時代バレー部の同級生。
昨日の新潟日報にはご両親写真入りで記事が載ってた。

育成ドラフトでは巨人にアルビ新潟から高井投手指名。
柏崎出身の前川投手の指名はなかった。
来年の活躍次第では指名の可能性があるかもしれない。

注目すべきは笠原投手、池田投手を育てた佐藤監督の手腕である。
高校から大学の指導者に転身されて同時に2名のプロ野球選手の誕生。
新潟医療福祉大学野球部1期生がプロ野球選手誕生ということで後輩も励みになる。
新潟に残って頑張ろうという高校球児も増えるのではないだろうか。

昨日のスポーツ新聞にはもう来年のドラフト候補が載ってた。
早実清宮選手、東大宮台投手に注目が集まるだろう。
清宮選手はプロではなくまずは大学に行って欲しいというのが私の願望。
スーパースターの存在は国民を熱狂させてくれる。
まずは大学で神宮を超満員にして欲しい。
我がチームOBの名前もあった!
高校で体も大きくなり楽しみだ。
この冬の頑張り次第だろう。

今日は体験練習会。
朝から気温が低く寒い。
ホットカーペットで寝るのが気持ちいい。
それでは。

コメント

新潟ブロック新人大会準決勝敗退

2016年10月11日 | 中学硬式野球
来春の全国選抜大会を目指し挑んだ準決勝新潟シニア戦は1-3で敗れた。
初回の3失点で負けてしまった。
フレッシュマン大会、秋季大会、新人大会とすべて準決勝で敗れ3連敗。
同じ相手に3回も負けて悔しいの一言である。
左投手を想定して練習してきたが相手Pの方が上手だった。
左打者6人が並ぶ打線も左好投手が多い新潟ブロックでは考えなければいけない。
試合を作れるエース、打線の核となる4番、やはりエースと4番がこのチームの課題だ。
昨日も練習だったが学年関係なく競争してレギュラーを目指して欲しい。

プロ野球はクライマックスシリーズが始まり明日から日本シリーズ出場をかけた戦いが始まる。
練習が終わり帰ったら延長戦に突入しテレビに釘付け。
巨人は澤村投手のアクシデントが痛かった。
広島有利だが勢いのある横浜も面白い。
高校野球も地区大会が始まり優勝校は明治神宮大会出場となる。
今週末の北信越大会には日本文理、村上桜ケ丘、関根学園の3校が出場。
日本文理にはOB1名がベンチ入りしているので期待したい。

今週末は新人大会敗れたため六大学野球に行ってくる。
長男も秋季リーグ戦残り2カードとなった。
明治が早稲田から勝ち点を奪うと優勝が明治と立教に絞られる。
早慶戦まで優勝が決まらないように頑張って欲しい。

今日はナイター練習。
2日間雨で思うような練習ができなかったので今日は紅白戦。
新生現る…を期待したい。
それでは。


コメント (2)