10×7WD

バイクと空冷RRと4輪駆動車を楽しむ。10輪7駆生活

ハーレーのレッカー移動

2019年11月25日 | HARLEY-DAVIDSON

 以前から何度かハーレーのアイドリング不調に悩まされていた。

2010年モデル FLTAX です。

 

何かの拍子にエンジンチェックランプが点灯し、

アクセルをひねってもエンジン回転が上がらなくなる症状。

 

突然やってくるので実に恐怖。

 

今までに2度 右折待ちで突然アイドリング地獄に陥ったことがあります。

対向車が途切れた瞬間「今や~」って右折を開始するも

エンジン回転がアイドリングから上がらず

トロトロ右折・・・対向車が迫ってくる。

 

ほんと、恐怖です。

 

出力が出ないので立ちごけしそうになります。

それに坂道発進は不可能です。

 

 

車検のタイミングだったので、入庫の際

チェックをお願いしたのですが、

その時には症状が出ず、トラブル履歴に記録されていないそうで

どこが悪いかわからずに修理のしようがなかった。

 

一旦エンジンを切り、再始動すると嘘のように復活するので

だましだまし乗っていました。

 

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 この日は長男と一緒にツーリング

 古~いトライアンフで前日もアクセルワイヤーを

ゴソゴソいじっていた。(ぶらぶらになっているとかで)

 

大丈夫かいな~と、思いながら

お互い快調に走っていると・・・

 

あれ?

大した坂道でもないのに失速していく。

・・トライアンフではなく私が・・・

アクセルふかしてもスピードが落ちてくる。

 

停車してみると、アイドリングから回転が上がりません。

スロットルが反応しない状態です。

 

あー 久しぶりやなー と、思いながら

再始動

あれ? 復活しません。

 

再々始動を試みるもいつもとは違い

全く改善しません。

スロットルが反応しない。

 

しばらく休憩してからエンジン始動

やっぱり無理。

 

久しぶりに赤いラーメン食べてから

滋賀方面にツーリングの予定でしたが

木津市加茂町に入ったあたりで立ち往生。

 

ラーメン店まであと少しなので

のんびりラーメンを食べながら、

自己治癒に期待。 (バイクにそんな能力はありません)

 

 

40年前のトライアンフではなく

私の10年前のハーレーがトラぶるとは・・・情けな~

 

 

とりあえず、らーめん殿のスタミナラーメン。

カプサイシン効果抜群の真っ赤なラーメン

 

これ食べて元気を出しましょう!

 

バイクも元気になればいいのに。

 

のんびり食べ終わり

さあ、始動・・・

ダメです。

今回は何度やり直してもスロットル反応せず。

 

滋賀方面には行けそうもありません。

 

 

気合と根性で

アイドリング走行にて地元に帰る。

 

平地ではなんとか50km/hで走行できるけど

坂道になると30km/hまで落ちてしまう。

 

気持ち悪いのか端によっても後続車が追い抜いてくれません。

気疲れしてしまった。

 

坂道発進も出来ないのでルートを選びながらなんとか帰れた。

 

エラーコード P1511

制御モードに入っている証。

 

P2135

スロットルセンサー受審せず

 

P2176

スロットルボディー異常

 

履歴が残っているし

症状もでているので、原因がはっきりするでしょう。

 

これ なんやろ?

 

 

長くバイクに乗っていますが、レッカー車にお世話になったのは初めてです。

ディーラーまで20km足らずなので、

なんとか自走しようと思いましたが

ディーラーに止められました。

「危険です。レッカー車で入庫してください」(きっぱりと)

そりゃそうだ!

 

今度こそ完治するといいな。

 

 


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ワーゲンの集い2019深山公園 | トップ | ハーレー アイドリング不調 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
原因不明 (バルちぁん)
2019-11-25 18:52:10
「ありゃまあ」としか言いようにならなくて、ごめんなさい。

たぶん配線コード系からの電気系統っぽい気がするだけです、素人判断。

あがらない、スロットル。
停止する、電気系統。
ふたたび止まる、点火系統。

うー想像だけですみません!!
Unknown (ピィ)
2019-11-25 20:45:13
お店に持ち込んで症状の再現がないというのは結構困ります。
ここまではっきり症状が出ると、トラブルは確実に証明できているので、きちんと直してもらえる期待が持てますね。

>>自己治癒に期待
ヤマハにかつて「オイルポンプ問題」というのがあって、出先でエンジンがかからなくことがありましたが、エンジンが冷えると一旦は改善するので期待できましたよ(笑)
バルちぁんさんへ (7駆)
2019-11-25 21:29:50
ありがとうございます。
結局、センサーの接触不良だったようです。
湿気と熱で錆びが出ていたとか。
とりあえずは復活しました♪
ピィさんへ (7駆)
2019-11-25 21:32:32
ありますよね。
バイクの自己治癒力。
ちょっと休憩している間に
冷えてリセット・・みたいな。

今回は症状が出た状態で入庫できたので
ばっちりです!

コメントを投稿

HARLEY-DAVIDSON」カテゴリの最新記事