OLD WAVE

サイケおやじの生活と音楽

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

じゅんとネネはコピーもイケる

2017-12-11 17:44:29 | 歌謡曲
愛するってこわい / じゅん&ネネ (キングレコード)

先週の土曜日の夜、某宴会に出た後は吉例、そのまんま流れて遊んでしまったサイケおやじが思わず、うっと呻いてしまったのが、ある店で接したじゅん&ネネの物真似芸でして、演じていたのはそこに入っているホステスさんの二人組らしいんですが、これが実に本家の芸風をきっちりコピーしつつ、当然ながら大袈裟感も憎めないという味わいの濃さが感動的でさえありました。

で、もちろん披露されたのは、じゅん&ネネが昭和43(1968)年に大ヒットさせた、本日掲載のシングル盤A面収録のデビュー曲「愛するってこわい」でありまして、作詞:山口あかり&作曲:平尾昌晃、そして編曲:小谷充が企図し、じゅん&ネネがそれを見事に表現した、あのネチッコイ節回しと演歌系歌謡ポップスの魅力が、きっちりコピーされていたのには吃驚仰天♪♪~♪

久々に心からの笑いと拍手に満たされた自分を感じてしまったですよ♪♪~♪

う~ん、世間には例えばビートルズやストーンズ等々の有名スタアグループの歌と演奏を完コピするハコバンが幾つも存在しますし、有名歌手や俳優の物真似を演じる芸人も活動しているのですから、じゅん&ネネがそれっぽく演じられていても不思議じゃ~ないんですけどねぇ~~、なんだかそれゆえに目からウロコだったんでしょうか、とにかくこ~ゆ~のは好きだなぁ~~~♪

なにしろ雰囲気からして、あのネコとタチの佇まいをきっちりと滲ませてくれましたしねぇ~~♪

ということで、いよいよの宴会シーズンには「芸」が必須であるとしたら、それなりの努力の中には演目に対する認識とある種の「愛」が必要な気がします。

つまり好きじゃ~なかったらやれないのが「芸」の基本姿勢なのかもしれませんねぇ~~。

最後になりましたが、物真似芸ってのは元ネタを知らないと楽しめないのが当然ですから、幅広い年齢層が集う宴会では、相当にウケを狙うのが難しいという現実を付記させていただき、本日は失礼致します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« やっぱり熱いぜっ、ストーン... | トップ | 八重歯と白いセーターのルミ子 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歌謡曲」カテゴリの最新記事