86 Hello YouTube !

Special Visual MessagesForYou!!

BS 4K 12月1日土曜午前10時 本放送開始

2018年11月27日 | Weblog

さぁ、いよいよBS4K本放送が今週土曜日からスタートする。

電気店店頭で見る限り4KTV、本当に華麗というか、きれいだ。

細かい画面を見ていると自分の視力が向上したように感じて

、本当に気持ち良い感覚にとらわれる。4K仕事はきついのに。

8Kや一部CSの4Kは衛星からの電波が逆回転らせんなので既存のBSシステムの

アンテナでは見れないが、メジャーキーネットの放送網は正回転なので

いままでの設備のバラボラアンテナ設備で見れるらしいので、

さっそく見て見ることにした。4kのチューナー付きのレコーダーが来た。

現在は各社テストパターン状態だが日テレだけは電波がない。

そこだけ一年遅れるそうである。金がかかるからかもしれない。

今放送番組で分かっているのは小田和正のクリスマス番組の過去二年分が

放送されるらしい。あと映画では日本の三大巨匠のものが放送予定らしい。

三大巨匠監督って?黒沢さんは判るが。????

4Kモードのままでブルーレイに焼くと1枚につき1時間 30分しか収まらないらしい。

長編ものは分割させるか画質を二倍くらいに落とすかないかも。

そうすると4Kではなくなるが、技術的には遜色なしに見れるかもしれない。

そのくらい技術的には進歩していると思う。日本のレコーダー技術は素晴らしい。

ただ現在は4Kチューナーは一基しか搭載されてないので裏番組は録画できないのが難点だ。

いずれ出ると思うが、噂ではHDに二番組録画は4Kでは難しいとの情報もあるが定かではない。

注意としては4KTV付属のHD録画は4Kモードではなく2Kモードらしい。

4Kチューナーも録画は2Kらしいので、よく調べてからの方がいいかも。

要はその辺のメーカー規格が統一されてないのだ。

現在のテストパターン放送を見る限りでは一部局信号にブロックモザイクノイズが発生している。

N??とTB?FUJ?がタメたが、これは数千円のBS専用ブースター、単三乾電池を一回り大きくしたような

ちゃちなものだが、そいつをアンテナ線と機器の接続端子の間にかませるとOK牧場となった。

デジタル電波なので機器の真際手前でも十分に満足な効果は出る。野外で付けなくて大丈夫に思われる。

あくまでも野外のパラボラ本体がちゃんと南東の12時の太陽の方向に正確に向いていて

パラボラで最大のゲインを稼いでいるのが条件になる。正規の8K4K用のパラボラアンテナでは

ブースター不要かもしれないが試していないのでわからない。

4KTVは、自宅にないが、気を付けたいのが意外と電気を食うようだ。

現在では40インチが最小で100Wくらい。45インチ50インチで160から180Wも消費電力がかかる。

有機ELTVの消費電力はさらにえげつなく一般の液晶TVの二倍の消費電力がかかるので、

販売店ちらしでも表示なんかされてない。そりゃぁそうだ。メーカー販売店とも

性能がいいとうたい文句の有機ELTVを売らんかなとして宣伝してく上で消費電力はタブーだろう。

だからチラシに表示なしだ。

まぁそれだけの高価なTVを買うユーザーには電気代なんか気にしないだろうからナンセンスな話かも。

耐久性と焼き付きが起こりやすい有機ELディスプレイは好きではないね。普通の液晶で十分かもね。

それでも消費電力は以外と多くなるようだ。あくまでも32インチ以下の普通の液晶TVとの比較だが。

たこ足接続は火災の原因となるので厳禁だろうね。

余談だがひと昔主流のプラズマディスプレイだと40インチで390Wの消費電力で

不経済がすたれた原因かも。映像の反応速度は液晶よりもはるかに速かったけど。

色もクセがあったようだ。赤かどちらかといえば朱色になる。

そうそう最新の4Kブルーレイレコーダーは消費電力28Wだ。

TV、レコーダー製品がそろわないのもまだ規格ですったもんだしていて

まとまらなかったのも原因の一つだったかもしれない。

ある種、見切り発車の4K本放送開始かもね。

ここまで丁寧にしゃべる電気店店員もいないだろう。????

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ネット・オークションでのCD。 | トップ | BS 4K 新番組あれこれ。 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事