86 Hello YouTube !

Special Visual MessagesForYou!!

消臭剤カセットの危険性

2018年12月18日 | Weblog

周知の火災事故原因は消臭剤カセットボンベの室内充満引火事故らしいが。

昔は不燃材として、フロンガスが利用してたが、フロン不使用になり、

可燃性ガスが使用されるに変わったらしい。

LPガスは匂いが付けられているが、今回消臭剤なら当然無臭の可燃性ガスとなろう。

したがってユーザーもこちらも、今までこんな有燃材があろうとは思わなかった。

今回本当に再認識するに至って大掃除季節のこのころ参考になった。いい教訓になった。

 

札幌市豊平区でスプレー缶爆発事故 ニュース

https://www.youtube.com/watch?v=YrmYRllLkec


爆発の原因は"スプレー缶"? 専門家

「爆発だけではここまでの大規模被害出ない」

 札幌市 (18/12/17 18:20)

https://www.youtube.com/watch?v=UzbdtMP2jYE


いったいなぜ? 42人重軽傷のガス爆発

「100本超のスプレー缶だけでは…」

専門家が検証 札幌市 (18/12/17 

https://www.youtube.com/watch?v=s1IZsCDyook

ガスボンベだけでというコメントがあるが、

結果として、これだけの被害が出たということから、

よく車のエンジンで言われているが空燃比という比率。

混合気と空気の割合がたまたま爆破の最大値だったかも。

空のガソリンタンクでも危ないとよく言われている。

不動産屋の可燃性ガスの充満した部屋が

エンジンのシリンダーの役目をしていたかも。

とにかく気をつけないといけないようだ。

関西の自治体でもゴミ出しの使用済みのカセットガスボンベは

穴を開けずに使い切ってから出せに変わったのだが、

その理由がはっきりしなかったが、今回の事故で理由が判った。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 4KTV視聴の同軸ケーブル | トップ | DA PUMP / U.S.A. と ????? »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事