86 Hello YouTube !

Special Visual MessagesForYou!!

ネット・オークションでのCD。

2018年11月01日 | Weblog

ネットオークション。利用方法にもよるが、

格安にCDが買える。昔はレーザーディスク一辺倒だったが

2000年からは新規ディスクは販売されていないので、ほぼ

クラップのまま保存している。当然機器も数台保有はしている。

プロユースの音源に使えると思ったが、実際はそうでなく

JAS????登録がなされていないと使用不可らしい。

輸入盤には海外のそういうのが登録されてなければ

ならないし、そこへ更にJAS????と包括契約が協定されてなければ

使えない。だからプロユースの音楽音源となるとCDになり、

更に、そこに、JAS????マークが印刷されてなければならない訳。

著作権等の権利関係は本当にシビアーのようだ。

CDのかき集めとなるとネット・オークション利用が、本当に便利。

短時間に多くの優良な音源が集められる。更に、

オークション価格や取引実績価格を見ていると、

本物のアーティストの実力が見て取れるが、必ずしも正しいとは言えない。

はっきり言ってファンは節穴と思われるが、仕方ないことかも。

というのもアーティストすべての楽曲をきいているはずもないので

通り一遍の評価しかできないようだ。数多くのアルバムを聴くと

ちょっと違った価値観にもなるが、こちらもすべて聴いているわけではないので

しょせん、通り一遍状態は同じか。そこでリスナーには、いいと思われる

楽曲をぶつけたいというか、聞かせたいものだ。

その反応でそのアーティストの真価を問いたいと思っている。

つぎの世代にどういう音楽が残るのだろうかという疑問・興味だね。

一か月で数百曲にわたる音源CDを集めたが、値を見ると

もてはやされた時期を過ぎれば、ほぼ二束三文状態。

けど、いいのは値崩れしない。そこだねアーティストの値打ちは。

集めたおかげで、毎日文化的には楽しく過ごせている。

思うに、心の健康を保つのも疾病予防には大切かと思うね。

これからも好きな音楽、当然CDは大切にしたい。

そうそう、数えきれないゴミくずレーザーディスクもね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 社会奉仕と個人的傾向。 (硬... | トップ |   

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事