東京日記
「テクノロジーを親しみやすく」を掲げ、静岡県焼津市と東京秋葉原を拠点に活動するIT企業経営者松田敏孝の日記です。





実は昨日のことだけど、静岡トヨペットの大石さんと中電オートリースの高田さんが納車で来社してくれていました。どうもありがとうございます。


今日の朝、総務部長の大橋さんと焼津神社にいってお祓いをしてきました。


祝詞をあげていただいている間、「この車にふさわしい、立派な会社になれるようにがんばります」と誓っていたのでした。



ぼくらの世代だと「いつかはクラウン」というコピーが耳に残っていると思うけど、だいぶイメージは変わってきていますね。

自分はどちらかと言えばスポーティーな感じの車の方が好きだけど、自分の中で「クラウンもいいかも?」って思いだしたのはこのCMを見た頃からかな。 → https://youtu.be/zJqcD_uNt_c

これ、何年前だろう。以前は「社長が会社のトップ」って感じだったけど、この頃から明らかに変わってきたと思う。大手企業ではホールディングスとかカンパニー制が広がり、「社長は大勢いる」人になったし、昔の社長みたいに威張るイメージはなくなってきて、リーダーというか、社員のモチベーションを上げていく人、みたいなイメージになってきたよね。そんな「新しいタイプの社長のためのクラウン」みたいな印象に変わって、自分が「新しいタイプ」かどうかは置いといて(笑)「乗ってみたいな」って思うようになりました。

それから数年たっていると思うけど、ちょうどタイミングがきたみたいで、納車の運びになりました。これから社員のみんなもぜひ活用してほしいです。遠くへ出張(今はコロナ再来で行きにくいけど)とか、ラクだと思うし、快適ですから。今の気持ちは、とてもうれしくて、サンロフトがこういう社用車をもてたことを素直に喜びたいと思っているのでした。お世話になっているお客様、ビジネスパートナーへの感謝の気持ちを忘れずに。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 映像制作・動... 豊かな食材に... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。