東京日記
「テクノロジーを親しみやすく」を掲げ、静岡県焼津市と東京秋葉原を拠点に活動するIT企業経営者松田敏孝の日記です。





サンロフトで毎月1回行われる「斉藤塾」。船井総研の斉藤さんが、ビジネスに効く最新情報を届けてくださいます。もうかれこれ3年くらい続いているのかな。サンロフト社員にはとても貴重な時間で、いつもこの後、お客様に共有して回るんだけど、「もうこの際、近くのお客様なら来社いただいて、一緒に聴きませんか?」ってことになりました。急な呼びかけでしたが、今回はサンロフト以外で2社3名の方がご参加くださいました。

あくまでも社内イベントなので、さしたるおもてなしはできませんが、まずはなにより貴重な情報を一緒に共有できるのがいいですよね。これからは「TV会議で聴きたい」ってお客様にも応えられるようにしていこうとか、いろいろなアイデアがでています。


今回のテーマは「デジタル時流予測2020」。メッチャ参考になりました。少しだけ教えちゃうと、これからのキーワードは

人時生産性の向上

    ・人時生産性=粗利÷総労働時間
    ・いかに少ない労力で最大の粗利を稼ぐか

これです。企業である以上、こういう指標から逃れることはできません。ただ、これを目的にしない、あくまでも目的は

テクノロジーを親しみやすく & 明るく夢のある情報化社会の実現

その結果もたらされるものは

社員の成長と幸せ → 会社の成長と満足度の向上 → お客様の成長と満足度の向上

です。そのことを実現していくためのひとつの指標として、人時生産性の向上を目指します。他にも気づき満載の講演でした。斉藤さん、いつもどうもありがとうございます。

来月以降も斉藤塾は開講していきます。参加したい方は遠慮なくおっしゃってくださいね~ ( ´ ▽ ` )ノ 。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« バスツアー de... 今日はキャベ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。