東京日記
「テクノロジーを親しみやすく」を掲げ、静岡県焼津市と東京秋葉原を拠点に活動するIT企業経営者松田敏孝の日記です。




夕方、H君が訪ねてきてくれました。大手SIerで30何年間、一貫して
業務系SEとして勤めてきました。業務システム開発のプロ中のプロです。
本当に頼りになるビジネスパートナーです。

実はこの3月で定年退職されるとのことで、挨拶に来てくれたので、
気持ちばかりですが、花束を用意させていただいたのでした ( ´ ▽ ` )ノ 。

実は、H君とは小学校(焼津南小学校)時代の同級生です。だから
今日も呼ぶときはお互いに苗字呼びづて。こういうのもありがたいです。
これからの業務システム開発の展望や汎用機で開発していた頃の懐かしい
話しとか、あっと言う間の2時間でした。まさしくプライスレスの時間でした。

うれしいのは、思い出話は30%くらいで、70%くらいは、これからの仕事の
話しができたこと。60歳になった同級生が、「これからの業務システム
開発は、こうだから、こんな感じで仕事をやろー!」って、話せるなんて
奇跡的。それも、話していた内容は、自分でいうのもアレだけど、かなり
新しい。エンドユーザーのためにもなり、市場としても広がる話しです。

本当にうれしかった。小学校時代もさんざん悪さしてきたけど ( ´ ▽ ` )ノ
いい歳して、もうひと花、あばれてやりましょう。今日は、ありがとう。
これからますますよろしくね!!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« SaaL(シ... 白熱ミーティ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。