東京日記
「テクノロジーを親しみやすく」を掲げ、静岡県焼津市と東京秋葉原を拠点に活動するIT企業経営者松田敏孝の日記です。





このブログではワリと何回か書いてきたSIVC(静岡・イノベーティブ・ベンチャーズ・クラブ)。監査法人トーマツさんの静岡事務所が中心となり、県内のやる気のある経営者たちが集う勉強会です。2ヶ月に1回くらいのペースで静岡駅前のトーマツさんの会議室に集まり、勉強会と参加企業の決算発表を行い、その後は会食をするのが一般的だったけど、ここ最近はずっとZoomで自宅からの参加になっています。

毎回、マジで勉強になるけど、今日も勉強になりました。自分もそれなりにチャレンジしていい会社、事業の拡大を目指しているけど、ここで参加している人たちの取り組みを聴くと「自分は何もしていない」って思えるほど、みんな挑戦している。今日のお話しを聞いていて気になったキーワードは

・ホールディングス化
・M&A
・借入金の個人保証解除

実はサンロフトでも、まさに取り組んでいることだけど、ただ違うのはその規模とスピード。サンロフトはよく言えば一つひとつが丁寧だとは思う。だけど、これだとスピードは出ないかな。参加している皆さん、年齢的にも若くて経営者として脂がのりきっている感じ。数字にも強いし、決断が早い。社長が決断して、会社をグイグイ引っぱっている感じがする。それからするとやはり自分は年齢的にもやや上で、アクティブさに欠ける。会社運営も、案外これで合議制っぽい。今、最も注力していることは

・システム開発の技術力強化

そのために取り組んでいることは

・エンジニア・デザイナーの専門性を高め、品質を高めること
  −販売管理など、基幹系システムの開発に特化
  −Webシステム開発のデザインも含めたフロント系システム開発に特化
  −Webシステム開発のデータベースも含むバックオイフス系システム開発に特化

・ベトナムパートナー企業との連携し、ソフトウェア生産力を高めること
  −要件定義、設計ドキュメント整備、受入テストの体制強化
  −テレビ会議を多用して、製造部分はベトナムのパートナーに委託、規模拡大
  −ベトナム人SE1名常駐で、設計〜製造のコミュニケーションレベルを上げる
  
ということに全力で取り組んでいる。今はまだ期の途中(3月末まで)だし、多分来期(4月〜)もこの方針でいくことは変わらないと思う。あとはM&Aによる事業拡大戦略。ここは役員と事務方がよりアクティブに動いていけばスピードも上げられるはず。今日の気づきを活かして、さらにいい会社作りに邁進していきたい。いいグループで学べていること。いい仲間に恵まれていることに感謝。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 渾身のグルー... ついに実現し... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。