東京日記
「テクノロジーを親しみやすく」を掲げ、静岡県焼津市と東京秋葉原を拠点に活動するIT企業経営者松田敏孝の日記です。




ゆっくり、いそげ」という名著がありますが、その舞台となった
「クルミドコーヒー」というカフェが立川駅の2つ手前、西国分寺駅から
スグのところにあります。本の著者である影山知明さんが経営されています。

今日は八木さんと東京の立川出張だったのですが、時間が少しあったので、
中央線 西国分寺駅で下車し、クルミドコーヒーに立ち寄ってコーヒーを
一杯いただく、という時間に恵まれました \(^o^)/ 。



噂どおりのとても素敵なカフェです。

資本主義経済が進展する中で、多くの人たちが忘れてしまったり、見落として
いることを気づかせてくれる本であり、そういった現代社会の矛盾点を解決して
みせてくれ、リアルな空間として具現化してくれているのが、クルミドコーヒー
というカフェだと思います。

「ゆっくり、いそげ」を読んで以来、ずっと訪れたかったクルミドコーヒーに
来ることができて感謝。コーヒーもおいしいし、店員さんも親切で、とても
心温まる時間になりました。「ゆっくり、いそげ」を読むことを奨めてくれた
今井君にも感謝。これから先の時代が見えてきます。



西国分寺駅は小さな駅。中央線で最少乗降客数というのも頷けます。



立川駅前は発展していますね。



とても賑やかでした。出張先での打ち合わせもとても楽しく、有意義でした。
幸せな1日でした。どうもありがとうございます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 新車登場 船井総研さん... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。