東京日記
「テクノロジーを親しみやすく」を掲げ、静岡県焼津市と東京秋葉原を拠点に活動するIT企業経営者松田敏孝の日記です。





コロナ禍が日本中を覆い1年以上が経過しています。その影響は地域経済にも打撃を与え、IT経営フォーラム in 焼津も昨年は中止に追い込まれました。今年はリアル開催にこだわり、情熱をもって準備を進めております。会場はこれまでの焼津文化会館小ホールから大ホールに変更。広い空間でソーシャルディスタンスをたっぷり確保します。

例年、東京から最先端のテクノロジー企業の方々をお招きして講師をつとめていただいてきましたが、今年のメインテーマは「地元企業の逆襲」と定め、コロナ禍の中、明るく夢のある地域社会の実現に向けて、積極的に経営されている地元企業2社が登壇してくれることになりました。

エスパルスさんには、スポーツが与えてくれる感動が社員のモチベーションを高め、地域の絆を強めていくことを、時之栖さんには、素晴らしい環境の中でワーケーションすることで脳が活性化し、新しい発想が生まれ、地場産業を蘇らせる力になることをお話しいただきます。
トーマツさん、船井総研さんからはIT、DXの時流がみえるお話しをたっぷりしていただきます。元気がでるし、これからのDX化の取り組みに参考になる時間にします。

IT経営フォーラムから得られる知見が地域活性化に貢献することを願っています。11月16日㈫ 13:00から、焼津文化センター 大ホールにて開催。以下のサイトからご予約くださいませ ( ´ ▽ ` )ノ 。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 御殿場ティー... サンロフトの... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。