内緒の関係

ずっと一緒に…そこには大きな壁がある

退院後

2015-03-31 16:04:24 | 日記
結局お見舞いに来ても良いよ❗️って言ってもらえず、ずっとまぁ君に会えずにいた
次に会えたのは12日後
この12日間はタカにとって、本当に辛くて長い日々だった
「その代わり、退院後の診察は一緒に行こう。」って言ってくれたので頑張った
まぁ、毎日毎日会いたくて一人になるといつも泣いていたんだけどね

診察の前日、久しぶりのデートはどこに行く?なーんて📩でやり取りし、ようやく会える嬉しさでいっぱいだった

それなのに……

夜9時過ぎに、まぁ君からの📩
「明日は一緒に病院へは行けなくなった。自宅で待機していてほしい。」と…
「え?どういうこと?何が起きた?2人の関係が奥様にバレた?」色々考えた
「担当医から携帯に直接電話があり、家族と一緒に来てほしい。」と言われたらしい
「先生、何か見つかったんですか?」と聞いても
「明日お話ししますから」と教えてくれなかったそうで。
そして「これから女房に話してくる」と📩が途切れた……
奥様に言う前に一番に教えてくれた事。すごく嬉しかったけど、やっぱり何かの時には家族には敵わない
分かってはいるけど、悲しくて悔しい現実
コメント

手術→退院

2015-03-29 07:00:46 | 日記
まぁ君が手術する事になった
タカはそばに居てあげられない
ただ、ただ無事を祈るだけ。
たかが盲腸の手術なんだけど、一緒にいたのに病院に連れて行かなかった事。調子が悪いのに箱根に行ってしまった事。どうして無理矢理にでもあの時病院に連れて行かなかったんだろう。連れて行けば何日も痛い思いをせずに済んだのに…
もう、色々考え過ぎて自分を追い込んだ
19時からの手術開始予定で📩が来たのは23時過ぎ…
21時に手術は終わってたけど痛くて📩出来なくてごめんねって📩来てた
痛いのに📩してくれてタカは嬉しいよ
部屋番号まで教えてくれて、お見舞いに来てもいいよって言われるのを待っていたのに、いつになっても「もう少し待って」って言われて
タカはドンドン情緒不安定になっていった
まぁ君の事が心配で、心配で…
いつも「痛いよー」って📩ばかり…
お見舞いに行ってさすってあげたい‼︎
タカパワーをあげたいのに「来ないで」って言われて
そりゃ、立場がね‼︎わかってるよ
だけど、タカの気持ちもわかってよー
それなのに、"今日は誰が来てくれた"って📩くれて💢
タカが何度も"会いに行きたい"って言ってるのに、デリカシーがなさ過ぎ💢💢💢
コメント

帰宅後

2015-03-28 06:24:28 | 日記
まぁ君と過ごした東京での3日間。
やっぱり楽しかったし、益々まぁ君の魅力に引き込まれてしまった

翌日は朝イチでまぁ君家近くの総合病院へ行った。タカも自分の🏥があったので、終わり次第ダッシュで駆けつけた
総合病院に着いた時、まだ名前を呼ばれる前だった。(間に合った)
間もなく「まぁ君さーん」と呼ばれ診察室に消えて行き…
"病衣を着て点滴を引きずって"戻って来た
「どうしたのー
「盲腸だって…」
「え?背中が痛かったのに盲腸?盲腸って右下腹が痛くなるんじゃないの?誤診じゃない?」と想像していなかった診断結果に2人でオドロキ
「でも、医者が言うんだからそうなんだろうね。それなら早く取っちゃった方がいいよね。」ということでそのまま入院…
イコール…タカの出番はここまで
看護師さんに「ご家族の方も一緒にこちらへどうぞ」って言われた時にはめちゃくちゃ嬉しかったなぁ
まぁ君は「会社の人間です」って答えてた
仕方ないよね
後から「タカ、あの時は会社の人って言ってゴメンね」って謝ってくれた
仕方ないってわかってるけど…
早く"ご家族"って言われたーい
コメント

箱根の旅

2015-03-27 06:55:21 | 日記
品川駅で待ち合わせて朝ごはんを食べにレストランに入ったら…
「あれ~…まぁ君さん、お久しぶりです」ってまぁ君の仕事仲間に声をかけられた
えーーっ‼︎ここは東京なのに知り合いに会っちゃうのー
どんだけ顔広いんだよー
その人にはまぁ君とタカはどんな関係に見えたんだろうね

品川から新幹線で小田原へ行き、そこからロマンスカーで箱根湯本へ…
予想通りの大雨
登山電車で強羅に着いて荷物をホテルに置いて、観光へ~
ロープウェイに乗っても景色は見えず大涌谷行っても風が強くて寒過ぎて遊覧船に乗っても大雨でも外にも出れず関所に行って暖を取り…
踏んだり蹴ったりだったけど、2人だから楽しかった

ホテルに戻って貸切♨️にも部屋♨️にも入り、ご飯も食べて2人でお部屋でマッタリ

昨日の事がウソ?って思うくらいまぁ君は元気になってくれて良かった
いつもよりは口数も少ないし、親父ギャグも冴えないけど、夕飯も食べられた

しかも、いつもより盛り上がってしまい、2ラウンド
「タカのイキ顔が忘れられないよ」って言われる位、本当にステキな夜でした
まぁ君ったら、新兵器持参してるし
タカはやられっぱなしでした
とーーっても幸せ
コメント

緊急事態

2015-03-26 18:04:48 | 日記
タカが東京に帰省している間にまぁ君も東京での会議があり、東京デートする事になっていた。
まぁ君が東京に着いた日にホテルの近くの居酒屋さんで2人でご飯食べて、まぁ君はいつものように沢山お酒呑んで
じゃ、明日はお仕事頑張ってね
明後日は2人で箱根旅行を計画していたから、すんなりバイバイ出来た

東京でもまぁ君とデート出来て幸せ
なーんて思いながら眠りについたんだけど…
翌朝6:00にメール
こんな早い時間に誰?
「タカ…連絡ほしい」って
まぁ君だー
何?何?どうした?
どうしようもない胸騒ぎがして、とりあえず電話してみた…
「タカ…夜中からお腹が痛くて死にそうだったんだどうしたらいいかな?」って…
「とりあえず一度電話を切って、救急病院探すよ。」
で、病院教えたけど病院嫌いのまぁ君…
「もう少し様子みてみる…」って
慌てて着替えてホテルまで行ったよね。
朝早いから電車も乗り継ぎが悪くて1時間もかかった
「大丈夫~」って大丈夫じゃないよね?
タカが持ってた鎮痛剤と抗生剤を飲ませて様子をみていたら、夜中よりラクになったから、病院には行かないと…
行ったほうがいいと思うんだけどなぁ…と思いながらも、痛みは本人しかわからないから。と…
夕方からはどうしても実家に戻らなきゃいけなかったので、後ろ髪ひかれながらも「もし何かあったら部下にすぐ助けを求めるんだよ」(社員2名も一緒に会議に来ていたので)と言い残しタカは帰宅
帰ってからも何度か電話やメールでやり取りしたけど、容態は落ち着いたようでホッとひと安心

次の日からの箱根旅行は今回はキャンセルしようって言ったのに「大丈夫。いっぱい歩くのは無理だけど行こう」って
天気もイマイチみたいだから、あまりあちこち行かずにホテルでのんびりしよう。って事で強行突破
コメント