風に吹かれて行こう

お米の便りを、写真でもっとわかりやすく!

妻好きの医師? 

2022-11-08 | お米の便り

 引き続き、後半部分です。

 

 今年、3年ぶりに、お米の食味を計ってもらえました。場所は、「秋田県種苗交換会」。毎年10月末から11月初めにかけて開催される、秋田の農業の大きなイベントです。今年は、第145回! 隣の大仙市で開催されました。そこでさまざまな展示がされるのですが、その中で、毎回食味を計ってくれるコーナーがあるのです。昨年と一昨年は、コロナの影響で、規模を縮小しての開催だったので、それがなかったのでした。農業機械の展示も大変な数で、一見の価値あり、です。

 それで結果ですが、その場所での計測機器は85点が満点。期間中頃に行った時、80点以上は、まだ数人ということでした。和賀屋のお米は77点。十分おいしいと言ってもらえました。ちなみに、ここでの食味計以外の物は、満点が100点です。点数の決まる仕組みは、おそらく同じようなものだと思います。100点満点の機器で計れば、どれくらいの点数になるのか知りたいところですが、なかなかその機会には恵まれません。まぁ、何はともあれ、良かったです。

 それと、先月には、放射性物質の検査もしてもらいました。お知らせしている通り、検出下限値を0.1のところまでつきつめて調べてもらいました。「検出されず」の結果で、これが本当はいちばん何よりでした。長く続くコロナで、放射性物質のことなど、とっくに隅に追いやられた感がありますが、見えないだけで、現実には相も変わらず、放射性物質がバンバン放出されているのです。大気から、土壌から、水から、作物、その他から…。そして体内からも。

 

 秋の収穫作業が落ち着くと、来年用の肥料の申し込みです。これまでのようなお米作りや直販がはたして可能なのか、心配な点が多くあります。化学肥料の高騰はとどまることを知らず、それでも現物が手に入れば良しとしなければならないことになるかと思います。主要産国での生産が次々に、取りやめになっているという情報です。作るためのエネルギー価格が高騰、あるいは生産設備の火災など、不自然なことが続いているとか。

 この手の話は、テレビや新聞では報じられることはまずありません。だって、テレビには別の役割がありますから(苦笑)。ネットで探すほかないのですが、さてネットの世界では、さまざまな情報や、各人に合わせた躓きの石が置かれてあって、見分けるのにひと苦労です。アンタにそんな力量があるんか?

 あはは、まさにそれが問題です。自身も、人工知能が置いてくれた(笑)いくつもの石に、躓き続けていることでしょう。もちろん、そうとも思わずに、です。「さてはてメモ帳」というサイトが、それなのかどうかはわかりません。でも食糧危機が、ある目的を持って着々と進められていることや、ワクチンのこと等さまざまな情報を提供してくれています。ご自身はもちろん、子どもへの接種がどれほど重大な意味を持っているのかも…。

 それにしても、また冬(が近づいて)。おらぁやっぱり、春がえぇなぁ。

 


最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (そよ風 台風)
2022-11-09 23:29:22
私は農業のことは全く無知なのですが国産肥料というのは珍しいのでしょうか?

今ツィッターで話題になってる記事がありました。
https://ameblo.jp/amiraclehappens/entry-12773230708.html

私には真偽の程は分かりませんが気になります。
Unknown (オリザそよそよ)
2022-11-10 06:49:56
そよ風 台風さん、いつもコメントありがとうございます。あらためてそう聞かれると、(純)国産肥料って、どんなのがあるんだろうと思いました。お恥ずかしい。すぐに思い浮かぶのは、鶏糞ですが…。化学肥料に関しては、国内メーカーがあり、製造工場もありますが、その原料はほぼ輸入品だと思います。

紹介してくださった記事は、何だか気になりますねー。この後もちょこちょこ見てみようと思いました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。