風に吹かれて行こう

お米の便りを、写真でもっとわかりやすく!

くすりッコ

2022-09-21 | 日記

 薬って不思議だ。小さな粒だから簡単に飲み込めるはずなのに、どうしてだかそれがうまくできないことがある。子どもの時、初めてカプセルを飲んだ時は、とても苦労した。何度やっても飲み込めなくて、そうしているうちにカプセルが軟らかくなってきた。

 子どもながら、その薬が何故カプセルに入っているか知っていた。飲まなければならないことを知っていた。だから、カプセルが軟らかくなって、なお飲み込みづらい状態になった時には、もうどうしたら良いか分からなくなって、涙が出てきたものだった。

 

 薬って、どうしてそうなんだろう。大人になった今でさえ、時々、小さな粒を飲むのが一回で行かない時がある。それなの(それなんか)、年取ったがらだべ!

 さすがに涙は出はしないが、あらら、今日はどうしたことかと、苦笑いが出る。ごはんやおかずのひと口に比べたら、入って行かないはずないんだけどなー。

 

 だどもよー、大人になっても涙こぼれるごど、あるでなー(あるよねー)。そんたどぎ、がまんさねで(しないで)、泣いだほうえー(方が良い)。してほらー(そうしてさ)、まだやっていぐべー。ふりまわされねぇようにして。きっと誰が何が(誰かや何かが)声ッコかげでける。

 言葉ッコも、くすりなるどぎあるよなー。このくすりも効ぐどー。たまには毒にもなるどもな(笑)。あっ、無言というくすりもある。むずがしなー。

 

 

 


最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。