風に吹かれて行こう

お米の便りを、写真でもっとわかりやすく!

少しずつ夏の終わりに向かって

2022-08-27 | 日記

 「地球はひとつだけど、生きている人の数だけ『世界』がある」と聞いたのは、ずいぶん昔のことです。どんな状況(場面)でそんな言葉を聞いたのか、すっかり忘れてしまいましたが、その時はあまりピンとはきませんでした。

 

 今夜は隣の市で、全国花火競技会です。歴史ある花火大会で、見物に訪れる人数も半端ではありません。何年か前から?、NHKのBSでも生中継されています。

 コロナのことがあって、今年は3年ぶりの開催となりました。あいにくの悪天候ですが、昼前から多くの人たちが会場を目指してやって来ていたことでしょう。コロナ禍以前と似たような人がやって来ているとすれば、今この瞬間にも、車や人の行列が続いていることと思われます。

 

 あまりに近い場所でのことなので、逆に強い関心が無くずっと過ぎてきました。会場に行ったことはありませんでしたが、たまたま機会があって数年前に行った時は、その迫力というか、間近で見た時のスケールの大きさに感激したものでした。でもまぁ、その時を除いて、いつも他人事のような感じです。今年は、さらにそんな感じで、さてそれが、(花火に限らず)加齢による興味の喪失なのか、それともうまく言い表せない、こころのありようのためなのか、よくわかりません。

 でもそんなことはどうでも良いのです。そうそう、生きている人の数だけ「世界」がある、でした。大きな期待とともに会場に向かっている人。大会関係者。仕事でその場に居合わせることとなった、警察官や消防士、その他さまざまな人たち。打ちあがる花火を前に、どれだけの「世界」があるのか、数えきれないほどです。

 どうか終了時まで、雨が強くなりませんように。

 

 今晩はカレー! ずーっと「バーモントカレー甘口」(苦笑)です。おいしいです。ここにも「世界」がありますね。いつもありがとう。

 


最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (そよ風 台風)
2022-08-28 22:41:30
https://twitter.com/marutsubame3/status/1563830725979226112

数週間前にたまたまネットで見つけた三重県の花火 
美しいですね。

花火の話を読んで思い出した山下清さんの言葉
みんなが爆弾なんかつくらないで、きれいな花火ばかりつくっていたら、きっと戦争なんて起きなかったんだな

https://www.nhk.or.jp/hearttv-blog/3400/239194.html
Unknown (オリザそよそよ)
2022-08-29 06:41:06
空に上がったのだけでもきれいなのに、水面に映ったのが同時に目に入るなんて、何倍もきれいですね。県内でも何か所かで洋上花火大会があるのですが、こんな感じだとしたら、見に行ってみたい気がします。

山下清さんの言葉を見て、花火の貼り絵のことも思い出しました。本当にそうだなと思います。
紹介くださり、ありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。