風に吹かれて行こう

お米の便りを、写真でもっとわかりやすく!

すこししんみりと2

2022-10-09 | 日記

 当園で栽培しているお米の一部は、集荷業者に売り渡しています。JA、全農あきたということになります。そのお米(玄米)が引き取られて行ったのは、一昨日のことでした。

 運搬を委託された人たちが、トラックでやって来て、作業場にあるお米を積んで持って行きます。運ぶ方にとっては、当園も幾多の農家のひとつにすぎません。当然のことながら、お米もひとつの物として、機械的に運ばれて行ったのでした。

 

 栽培する前から、行先を決めていたお米です。でもだからといって、ぞんざいに栽培管理をしたわけではなく、やはり稲や、できたお米に対しては、愛着を感じないわけにはいきませんでした。

 トラックが我が家を離れる時、そして行ってしまった後。つい今しがたまで関わってきたお米が、手元を離れてしまった淋しさというか、何というか…。そんな思いが湧き上がってきたのでした。どごさ(どこに)行って、食べでもらうごどになるんだべなー(なるんだろうなー)。

 


最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (そよ風 台風)
2022-10-16 20:43:59
このお話を読ませて頂いた数日後、いつも見ているブログで、岡本よりたかさんのお話を読みました。

https://ameblo.jp/matsujyundx/entry-12769172111.html

オリザそよそよさんもきっと同じような感覚なんだろうなと、ふと思いました。

また以前見た動画も思い出したました。
abema.tv/video/episode/89-78_s10_p138

いろいろ感じさせるお話ありがとうございます。

(以前 ご紹介しました 「おいだば、時給125円」の動画も再配信しているようです
abema.tv/video/episode/89-78_s10_p152)
Unknown (オリザそよそよ)
2022-10-16 22:02:01
紹介くださったブログを読んでみました。足元にも及ばない気がしましたが、同じような思いに、何だかうれしくなりました。

自分でも野口のタネさんから、数種類の種を購入しました。うまく育ったのもあれば、そうでなかったものも。

でも、ほんと、ありがたいことだと思います。
いつもありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。