風に吹かれて行こう

お米の便りを、写真でもっとわかりやすく!

明日

2021-11-30 | 日記

 何日か時雨れる日が続いて、昨日今日は良い天気でした。特に今日は、暖かかったのです。時雨れて少し雪が降った日があった時、とんぼたちももう命が尽きてしまっただろうと思ったのでした。そして昨日は、一匹も見なかったのです。

 

 それが今日の午前中、作業場の入り口、戸の端ッコで、どうにか生きている一匹を見つけたのです。今朝の寒さで、ほとんど動けない状態でした。

 手に取って少し温めたら、手足をちょっとだけ動かしました。お日さまがもうとっくに上に登っていたのでしたが、とんぼのいた場所は、その時になってもまだ日陰で、それが動けない理由だったのでしょう。

 

 宅地の中をうろうろして、とんぼを置く木を探しました。もう、いのちが尽きると思ったのです。どの木にしようかとうろうろしていた時、ほんの一瞬目を離した時に、とんぼは手から飛び立ちました。えっ、っと思ったのですが、それは現実でした。そして、見失いました。

 

 「死に場所を探すだなんて、オレのしようとしたことは、余計なことだったナ。オメェはまさに、「今」を生きているものな。今日の午後、寒さで動けなくなるまで飛んで、どこかで夜を過ごす。「死に場所」なんて、思うはずがない。良かったな、バイバイだ。

 

 今日見かけたとんぼは、その一匹だけでした。夜も更けてきました。日付が変わると、夜中から雨、夕方には雪の予報です。

 これまで、12月にはとんぼを見たことはありません。本当に見たことが無いのか、それとも、いつかそんな稀なことに遭遇したことを忘れてしまったのか…。たぶんどちらでも良いことなのだろうと思います。

 黄色い朝

 お日さまに背を向けて

 


最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。