風に吹かれて行こう

お米の便りを、写真でもっとわかりやすく!

できたてほやほや

2022-08-29 | 日記

 好天が予想されて、今朝はもやがかかっています。これが消えそうになったり、また新たにもやがかかったりしながら、青空となっていきます。建物がいっぱいの市街地だと、こんな感じの光景はどんなふうになるんでしょうか。

 

 もみじの手前、空中部分に蜘蛛の巣があり、露がかかっていて、正体(存在)がバレバレです。

 

 写真中央部の稲は、玄米から育ったものです。

 昨年、玄米を購入くださっている方が、芽が出て育ちましたよーと写真を送ってくれました。それをヒントに、何年かぶりで試してみたのです。

 

 その稲の隣に一坪くらい、違う稲が植わっています。丈が長い(長くなりやすい)品種名のでしょうか。強い風雨で、少しなびいています(現在進行形ではなく現在完了形?)。この後も、天気次第で、さらに倒れていってしまいます。これは何年か前に玄米から育て、その時に取れた種籾を、毎年つないで植えているものです。でもあまりに少ないので、脱穀するのが難しいです。道具がありません。

 

 あれれ、ピンボケかと思われそうですが、もやがかかっているのと同じ時刻に、空の一部は青空です。雲の輪郭がまだはっきりしていません。できたてほやほやなのかな(笑)?

 

 でもそれにしても、今朝の写真全体が、少し不明瞭です。もしかしたらもやがすっかり消えていない分、微細な水滴が、レンズに付いたのかもしれません。じっとしていると、衣服が湿るのが分かりますから。常に外に原因を求める凡夫です(苦笑)。

 

 久しぶりに植えた大豆といい、ほんのわずかの、違う稲といい、脱穀が悩みのの種です。昔の足踏み脱穀機は、とっくに処分してしまいました。もう一度用意したら良いのか。道楽にお金をかけるにしては、金額が多すぎます。6万円くらい?。道楽ではなく、自給にちからを入れるためなのですけど、周囲の理解はほぼありません(笑)。

 危機はそこまで。どうにか隠されてはいるみたいですけど、事態は間違いなく進行の最中です。

 

 


最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (almond)
2022-08-29 17:55:38
いつも水田のある風景写真に癒されています。
来年は稲を育てたいです!観賞用、バケツ稲ですが。
ただ見て楽しむためだけに植物を育てるというのは、贅沢なことですね。
子どもの頃、ひとつしか選べないならパンをとるか花をとるか?と聞かれたことがあります。今も昔も、私はパンを選びます。
子どもの頃は食欲から。今は、花咲き実ってくれたことへの感謝も込めて笑
Unknown (オリザそよそよ)
2022-08-31 22:35:56
almondさん、コメントありがとうございます。今朝の虫(カエル)の知らせだったのでしょうか。たった今、数週間ぶりでプロバイダの「迷惑メール」フォルダーをのぞいてみたら、2件のコメント! せっかくのお気持ちを、台無しにしてしまうところでした。
almondさんの写真が、この春、記憶を呼び起こしてくれたのでした。でも気づくのが遅れて、晩生の品種なので、この後十分に稔れるのか、少々心配です。作物が育つ様子からは、元気をもらえますねー。

ところで、自分もやはり、花より団子の方です。食べるものが最低限摂取されていなければ、身の回りの美しさに気づく脳の働きも、きっと不十分になってしまいますよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。