ひっそり主婦のこっそり学び

今日は気分が良い。
だが、これからは老化も忍びよってくる。
戦わずして勝つには・・・

夏の終わりは恋の終わり 

2018年08月31日 | ペット



8月が終わっていく。
一昨年の秋にやって来た野良猫みいちゃんが来なくなった。

ブログでも何回も取り上げているが、
私はみいちゃんの必死の恋のときめきを受け取らずに突っぱねた。

だって私には、
セキセイインコのピーちゃんという恋人(笑)が居たのだからねっ。
というより、
小鳥にとって猫は特に生存を脅かされる一番の恋敵だからだけど。

そのみいちゃんの気持ちを私が受け取らなかったので、
みいちゃんの恋の炎はより大きくなり、
そのストーカーぶりに、
一時期、私がノイローゼになりそうになった。

みいちゃんは恋人に会うような嬉しさでビュ~ンと私に近づいてくるんだから、
私にまさしく恋をしていたのだと思うけど(笑)

でも泣かれるので、
裏庭へ洗濯を干しにも行けず・・・
草取にも行けず・・・
変装して出る始末。

ご近所が遠いから、
辺りからは苦情が来ることはなかったが、
近くだったら大変なことになっていたほど、
みいちゃんは大泣きをしたのだ。

恋と言うものは障害物が多いほど燃え上がるものらしいから、
猫のみいちゃんは、
私の肩に止まっているインコのピーちゃんのように、
私に愛されようと必死だったのだわね、きっと!

私に無視され続けても懲りずに毎日のように来ていた。

そうこうしていた今春、
何だかお腹がだんだんふっくらしてきているような感じだった。
それから2か月ほど姿が見えなくなった。

7月に、
しばらくぶりで来た時にはやつれていた。
赤ちゃんでも産んだのかなと思ったけど、
最近になって全く来なくなった。

夏の終わりは恋の終わりだった・・・

人間同士の恋は科学的に4年で終わると言う。
(例外はもちろんあるだろう)
猫のみいちゃんと私との恋は1年10カ月ほどで終わった。

~ ~ ~

でも人間には、

♪ 恋は不思議ね 消えたはずの 灰の中から 何故に燃える

なぁんてことがあるようだから、
猫のみいちゃんも、
また思い出したように私のもとへやってくるかな。
♡ ♡ ♡

みいちゃんを振ったのは私なのだが、
全く姿を見られないのはちょっと寂しい・・・

けれど元気でいてくれさえすればいい。
どこで暮らしていても。

何とか飼ってあげようかと・・・考えて考えて・・・
ケージで飼えば小鳥が居てもいいかなと買ったケージが物置に置かれている。





コメント (20)

有り余るほどの豊かさ

2018年08月29日 | 家庭菜園
畑やプランターで次々とお野菜が収穫できる。

トマト・きゅうり・茄子・オクラ・大葉・ササゲ・牛蒡・
枝豆・ピーマン・ブロッコリー・キャベツ・人参・
トウガラシ・茗荷他。





畑から持ってくるのに重い。
たかだか数キロを重いと言うんだから笑われるのだけれど、
重いものは重いのだ。

欲しいと言う方にはどんどん上げて、
捨てないようにはしている。
たとえ傷ませてしまってもコンポストの中で土に還る。

秋蒔き野菜も始まっている。

玉ねぎ・白菜・大根・普段菜・ほうれん草・春植えのネギやエンドウ二種。
ご近所からもキャベツ苗を頂いた。

他の用事もあり畑は(も)手抜きが多いので、
威張れるような作物は作れないんだけど、
こうして有り余るほどのお野菜を収穫できる。

豊かな暮らしにありがとうの毎日。


コメント (22)

西郷どん 薩長同盟

2018年08月27日 | 趣味色々
昨日の西郷どんは良かった。

坂本龍馬が仲立ちしての薩摩と長州の駆け引きなのだが、
長州の桂小五郎の苦悩が良くあらわされていた。

西郷役の鈴木亮平さんはもちろん皆を包み込む温かさとまとめ上げる雰囲気があるのだが、
桂小五郎役の玉山鉄二さんは本当に上手かった。

大河ドラマ「八重の桜」の時には会津藩士の山川大蔵を演じたわけだから、
ドラマの中とはいえ長州藩士を演じるのには胸中は複雑だったと思う。
現にNHKドラマガイドの中ではそのように吐露されている。

両者沈黙の静寂の中を流れる音楽も良かった。
担当は富貴晴美さんという若い女性が担当しているが、
音楽の威力は言葉よりもすごいなと思わされた。

元と言えば、
中園ミホさんの脚本が良いのだろうが、
今回のドラマでは、
簡単にはいかなかったであろう薩長同盟に到るまでの、
薩摩と長州の心情が丁寧に描かれている感じがする。

それにしても、

島津久光役の青木崇高さんも憎たらしいほどいい演技だ。
なんといっても自分より下位である西郷さんや大久保さんに先走られているんだから、
そのいら立ちぶりはわからない気もしないが上手い。
朝ドラの「ちりとてちん」のハンサム落語家とは大違いの演じ方。
当たり前だけど、
彼は正に役者さんだ。

大久保役の瑛太さんは大河ドラマ「篤姫」の時は小松帯刀役だった。
その時の彼には架空の恋人みたいにワクワクしてたっけ(笑)

今回、小松帯刀役は町田啓太さんが演じているが、
彼も段々味を出してきていて嬉しい。



薩長同盟は京都の小松邸で締結されたと言う。

「お花畑屋敷」とドラマでは紹介されていた。
花が咲き乱れていたのだろうか。
興味が出て調べてみた。

摂家近衛家(小松帯刀寓居跡)についてネットより

薩長同盟が締結された邸宅「御花畑屋敷」は京のどこにあったのかという謎の解明に取り組んでいた、
元小学校教員で歴史研究家の原田良子さんが、明治初期の行政文書などから、
近衛家別邸があった現在の上京区森之木町だと突き止め、
2017年3月、鞍馬口のカフェ「フランジパニ」の一角に「御花畑御屋敷跡」の碑が立てられました。



たかだか150年ほど前の建物が取り壊されている。
こんなに重要な同盟が行われた場所ならば保存に動かなかったのかなと思っても、
それは後世の人の考え方。

あの激動の時代、
四民平等になり困り果てた武士たちは混乱の極みに陥ったわけだから、
明治維新というもの自体が、
全員が万々歳の心境だとは言い難いものであったことだろう。

都だって京都から東京へ移ったのだし、
天地がひっくり返るほどの変わりようだったのだろう。
チョンマゲを結い、羽織袴だったんだもの・・・

西郷さんは明治10年に51歳で亡くなっている。
今後、明治の世がどう描かれていくのか楽しみだ。




コメント (19)

花より綺麗? 

2018年08月26日 | 美容・健康

いつもは香りのないDHCのリップクリームを常用している。

けれど昨日、
ドラッグストアで、
このリップバームなみの保湿力というリップクリーム?を買ってみた。



花より綺麗なんてことを期待して買ったのではないが、
中身の面白さに魅かれて!



中身はこんな感じなんだけど、
自然な発色となるので薄化粧の私にはちょうどいい。

唇の温度とphに反応して色が変わるそうだが、
他の口紅と重ね塗りしてもいいとか。

あとで「爽やかなレモンの香り」と知ったのだけど、
口紅の香りが超苦手な私が、
全然気にならなかった。

金箔入りのリップバームもどき(1200円)
しばらく楽しもう。

「リップバーム」と「リップクリーム」の違いは?

どちらも唇を乾燥から保護して荒れを防ぐためのアイテム。
その大きな違いは、成分と質感。

という事らしいが、
私にとっては唇さへカサカサしなければOK(笑)

~~~

今日はまた笑点&西郷どん。
朝からジャカルタの街のマラソンも見た。

リビング周りのお掃除しながらのチラ見だったけど、
最後の5キロは簡単針仕事をしながら座ってみた。
ジャカルタの街って緑が多いんだ。

野上恵子さん、銀メダルおめでとう!!

なんだか嬉しい日曜日。






コメント (22)

再びアシガール考(笑)

2018年08月25日 | 趣味色々



こんな若向き?の漫画にいい大人の私が胸キュンしてみているのはどうかと思うが、
ただ明るい、面白い、わくわくするだけの少女漫画ではないような気がする。

漫画と侮るなかれだ。

真っすぐに若君を愛する唯の心が綺麗なのだ。
そして、
その若君は自分より家来や民衆を大事にするという、
上に立つものの小気味良さを備えている。

唯の言う言葉にこういうのがある。

若君は羽木家の総領として大きな責任を負って育てられ、
いつも自分のことより家族や家臣や領民みんなの幸せ大事にかんがえるじゃないですか。

小平太パパに言わせるとこうなる。

若君は…常に殿や周りの者にばかりお心を砕かれて我を通されぬ。
おそばにお仕えしていて歯がゆいほどじゃ。

為政者、上に立つものはこうでなくてはならぬ・・・

漫画の中の唯も、こうした若君を見ているから、
現代のアットホームな時代にいるよりも、
夫君である若君の立場を尊重して戦国の世に戻るのではないかな。

その責任を投げ出したままでは本当に心から幸せになれないと思います。

とまで言ってるんだし。



~~~

このドラマでは450年前と今を簡単に行き来している。

今の世から450年後はどうなのかな。
2470年頃には、
日本はどういう暮らしをしているのだろうか?

450年前は歴史でも学んできているし、
私の親族は既にこの地で暮らしていたので何となく想像がつくのだが、
450年後は全くわからない。

AIロボットが恋人だったりして、ロボットに胸キュンキュンする少女が現れてる?

そんなのやだ~~
なんて思うのだけど、まぁ今を楽しもう。
アシガール次巻やクリスマスイブの放映を楽しんで待とう。

~~~

今、ホームセンターでまとめて整理できる本棚を買ってきた。
本は随分処分したけど、
お気に入りだけは手放せず、まだ増殖中なので!

♡ ♡ ♡

でも何であれ、
ときめきは生きる喜び。





コメント