ひっそり主婦のこっそり学び

今日は気分が良い。
だが、これからは老化も忍びよってくる。
戦わずして勝つには・・・

漫画『三国志』30巻読了

2017年11月30日 | 

以前、部分的には読んだこともあるのだが、
図書館で借りて全30巻読了。


そうはいえ、絵の部分はあまり見ず・・・
生生しすぎて・・・
本当に戦争は嫌ですね。
けれど、人類の歴史というものは全く戦いのない時代や国などはない。
現実から目をそらさず・・・
嫌だいやだと言ってないで、悪い時代も見て行かないと・・・



それにしても諸葛孔明はやっぱり素敵な人だ。



漫画を読みながら、父を想いだしていた。
わが父もどちらかというと、
こういう沈着冷静参謀型タイプだった。
そして思慮深い人だった。

子供の頃から少しふざけっぽかった私は、
「人間ほんの少しの不注意が大事につながる」とよく戒められたものだ。

母は下の弟妹にかかりきりだったので、
父の影響と祖父母の影響を大きく受けた気がする。
いずれにしても5兄弟妹が大人になっても仲が良いのは、
其々を、きちんと叱ってくれた父のおかげだろう。

父の思い出はまた別の機会に書くとして、
大昔から日本と交流があった中国。

だが中国の成り立ちは、
我が国とは違い、
他民族と対立・統合を繰り返しながら、
覇権で成り立ってきた国家である。

この漫画の「三国志世界」を流れる時間は2世紀後半~3世紀後半。
卑弥呼が魏に使者を遣わした(239)頃のこと。



孔明はこのように言ってるので、
この頃の中国は儒教の考え方だったのだろう。



265年、司馬炎が西晋を興して三国時代は終わるが、
その後もまだまだ覇権争いは続いていく・・・

ところで日本へは、
285年に漢字と儒教が伝えられた。
我が国に仏教が伝えられたのは538年。

中国・韓国・北朝鮮も日本も漢字圏で、
(ハングルと言われる朝鮮文字は1446年李朝から)
儒教も仏教も、遅れてキリスト教も伝来されたのは同じだが、
国柄はそれぞれが違っている。
そして、またこれからも変化し続けるであろう。

だが中国は孔子や老子を産んだ風土。
新たな中国に成り代わるのかな・・・



その時、日本は中国の属国なんてなってないでしょうね・・・
「礼」を重んじる国民性に中国が変わって行ったら、
そんなことはしないはずと思いたい。

読書の秋は初冬まで漫画でした(笑)

普段老眼鏡をかけないのに、
「漫画を見るのにメガネをかけて」と笑われた。
フリガナが小さくて読みにくいので。


そんなこんなで11月も楽しく感謝で終了。
明日はもう師走に突入だ。







コメント (14)

絵画展を見にデパートへ

2017年11月28日 | 絵画

今日は思い切って、
日本画の個展を見に遠くのデパートへ行って来た。

ランチはお寿司屋さん。


一人ランチでカウンター席にいたら、
終わり時にロマンスグレーの紳士さんがお隣へ来た。
って、どうってことないけど(笑)

デパートウオッチングをして、
つい装身具など買いそうになるのを我慢して、
和装小物だけを買い帰路についたが、
いいドライブ日和だったな。

当たり前だけど、
目の前で握って頂くお寿司の美味しい事。

ところで、目的はお寿司ではなく日本画!

けれど、やっぱり見ていても、再び描く気力が湧いてこない。

もう少し待ってみよう。
プロになるわけではないんだから、
無理することは無し。

けれど、
外に出て、
いい景色を見たり、
いい絵画を見たりも、
絵画の勉強のうちかも。


コメント (18)

子供時代の記憶 「母ちゃん生きていてくれるだけでいい」

2017年11月27日 | 社会問題



昨日「人間は生きているだけで価値がある」なんて書いてしまったが、
子供時代の思い出にそれは遡る。

小学校の3年ころ、
近くのお友達の家に行ったら、
寝たきりのおばさん(友達の母親)が、
(窓が開いていてベッドに横になったまま)

ゆりちゃん、私は病気(脊椎カリエス?)で、
生きているのが辛くて悲しくて、
死んでしまいたいけれど、
子供たちが、
「母ちゃん生きていてくれるだけでいい」
って言ってくれる・・・

と、涙を流しながら話してくれたのだ。

そのお家は、お手洗いも外で、
おじさんがおばさんをおんぶして、お手洗いに連れて行っていたのを、
何度か見ている。

それ以来、子ども心にも、ずし~~んと響いて、
「人間は生きてるだけで価値があるんだ」
と思うようになったのだ。

しかし、
私は自分の命を大切に思わない時期もあった。
私あまりの苦しさに負けそうになってしまったのだけど、
今死なないで良かったと心から思う。

やっぱり、どんな体であろうが、
「生きているだけで価値があるんだ」
どんなであろうが胸を張って生きていていいんだって、
今は思う。

幸い、私の体は不自由なことが去ってくれた。

今、原因不明で歩けなくなっている、
私のお友達。
あまり悩まずにね!




コメント (12)

古文書3回目のレポート完成

2017年11月25日 | 古文書



最近は、どちらかと言えばボジティブ思考であるが、
古文書だけに関しては後ろ向き・・・・・

先祖の書いた文を読みたいと、
人生設計の一つに入れて行こうとしたのだが、
とにかく、じっくり勉強している時間がない。

だってね、古文書はうつらうつらしながらではとてもできないのだもの。

ただ「時間が出きたらやろう」というのは、
「やらないでしまう」可能性がある。
だから、今年1月から始めてみたのだが、
とにかく、もう少しゆとりの時間が無ければ、
これから続けていくのは無理。
今の外仕事などの状況がこのまま続くならば到底やってはいけないのだ。

朝、おみそ汁とごはんとたまごだけでね。
お昼、 お弁当はコンビニで買ってね。
夕飯、肉じゃがとサラダで我慢してね

お漬物は作ってられないわ。
保存食も作っていられないわ。
草取なんか無理だわね。

こうして時間を取って、
味気ない生活にしてまで古文書頑張ってもね。
あとレポート1回は12月中に必ず出して一旦終了にする。

でも囲碁は続ける。
囲碁の場合、細切れ時間でも大丈夫だからだ。
隙間時間に碁石を並べて楽しめるので、
忙しい私向き。

けれど、囲碁もある程度時間をかけないと、
モノにはなっていかない。

長い事休んでいる絵も泣いてるかも。
古文書も捨てられたって泣くね・・・
きっと!

仕方がない・・・
全部の人とは結婚してあげられないんだもの。
選ぶということは、
後は捨てるということ。

でも・・・
ずっと忘れないでいるよ。








コメント (12)

通販購入苗 ゆり・杜若

2017年11月21日 | 木々と花々

また買ってしまった。



杜若
ささゆり
ひめさゆり

ささゆりは何年も育てていたが、
一昨年、7個も花が咲いたら、
今年は芽を出さなかった。
鉢の場合は花が咲いたら、
直ぐ根元から切ると育て方には書いてあるけど、
そのままにしておいたのがいけなかったのかも。

杜若は実家の池を想いだすために、
コウホネと共に咲かせてみたくて・・・
そして、いつか絵の材料にもなるのかなと・・・

でも実家の池には亀もいたんだけどな~
って・・・
もう亀はもう飼うのはダメ。

亀は何十年も生きるんだから、
これだけは年齢的に絶対無理無理。

それにしても花苗は毎年買いすぎだ。
けれど、
私に元気を与えてくれるお花たちなんだからいいのだ。
そして、
その花々はまた来年以降、
咲き乱れて我が家を生き生きとさせていく!

いつものごとくお目出たい考え方をしているのが、
お恥ずかしいけど、
私は随分花に助けられたような気がする。










コメント (4)