80年代Cafe

80年代を中心に、70年代後半~90年代位の懐かしいもの置いてます。
あなたにとって80年代はどんな時代でしたか。

LSIゲーム・パックマン・トミー/ナムコ

2008-05-25 19:42:41 | 電子ゲーム


 これは、トミー(現タカラトミー)より1981年に発売された、LSIゲーム・パックマン元ネタとなったパックマンは、ナムコより1980年に発表されたアーケードゲームで、国内でも大ヒットしましたが、海外(特に北米)ではアニメ化されるほどの大人気となりました。ある意味ナムコの看板を超えて、(時代を象徴する)80年代のイコンといえるほどになりました。当然、(家庭用として)当時の電子ゲームにも移植されていました。有名なところで『パックリモンスター』(バンダイ)、『パクパクマン』(エポック社)、『パックモンスター』(学研)、『ハングリーパック』(ENTEX/アサヒ玩具)など。当時は、まだ著作権におおらかな時代だったのか、各社それぞれがパックマン風のゲームを発表していました。そんな中、正式にナムコ唯一の版権許諾製品として登場したのが、このトミーの『パックマン』でした。これは、版権許諾の強みを生かして、パックマンのロゴ、キャラクターなどが業務用より使用されており、本体のデザインもパックマンを連想させるポップなものとなっていました。そのため、当時70万個以上を売る大ヒット商品となったようです。


 こちらがゲーム画面。モンスターやパックマンなどオリジナルに近いイメージになっています。コーヒーブレイクこそ再現されていませんが、フルーツターゲットも出現、面クリ時には迷路がフラッシュします。ゲームスタート時には、(音量調整が出来ないため)大音量でオリジナルと同じメロディが流れます。異なる点としては、①画面が縦から横に変更、②パワーエサが★で2つだけ、③モンスターの数が異なり、性格付けもない、といったところでしょうか。これは、画面の狭いFL機の制約を考えればしかたがない部分でしょう。このゲームを語る場合に外せないのが、(デザイン上)パックマンは左を向いていますので、左からしかエサを食べられない事と、キャラの動きがあまりスムーズでないため、ゲーム展開が爽快感に欠けるという点でしょう。同時期のバンダイ『パックリモンスター』が、スムーズなゲーム展開を再現していましたので、余計にそう感じられたのかも知れませんね。ただ改めて遊んだ感想としては、レバー入力への反応は、それほど悪くなくストレスが溜まる感じはありませんでした。


 パックマンを連想させる筐体。黄色に黒がアクセントとなっている。黒いパーツはスクリーンからの延長で実はスケルトン。


 ポップのお手本というべき、ある種芸術的な曲面を描いてます。


 『パックマン』に関するトリビアに、パックマンは開発者が“食べかけのピザ”より発想したという有名な話があります。Wikiによればこの話は、トミーよりナムコ・パックマンの10年前に『パックマン貯金箱』、4年前に『パックマンゲーム』が登場しており、トミーからのクレームに対してのナムコ側の抗弁が広まったものだそう。この話と、ナムコの版権許諾パックマンがトミーより登場したことのいきさつが気になっていたのですが、『パックマン』の商標はトミー所有であり、ライセンス供与はそのバーターみたいなものだったということのようです。参考CVS ODYSSEY。トミーとすれば、せっかくの世界的な大ヒットを逃す手はないという判断だったのでしょう。このトミー版『パックマン』も大ヒットとなり、ある意味80年代の電子ゲームを代表(象徴)する玩具となりましたので、この判断は正しかったのでしょう。※追記:このパックマンのピザに関しては、製作者の岩谷徹氏ご本人が直接語られているようです。この点でWikiの説明には、少し問題がありそうです。参考Runner's High!追記2:Wikiのパックマンの記述も改められました。


 バンダイのFLパックリモンスター。亜流ゲームの中ではもっと登場が早かった。


 学研のパックモンスター。コレコのパックマンと共通のスーパーパックモンスターも出た。


 エポック社は液晶のパクパクマン。当時のパックマン亜流ゲームとしては最大のヒット。


 アメリカでは、アニメ化されるほどの大ヒット。アニメのキャラを使って作られたパックランド。表情や手足が付いて、世界観がグッと広がった。


 このようなパックマングッズもたくさん作られた。こちらは、近年発売されたアミーボ版パックマン。つまり、任天堂製パックマン。


 個人的には、当時『パックリモンスター』(バンダイ)や、『パクパクマン』(エポック社)ではかなり遊んだ記憶が残っています。このトミー版『パックマン』は、友達が所有していたのを、ちょっとだけ触れさせてもらっただけでした。当時としても、前2作品の方が(ゲームとしては)面白く、トミーのパックマンは(キャラやデザインなどが)洒落ていてかっこいいといった感想でした。初めて自分で所有してみて、改めて気付いたのですが、本体の黒い部分はスクリーンより延長されていて、クリアパーツになっています。これが、デザイン的に最も優れたFL機といわれるのも、こうしてみるとわかるような気がします。現在遊ぶ場合にはシミュレータと呼ばれるソフトにより再現されていますので、PC上で遊ぶことができます。※フリーソフトですから、自己責任で遊んでください。


 ということで、現在でも通用するキュートなデザインが魅力のトミーのLSIゲーム・パックマンでした。

参考:CVS ODYSSEY、帰ってきた電子ゲーム、Wikiパックマンの項
ジャンル:
レトロ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 散財日記inシャア専用 | トップ | 散財日記in梅雨 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (loderun)
2008-05-26 02:12:56
Wikipediaの「ピザ伝説」については、反論記事を書きました。
それはさておき、トミーのFLパックマンのデザインはかっこいい!
CVS ODYSSEYさんのインタビューは初めて読みましたが、左向きしかエサが食べられない点も含めて開発者のこだわりが詰まっているんですね。
こんにちは (80-cafe)
2008-05-26 04:50:07
調べてみると、Wikiの記事の影響からかWeb上にも
ピザ説と抗弁説とが混在しているようですね。

以前、MSX版ゲーム“忘れじのナウシカ”が、物語を
無視した、蟲を撃つゲームだったため、宮崎監督が
激怒して、以後ゲーム化に許可がでなくなったという
都市伝説がありました。

それに対して検証記事を書かれた方がいて、いつの間
にかWikiの方も修正されていました。
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Part/2235/

こういう(いつの間にか一人歩きしている)ゲームの都市
伝説って、結構興味深いといえば興味深いですね。

コメントを投稿

関連するみんなの記事