1483

928+555

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アタック会津

2013-06-03 11:53:58 | ブルベ

土日はアタック会津に参加してきました。

前日も残業で帰宅したのが22時半。飯くって準備して風呂入ってうだうだして寝床に入ったのが2時過ぎですが、7時スタートってことは朝飯だ自走だ考えると4時起きですか、そうですか。

朝の温度が思ったより低かったのでレッグウォーマーはやめてランニングタイツをドイターレースXの中に。BRM323ですっ転んで穴あいてるけどレッグウォーマーよりは暖かいハズ。

着ていった服装は、半袖ジャージ+長袖アンダー(アクティブギア)+レーパン(デマルキ)+メリノソックス(エンデュラ)+膝丈コンプレッション(パールイズミ)。

着替えは、半袖ジャージ+半袖アンダー+レーパン+ソックス+グローブ。防寒用はアームウォーマーにランニングタイツにウィンドブレーカー。

土曜はともかく日曜が雨予報だったりなんで雨具も持参。降雨するのが日曜の明け方過ぎかなと予想して、だったら本格的に冷え込まないだろうし半袖半ズボンでいいだろう。

アタック会津は2009年のBRM606昨年のBRM602を走ったけど、毎回ビミョーにルートが異なる。

まずはオダックス埼玉ド定番のルートで粟野町のファミマへ。粟野町ってのは「ここに平野尽き山始まる」という川口から100kmくらい離れた関東平野終端の地。

結構暑くて水分消費量が多かった。1ボトルで来たことをちょっと後悔。

PC1までの貯金は2時間くらい。この貯金を日光への峠越えだの山王トンネルへの登りで取り崩して、うまくいけば仮眠タイムも、ってな算段ですから、飯食ったらとっとと出発です。

んが、本格的な上りに取り掛かる前に100円自販機で炭酸補給。暑いからね!

徐々に高度を上げていく緩やかな登りでも巡航速度が20km割ったりで、重い内装変速で来たことを後悔しますが、信号もほとんどないから15km出てれば無問題・・・

でも傾斜がきつくなると1桁しか出ませんから、早速今まで稼いだタイムを取り崩しちゃうわけです。

内装変速だとトルクかけながらは変速しませんから多めにギアを軽くしておいて、余裕があれば重くする、ってな乗り方が疲れにくいような気がしますが、変速メンドーになってローギアでのんびり回してタラタラ漕いじゃうのはいつものこと。

 

市境の看板とIC上からのビューポイントは押さえたけど、「峠頂上」のバス停は無かったような気がする・・・

日光駅前を通過して日光所野のローソンへ。

山場があったとはいえ40kmちょいだから軽補給と携行食、ボトル補充でリスタート。

高徳までは下り基調で時間を稼いで、そのあとの龍王峡だの川治温泉だので吐き出すわけです。

復路も日光所野と栗原交差点を通過するわけですから下りながら補給ポイントはチェックしておきます。2009年のビーフ&日光でこの区間を登ったわけだけど真っ暗だし腹減ったし自販機もなにもないしってな記憶があるから。

五十里湖までの登りで結構水分を消費したので三依あたりで自販機補給したらすぐにシークレットが出現・・・

ここで頂戴した味噌キャラメルうまかったです。ごちそうさまでした。

不動滝をパチリと撮ったらダラダラ上って山王トンネル。3つのオニギリが串刺しになってることからも交通の要所なんですな。きっと。

トンネル越えたら下り基調ですから、ここで稼いでおかなきゃ、とばかりにくるくるペダルを回します。

ブルベの制限時間は基本的には15km/h計算です。つまり30km/hで巡航できれば制限時間の半分を走行時間に、残りの半分は休憩に費やすことができるわけです。ざっくりと言い換えれば、30km/h以上で走った時間分は脚を止めても完走できちゃうようなものですから、下り基調だの追い風のときに、いかに楽して稼いでおくか、ってのがロースピードで完走する秘訣の1つかもしれません。

会津田島のセブンイレブンで補給してナイトラン装備。アームウォーマーとタイツを装着してヘルメットにヘッデンをつけます。が、テールライトが点灯していない?ハブダイナモなのに?と思ったら振動でテールの配線が抜けてました・・・

湯野上温泉から芦ノ牧温泉あたりに登りがあるとはいえ下り基調で会津若松へ行けるのですが、幹線道路で交通量多いしライト装備はしっかりしておかないといけません。

下りは前照灯もハブダイナモで明るく照らす・・・ハズだったのですが、アレ?点いたり消えたりっていつか見たような・・・雨で濡れて調子悪くなったのかと思ってたのですが、ドライでもダメってどうしたの???

と悩んでも仕方ないから2、3回停車して目視を行いますが、よくわからん。ワカランことに時間を費やしても無駄なので、諦めて乾電池式ライトを使います。GENTOSのSF-333XX の2灯を使いますが、ハブダイナモに比べるとやっぱ暗い。昔はこれで明るいと思ってたのに。

会津若松の街中を抜けるのですが、鶴ヶ城は木に隠れてチラっとしか見えませんでした。

金曜の睡眠が全然足りてないから眠いのなんの。明るいうちから眠かったけど暗くなったらますます眠い。

しかし何やら風が凄くなってきました。風で進まないのもキツイのですが、体感温度が下がってくるのも困りものです。雨が降ってないからマシではありますが。

PC3のセブンイレブンのお姉さんに話を聞くと、どうやら猪苗代湖から風が吹いてくるそうです。・・・ってことは、これから当分の間は向かい風決定ですか・・・

膝丈コンプレッションを脱いでランニングタイツを履いてウィンドブレーカーを着込んで冷えに備えます。

猪苗代湖はスワンボートをパチリと写して観光終了。

郡山喜久田のPCでは軽補給に止めて、とっとと東洋健康センターへ向かいます。いつものように2時間コース650円をセレクトしたのですが、トイレ行って風呂入ってしてると睡眠時間は1時間くらいでしょうか。迷わずいびき室に突入したものの、どうしたらそこまで鼾がかけるんだってくらいな人が隣にいたので眠った気がしません。それでも意識を飛ばすことはできたから数分かそこらは寝たんだと思います。

一度目が覚めると寝付けませんが、目を閉じてじっと横たわっているだけでも疲労は回復するはずです。

ここでレーパン、半袖アンダー、半袖ジャージ、靴下、グローブを着替えて、尻にもたっぷりシャモアクリームを塗りたくっておきます。

2時半頃リスタート!・・・と、見せかけて隣のコンビニでいきなり補給タイム。ボトルに水分を詰めて今度こそリスタート。

農道?の緩やかなアップダウンをこなして天栄~大信増見を通って白河へ。もちろん、道の駅季の里天栄のトイレで寛いでおきました。

白河からは境の明神を越えて、栃木へ。

 もちろん道の駅東山道伊王野のトイレでのんびり寛ぐことも忘れません。

黒羽のPCでは味噌汁、おにぎりで朝食タイム。ランニングタイツやアームウォーマーも外して身軽になりました。

R294からR461で大田原へ。むろん道の駅那須与一の郷のトイレでのんびり寛ぐことも忘れません・・・って道の駅各駅停車ですね。 

 大田原からはいつもの日光ビーフの逆ルートですね。日光ビーフでは下り基調で距離を稼ぐ区間を反対に進むってことはダラダラ上り基調ですね。新道じゃなかったけど2009年ビーフ日光のとき結構しんどかったような気がします。

往路で目星をつけてたコンビニで水分補給して高徳からの上りに備えます。

ウェスタン村の廃墟を超えるときつめのアップダウン。

ぼくは遅いから、明るいうちにこの道を通ることは無かったと思うのですが、棚田があっていい風景だったのですね。

日光所野のPCまでたどり着けば、あとはいつもの道です。霧降大橋までだらだら上って、日光駅前を通過してK14を登ったり下ったりでも下り基調だから比較的楽に感じちゃうのですが、脚は既に売り切れ御免なので速度が出てるわけじゃない、というかむしろ遅かったり。

粟野町のPCまでくれば、後は平地だ、楽ちんだ、と思ってたのですが、何か向かい風じゃありませんか。

あまりの辛さに道の駅思川のトイレでのんびり寛いで・・・

大体36時間くらいかなぁ、と思ってたのですが、この向かい風じゃ無理!と決め付けてのんびり進みます。

利根川が向かい風なら川口で追い風。基本的にはそんな感じになるのですけど、向かい風強くて利根川がまるで進まない。

それでも漕いでりゃ少しずつ進むわけで、土手降りてからは追い風基調で楽々。

楽々っても、脚はとうに売り切れてますから速く走れるわけじゃないです。

 案の定、36時間は切れずでしたが、真っ暗になる前に戻ってこれました。

参加の皆様、お疲れ様でした。スタッフの皆様いつもありがとうございます。

 

家に帰るまでがブルベです・・・野田→川口が追い風ってことは、川口→柏は向かい風でないの・・・

売り切れた脚に、モチベーションの無さが加わると、全然進みません。遭難するかと思いました。

 


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 色々気に入らない | トップ | ローカル里行路 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あちち)
2013-06-09 16:57:01
お疲れ様でしたー。
ライトのトラブルは早めに気づいてよかったですね。
最後の向かい風は・・・・  修行ですね(笑)
自分は921の600kmをエントリしようかなと思っています
ゴール後の自走 (おいちゃん)
2013-06-09 23:42:15
2回だけ東川口から600Kmのゴール後、自走で帰りました。
あれは苦しかった。
22~3Kmだったかな。

でもななすたさんのは全然つらそうに見えないのですが。
猪苗代湖だって数百メートルの登坂のはずなのに

スワンボートで話が終わってる(笑)。
Re: (ななすた)
2013-06-10 22:18:33
あちちさん
921裏磐梯と810つくば が手賀沼スタートですね。
手賀沼スタートは捨てがたいのですが、夏の暑い時期は体力消耗が激しいので悩んでます。
Re:ゴール後の自走 (ななすた)
2013-06-10 22:28:12
おいちゃんさん
今回のルートは滝ヶ原もなければ鳳坂峠もないので助かりました。
あのクラスは僕の脚だと内装じゃ無理だと思います。

猪苗代湖は何度も行っていますが、明るいうちに見たことないかもしれません(笑)

コメントを投稿

ブルベ」カテゴリの最新記事