松美の言絵(いえ)

私は誤解されるのが好きだ。言い訳する手間が省けるから。

祝・二宮、そんとく抜きのご結婚。

2019-11-13 11:26:24 | 日記・エッセイ・コラム

 以前から交際の一般女性と、実名を避けて報道しているが、

 相手は誰でも知っている。♪月光仮面のオジサンは・・。

  奥様の伊藤綾子氏は秋田放送時代から県民には親しまれていた。中央に進出すると報道された頃、思ったのは「やっぱり、お前もか」という感想だった。

 秋田では美人は外へ出て行くと相場が決まっている。テレビアナまで、出て行くのか~。とため息が出た。

  同時にトーク番組に出始めた頃から、結婚が遠のくのは分かり切ったことだった。

  だから38まで我慢した気持ちは、さすが東北魂の現れだと思う。30過ぎて、5年待てるとは。それにファンの逆風に耐えて、良く頑張ったと思う。

  どうも女性ファンには、悪役の印象が強いかも知れないが、大和なでしこは、芯が強いのだ。決して意地が悪いわけではない。

  けじめをつけてくれた二宮は、優しさを持った、いいヤツだった。おめでとう。

  簡単に離婚するんじゃないよ。その時は・・、送り出した県民が黙っちゃいないからな。

 会える、秋田美人と。潟上市元木山公園にて。

コメント   この記事についてブログを書く
« 寄り道の、岩見温泉。 | トップ | 大嘗祭と、はやぶさ2の関係。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事