松美の言絵(いえ)

私は誤解されるのが好きだ。言い訳する手間が省けるから。

病院のアトラクション

2017-03-27 17:28:53 | 日記・エッセイ・コラム

 甲子園に、宮沢賢治の主人公がいるのを発見した。序盤に(ジョバンニ)大量失点。失礼しました。

 美味しい吟醸酒を独り占めした報いがやってまいりました。ウンチをした後の便器が血に染まって赤くなり、貧血でふらついたので救急に駆け込みました。

 点滴しながら腹部レントゲン。点滴しながら浣腸、大腸ファイバーというアトラクションを楽しんで来ました。入場料が高くつきそうです。

 結果、腸の粘膜が傷付いているものの、それ以外は出血個所がないそうで一安心です。点滴のチューブから泡が降りて来るのは、とても気持ち悪いです。1mぐらいは、空気が入っても死なないそうですが、実験は御免です。浣腸して看護師さんが、5分は我慢してと無理な事を言います。30秒と持ちませんでした。

 そのまま帰されて、薬も無しの、何科に来いもなしで、仕方なし鉄剤を飲んで三日。ランの花を観賞に行けるんだから、大丈夫でしょう。

コメント   この記事についてブログを書く
« やると思った、照ノ富士の変化。 | トップ | レコードの溝を、眺めて居ら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事