松美の言絵(いえ)

私は誤解されるのが好きだ。言い訳する手間が省けるから。

大滝山自然公園、管理事務所のおやっさん。

2019-10-21 10:47:46 | 日記・エッセイ・コラム

  ことしの紅葉の具合はどうかと、大滝山へ行ってみた。

  さっぱりだった。まだ早いにも関わらず、葉が変な色に枯れている。

  これじゃあカメラになんぼ細工しても、逆光で撮ってもダメだわい。

  と確認したところですぐ戻る。来る途中、作業中の人が居たが、あの方が管理事務所の方らしい。事務所に作業中ですの看板が出ていた。

  一言の断りもなく、素通りしてしまったワイ。と帰りはさほど広くもない坂道の途中に止めて、お疲れ様とあいさつした。道路の枯れ葉を清掃し終わって、顔中汗だくで、上着も脱いで軽トラに乗り込もうとしていた。

 「ことしの紅葉は、パッとしないスなあ」と言うと、やはり台風の影響だろうとおっしゃる。年輪を重ねた、ごつごつした顔が、柔和な表情を浮かべて応対してくれた。こういう人生の深さを感じさせる顔に、なりたいもんだ。

  なんでカメラを車に置いて、話し込んでしまったのか。ちょっと後悔した。凄く人柄がにじみ出て来る、秋田人らしいお顔をしていた。あの出会いで、こっちまで気分が安らいだ。風景の次は、ああいう人々を画面一杯に撮りたいもんだ。

コメント