松美の言絵(いえ)

私は誤解されるのが好きだ。言い訳する手間が省けるから。

狂い咲き、二題。

2019-10-04 12:28:02 | 日記・エッセイ・コラム

 ひとつは、アジサイ。夏の終わりから、咲いている。

  終わった花(ガク)の、紅葉したような色の中に、

  一個だけある。

  もうひとつは、ハコネウツギ。

  6月一杯咲いて、道行く人を楽しませてくれた。

  台風くずれの空を、見上げていて見つけた。

  まだ白いので、開いたばかりのようだ。

  スプレンディダ号が、行ったかどうか、確かめたくて、

  明るくなった5時半に、見に行った。居なかった。

 この低気圧の中、出発したのか。フェリーは、模様眺めのようだ。

  これじゃ無理だろう。進路が一緒だもん。

  しかし、間一髪だったな。良く判断したな。

  多分、すれ違ってるはずだが、揺れたろうなあ。

  港へ行く時、まだ暗いから皆ライトを点灯している。

  後ろから迫って来る車がいて、車線変更して追い越していった。

  それが軽トラだった。ピッカピカのアルミホイールを履いていた。

  運転している兄ちゃん、黒いマスクをしている。

  へええ~。軽トラの暴走族、いるんだあ。

コメント