非論理的、非科学的アパマンハム 7K1JRC/JR2NQC/K1JRC

ベランダアンテナから世界に電波を。目指せDXCC HONOR ROLL! 
理論良く分かりませーん!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「SD-330+釣竿+容量冠」の垂直設置 【動画付き】

2013-05-26 23:42:41 | SD-330
このようなスタイルで仮設置してみました。

結構、上手くいきましたので紹介します。(うちの貧弱な設備にしては)

SD-330本体
釣竿(5メートル)・・・実際のエレメント長は4メートル程度
容量冠・・・円形(直径20センチ)
接地・・・アルミ製ベランダ(1×2.5メートルの小型手すり)
形態・・・垂直設置
出力・・・50W
備考・・・エレメントと建物間距離は50センチ程度
      5階建て集合住宅の5階


折しもWPXコンテスト中でしたので、大変賑やかでした。

相手局の設備とコンディションに助けられたところ大ですが、各国と楽にQSO出来ました。

スマホでの撮影ですので時々ぶれていると思いますが、SD-330に釣竿エレメントを接続して先ほど7MHzを受信した様子を

アップします。これくらいは普通だよと言われてしまうかもしれませんが、我が家にしてはかなり上手く行った部類です(^^)

スペクトラムスコープのアッテネータを効かせてもいいかなと思ったのは初めてでした。

リグのプリアンプはもちろんOFFです。人工ノイズは僅少なのですが、自然ノイズが多くS/N的にはイマイチ感もあります

が・・・・・

アメリカ、カナダをはじめとして強力に入感しています。送信も全く問題ありませんでした。

左手にスマホで撮影でしたので、自らが交信しているところは撮影していません(^^;

スコープ上、7000~7200KHzまで信号がびっしりと立っている状況が分かるかと思います。

様子は下記のリンク先でYouTubeに動画を保存しました。

http://youtu.be/Ij19rWKrV18

最大の難点は、目立つので夜間限定設置というところでしょうか・・・・・やれやれです(笑)

一応、1.9~10MHzまで使用可能です。(14以上は長過ぎてNG)

次回はこの形態で120本のカウンターポイズを接続するバージョンを試してみます。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« スクリュードライバー仮設置... | トップ | 14MHzも同調したので・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

SD-330」カテゴリの最新記事